2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

㐂よし 本店で古典酒場編集長と呑む

 【14//2017】

昨晩は、久しぶりに「㐂よし」本店で呑みました。客は意外とまばらです。私もそうですが、賀詞交歓会
などで、いないようでした。

入り口から向かって右側の手前側に 男性の横に女性が容器にお酒を呑んでいます。そのカウンターの
横二つを開けて座りました。賀詞交歓会で、ほとんど食べていませんでしたが、まずは「赤星(サッポロ 
ラガー)」(500円)を。



それと、いつものモツの辛みそで部位は混ぜて(5本500円)。ビールが空いてから、「㐂よしハイ」を2杯。
宝焼酎レジェンドを炭酸で割ったもので、宝焼酎から「㐂よしハイ」として出してください、と言われたよう
です。なかなか呑みやすいです。

あとから2名入ってきて、お国植わられるということで、女性の横に詰めました。マスターを挟んで入り口の
男性と女性とで色々話をしていると、この女性、「古典酒場 編集長」でした。口頭でブログにリンクさせていただくこととなりました。

おもしろいですね。この様なこともあるのですね。



仕上げは、鳥豆富です。今日も美味しくいただきました。ごちそうさまでした。


Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 㐂よし 下町 酒場 古典酒場

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キノコとシーフードのアヒージョ

 【04//2017】

2016/12/29、実家に戻っての初日です。荷物を実家におろしてから、早々に近くのスーパーに向かい
ました。

時間もないし、あまり料理に時間もかけれないので「キノコとシーフードのアヒージョ」を作ることとしました
。スパイスや野菜、肉他全くないので、貸し別荘状態です。

「キノコとシーフードのアヒージョ」
<材料>
・舞茸
・エリンギ
・ミックスシーフード
・オリーブオイル
・鷹の爪(輪切り)
・粗挽き黒胡椒
・塩
・バケット



エリンギと舞茸の下処理をしたら、早々にお風呂に入ってから、調理開始です。



まずは、スキレットにオリーブオイルを引き、ニンニクと、赤の詰めの輪切りを軽く炒めて香り付けを。



そのあとに、シーフードを投入してオリーブオイルも追加してから、キノコ類オも投入。オリーブオイルの
追加と黒胡椒の粗びき大目に振り、押しをを少し振って味を調えます。



バケットを添えて、ワインでいただきました。量は16cmスキレットに2杯分用意しました。



我ながら、美味い。ワインを500ml程飲んでから。JimBeamのロックでいただきました。

Category: お酒

Theme: お料理

Genre: 趣味・実用

Tags : スキレット キノコとシーフード アヒージョ ワイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

塩豆腐のカプレーゼ

 【20//2016】

今回の、お盆休みで帰郷し、母の様子も以前より良くなっていました。小声で断片的な会話となります
が、私を認識しています。半面、自分の状況を理解しておりますので、脳梗塞で表情を作れなくなって
いますが、涙を流しているのを見るのは辛いです。

母がいくらか改善され、私の気持ち中では「お祝い」です。今回、塩豆腐カプレーゼを作りました。
まず、塩豆腐から作ります。市販でもあるようですが、私は見たこともありませんし、実家近くのスーパー
には置いていません。

塩豆腐
・木綿豆腐
・塩

 

1、木綿豆腐にキッチンペーパーを巻いて、重しをした上で、冷蔵庫に1時間ほど置きます。
2、豆腐より出た水分は捨て、豆腐よりキッチンペーパーを取り除き、前面に塩を刷り込んだ
上で再度、キチンペーパーを巻き重しを乗せて冷蔵庫に。これを3度程繰り返す。
※水分を抜けば濃厚になりますが、塩加減は3回ほどで十分と思われます。あとは、キッチン
ペーパーを取り換えながら重しのみで調整が良さそうです。今回は、2丁分作り、1丁は1日半、
もう1丁は3日の時間で作りました。

塩豆腐カプレーゼ
塩豆腐      1丁
・トマト       適量
・オリーブオイル 適量
・バジル(ドライのパウダーか生の葉)適量



1、塩豆腐は1cm厚位にカットし、トマトも同様の厚さにスライス。
2、程よくお皿に並べてラップをしたうえで、食べるまで冷蔵庫へ。
3、頂くときに、オリーブオイルを回しがけし、バジルを振るか添えます。
この二日後に、もう1丁の塩豆腐を使い中華バージョンを作りました。



刻み葱を多くかけて麺つゆ、ラー油、お酢を合わせて回しがけしていただきました。塩豆腐は3日
目の方が味は、濃厚で美味しかったです。

塩豆腐は、ワイン、ビール、ウイスキー、焼酎、日本酒にも合います。定期的に作っても良いですね。
片栗粉をまぶして、フライパンで焼いても美味しそうです。

Category: お酒

Theme: 料理

Genre: 趣味・実用

Tags : 塩豆腐 カプレーゼ お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久しぶりにホットサンド

 【18//2016】

今日のお昼は、久しぶりにホットサンドを作りました。
ホットサンドは2種類。生ハム・サンドと、ポテトサンド。
まずは、生ハムから、

   

1.8枚切りの食パン2枚の片面んにピザソースを塗ります。
2.1.の1枚に絵rタスを小さくちぎったレタスを乗せます。
3.その上に、生ハム
4.更に、とろけるスライスチーズを乗せて
5.更に生ハム、レタスを乗せて、もう1枚の食パンで挟みます。
好みで、生ハムの上に粗びき胡椒なども行けます。生ハム
塩分が多いですので、更に塩は控えましょう。
さて、次は、ポテトサラダサンド。

  

1.8枚切りの食パン、2枚の片面にマヨネーズを塗ります。このみで
からしも併せて塗っても美味しいです。
2.1枚の食パンに、ポテトサラダを広げます。その上に、とろけるスラ
イスチーズを乗せて、もう1枚の食パンで挟みます。

さて、実食です。



美味いです。生ハムのホットサンドも美味しいですね。でも、もう少し、粗びき胡椒を合わせたほうが私の
好みですが、赤ワインにもよく合います。ピザソースが合うのでしょうか。

今日も御馳走様でした。

Category: お酒

Theme: 料理

Genre: 趣味・実用

Tags : ホットサンド 生ハム ポテトサラダ 赤ワイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

鶏の胸肉の照り焼きとポテトフライ

 【12//2016】

昨日は、先月に一人バーベキューをした時に使わなかった鶏の胸肉を冷凍にしているとはいえ、そろ
そろ処理した方が良いと思い、家呑みを。鶏の胸肉は冷凍にしていますので、水分が抜けていますの
で塩・コショウで焼くよりも照り焼きにすることとしました。


【鶏の照り焼き
今回は、鶏肉を冷凍にしておりますので解凍作業からです。

■材料
・鳥の胸肉 1枚
・片栗粉 大匙2
・スライスニンニク   適量
・鷹の爪の輪切り 適量

◇タレ
・酒(焼酎) 大匙1
・本味醂   大匙1
・醤油    大匙1
・砂糖    大匙1

・水     大匙2

◇副菜
・刻み葱、もしくは乾燥万能ねぎ
・玉ねぎ 小玉1個
・エリンギ 適量

1.電子レンジで温め過ぎないように様子をみて解凍

2.鶏の胸肉は、フォークで全体を刺したうえで、食べやすいサイズに、そぎ切りに。 フォークを刺すの
は、お酒やタレをしみやすくする為です。これにより、パサつきもなくなります。鶏肉に水分を事前に含ま
せることにより、パサつきは回避できます。極端なことを言えば、下処理で砂糖水の中につけた鶏肉の
方が美味しいです。

3.2を袋に入れて、今回はお酒ではなく焼酎を入れま見込み寝かせますました。お酒よりさっぱりした
仕上がりとなります。


  寝かせている間に、玉ねぎとエリンギを千切りにして、鶏肉用と玉ねぎ、エリンギ炒め用に100円
  スキレットを2つ用意。

4.3の中に片栗粉を入れて、鶏肉全体に片栗粉をまぶします。

5.100円スキレットを熱して、オリーブオイルを入れて、スライスニンニクと鷹
 の爪の輪切りを入れて香り付けをした上で、中火で鶏肉を投入。
  

 同時並行に、もう1つのスキレットにオリーブオイルを入れて、スライスニンニク、鷹の爪
 の輪切りを入れてから、玉ねぎとエリンギも炒めだします。


6.両面に焼き色を付けて、から水をいれてもう1枚の1100円スキレットで蓋をして1分位
 蒸し焼きにします。


7.火を弱火にしてそこにタレをかけて焦げ付かない様にまんべんなく、タレを絡めて煮浸たし
 ます。全体にタラが絡んだら火を止めて余熱調理します。


8.玉ねぎとエリンギを炒めたスキレットに、鶏肉を乗せ、ネギを散らして完成
 

【楽々フライドポテト
■材料
・ジャガイモ(新ジャガの方g川まで食べれ扱いやすいです) お好みで
・塩(岩塩) 適量
・胡椒(粗びき) 適量
・バジル(好みで) 適量

1.ジャガイモは皮ごと綺麗に洗い、芽が出ているようであれば、そぎ取る。

2.食べやすいサイズに串切りをする。


3.耐熱皿にジャガイモを並べて、オリーブオイルを回しかけの上、軽くラップをかけたうえで、電
  子レンジで4分加熱。

4.3.を100円スキレットで焼きを付けます。オリーブオイルをかけていますので、あまり追加オリ
  ーブオイルは不要ですが、状況をみて追加してください。


5.こんがり焼けましたら、塩、コショウををして頂きます。好みでバジルやパセリも散らした方が
  美味しいです。


 だいたい、ここまでの下処理や飲むセッティングなど全てかかった時間は1時間くらいです。で
 きるだけ、同時並行で処理しましたが、作りながら、機器の洗浄片付けもしてしていますので、
 こんなものでしょう。 料理は、作りながら片づけができなくては失格です。

 さて、味ですが、鳥は思いのほか柔らかく、うまくできました。赤ワインともよく合います。フライド
 ポテトも実質はがっつり揚げていませんのでくどくはありません。途中から、ウォッカをグレープフ
 ルーツジュースで割った、ブルドックにしましたが、これもよく合います。

  

 ジャガイモはほんとにお酒によく合いますが、今回の作り方だと、さっぱりしていますので、他の
 料理にも応用が付きそうです。

 今回も、御馳走様でした。

Category: お酒

Theme: 料理

Genre: 趣味・実用

Tags : 100円スキレット 鶏の胸肉 照り焼き フライドポテト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る