2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

Capillary Hoop Stove Japan Limited 標準サイズ

 【26//2017】

Capillary Hoop Stove Japan Limitedの標準サイズを作ってみました。

高さ:40mm
クリート:20
Jet:7jet 0.8mm



少し前に作った、33mmHと比較。



外装はあまり良くなかったので、インナーを再利用して作り直しました。

Jetの角度を上げて、炎が立つようにしました。33mmHは寝ています。



Simmer Ring for CHS Version2を当てると、40mmHは炎が飛び出してしまいます。これは
、33mmHは炎が寝ていることとJet位置が、40mmH より2mm近く下のことから、Simmer Ring
を被せると炎を隠せるようです。



この為なのですね。tetkobaさんが、レッドブル缶を使ってSimmer Ringを作られているのは。
Simmer は”煮る”の意味ですが、コーヒーなどの保温でも、一定の保温状態にする為に、Simmer
Ringがあります。口径は考えたほうが良さそうです。

あと五徳ですね。30㎜サイズを作っていたのは、ColumbiaとSOTOがコラボしたミニ焚き火台対応の
為です。これは、trangia トライアングルグリッド2型 B25アルコールバーナー用 が合いそうです。

しばらく使いながら改善検討ですね。







◆  続きを読む  ◆

Category: デジタル通信端末

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ Capillary Hoop Stove Japan Limited Simmer Ring for CHS

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アルコールストーブの製作再び

 【19//2017】

2017/03/19 久しぶりに、アルコールストーブを作成しました。と、言っても実は、先月1基作って
いたのですが、時間がなくて、ブログアップしていませんでした。

Capillary Hoop Stove Japan LimitedのH45mmタイプを作りましたが、イマイチです。それと、火力
調整様に、Simmer Ring for CHS Version2 の作成です。こちらもtetkobaさんのサイトを参考に作
成させて頂いております。



今回は、こちらですが、H33mmで、Jetは0.8mmで9つ、クリークは20の仕様です。本当は、Jetは
0.5mmのドリルで開けてから,0.7mmで開けていましたが、ドリルが折れてしまい、0.8mmに変更
しました。




しかし、炎を立てるのは相変わらず難しく、寝てしまいます。クリークは今回、比較的うまくできたと
思いますが、細かいピッチで、Jetもクリークもつけるには、手書きの型紙では難しく、CADソフトを
使うしかなさそうです。これおあり、現在JM_CADも覚えだしています。何か、物を作るときに必要で
すから、ある程度マスターしようと思っています。

さて、Simmer Ring for CHS Version2は良いのですが、蓋がないのです。蓋は、使っているうちに
思いつきましたので別途、記載します。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ 自作 Capillary Hoop Stove Japan Limited Simmer Ring

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る