2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:熱帯魚飼育 の記事リスト(エントリー順)

オトシンクルスさようなら

 【27//2013】

2週間空いての熱帯魚水槽の換水です。よく見るとオトシンクルスが見当たりません。



水質が弱酸性が良いのですが、アルカリ性と言わないまでも中性当たりまで上がっていたようです。色々バタバタしていたので、水質の管理が悪かったようです。彼らはミナミヌマエビのお腹の中です。ごめんなさい。

水槽の環境も、外部濾過と合わせて、そろそろ見直す時期のようです。

水草も寂しくなっていますので、レイアウトを考えた上での見直しをした方が良さそうです。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

100均で熱帯魚水槽用の濾過材

 【16//2013】

100均のダイソーでこんな商品がありました。



「ろ過シェル」という商品のようです。成分をみると、牡蠣ガラです。

袋の裏面には上部濾過装置にこの商品の上に濾過材を置く様に図示されていました。袋の表の写真はグッピーですが、牡蠣ガラなどを入れると水槽はアルカリ性に傾きます。通常、熱帯魚は弱酸性を好みますので海水で有れば使えそうです。

100均でも金魚、メダカ、川魚などであれば、値打ちな商品は有りそうです。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

外部濾過装置からの異音

 【12//2013】

昨日は久しぶりの雨でしたが、今日は快晴で27℃迄気温が上昇する様です。

今朝は、まず、水槽の換水から。オトシンクルスの働きが悪く、一部、スポット苔がちらほらと有りました。苔の付き始めの茶色の柔らかい苔は食べますが、固着した苔はあまり食べません。

オトシンクルスネグロは関係無く様々な苔を食べますが、値が張るのと意外と弱いのが問題です。

さて、換水をしていると外部濾過装置からの音が大きく成っています。自家製のスポンジフィルターを外部濾過装置にいれてから5年以上フィルターの清掃をしていません。

自家製のスポンジフィルターの利点は飼育水を使用して洗浄すればまた使える事です。

が、そろそろ清掃時期ということです。標準フィルターですと、月に1回は交換となりますから、かなりコスト削減をしている事になります。来週はフィルターの清掃をした方が良さそうです。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

オトシンクルス 1匹☆

 【20//2013】

平日だとゆっくり水槽を見る時間が無く、今日、ゆっくりと水槽を見たらオトシンクルスが1匹見当たりません。

ふと、水温計の影を見ると、ミナミヌマエビの餌になっていました。



オトシンクルスは水合せを慎重にしても落ちる時は落ちます。合掌。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水槽にオトシンクルス投入後の経過

 【14//2013】

水槽にオトシンクルスを投入後1週間が経過しました。オトシンクルスは水槽内の苔をよく食べますが 、その分大量に糞をします 。その為、本日は水質確認とオトシンクルスが落ちていないか確認しました。



画像には昼間の撮影で影も入ってしまっていますが、水質の劣化はそれ程無く 、オトシンクルスも問題なく、元気な5匹を確認しております。

現在、給餌は1週間おきで、どにちらかの朝1回のみです。換水をする場合はその前にします。

よく、小型の熱帯魚には小まめに給餌するように書かれた書物もありますが 、自然界は厳しくそんなにきちんと食事にありつける訳ではありません。

1週間位えさがなくても水草水槽ですから、腹が減れば水草を食みますし、ミナミヌマエビも投入していますので、その卵にありつく魚もいますでしょう。

給餌し過ぎると、水質悪化のげんいんですし、魚も鮪みたいにコロコロに成ってしまいます。

また、このような環境ですから、カージナルテトラが抱卵しても 、卵はミナミヌマエビの餌食となり成魚になることはありません。かこ、1~2匹成長した特例は有りましたが。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る