2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:デジタル一眼レフ の記事リスト(エントリー順)

三社祭

 【03//2017】

2017年5月21日(日) 三社祭は5月19日(金)より開催されましたが、最終日にカメラを担いで、浅
草に向かいました。写真枚数が470枚を超えましたので、落ち着いて整理できるまで時間がかかっ
てしまいました。

さて、当日は、田原町にam9:30には到着したいと思い、上野駅から東京メトロ銀座線に乗り変えて
田原町駅まで向かいます。上野駅には既に、’担ぎ屋さん’達もちらほら見受けられます。ここ近年の
祭りでは神輿の担ぎ手がいなく、プロなのか、セミプロなのかわかりませんが、’担ぎ屋さん’に結構
な出費があるようです。

その為、最近の祭りの掛け声が、ほぼ同じになってしまっているのは、いかがなものかと思いますが・・・

まずは、西浅草の神輿前に入ります。中には入れ墨の入った方たちも多くみえます。

そもそも。「三社祭」とは何を祀っているかですが、調べてみました。

三社祭のはじまり

時は推古天皇の時代の、漁師の桧前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)の兄弟と郷土の文化人
であった土師真中知(はじのなかとも)(後に僧となる)が祀り、三社権現と称しました。「三社さま」として
親しまれている浅草神社は、この三社権現社が始まりとされています。「三社祭」の「三社」の由来はここ
からのようです。

桧前浜成・竹成が隅田川で漁に出ていると、網には人型の像しかとれず、その像を、川に投げ戻しても
同じ像しか取れず、土師真中知に見せると、「これは、尊い聖観世音菩薩像で、自分も帰依する所の深
い仏像である」と兄弟に告げ、その功徳について、くわしく説明したそうです。

兄弟は、拾った観音が現世利益仏(信仰することによって、現世で得られる利福)であることを初めて知り
、信心が揺り起こされ。2人は、深く観音を念じて名号を唱え、「私たちは漁師です。魚がとれなくては、そ
の日の生活にも困ります。なので、どうぞ明日は大漁であるようにお願い申しあげます。」と祈りました。

翌日の朝。兄弟は、また網を隅田川に打ちました。すると、観音像に願ったように、大漁を得ることができた
とのことです。時に、推古天皇の36年3月19日(西暦628年4月16日)とのことです。

土師真中知は剃髪して僧となり、自宅に堂舎を構えて寺とし、観音像を安置し奉りました。そして供養護持
のかたわら、郷民の教化に生涯を捧げたそうです。土師真中知の亡くなった後、跡継ぎの子が、観世音の
夢のお告げを受け、桧前兄弟と土師真中知の3人を神として祀り、三社権現と称したようです。


DSC04362.jpg DSC04365.jpg DSC04367.jpg DSC04369.jpg DSC04370.jpg

◆  続きを読む  ◆

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 祭り 三社祭 浅草 デジタルカメラ 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

亀戸天神の藤

 【29//2017】

20117/04/21 この数年、この季節に亀戸天神の藤を撮りに行くのは、王子の桜同様に恒例とな
ってきました。

亀戸天神は菅原道真を祀り、古くは本社にあたる九州太宰府天満宮に対して東の宰府として「東
宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」と称されていましたが、明治6年に東京府社となってよ
り亀戸神社と号し、昭和11年に現在の亀戸天神社となっています。

DSC04286.jpg DSC04288.jpg DSC04289.jpg DSC04290.jpg

DSC04291.jpg DSC04292.jpg DSC04293.jpg

このことから、建造物や池の上にかかる太鼓橋も太宰府天満宮と同様な構造をしております。

本来は、2月~3月には「梅まつり」がありますので、行くべきでしょうが、来年からという事で今回
は見送っています。

ただ、今回の写真撮りも、王子同様、生憎な曇天となってしまいました。この最近、写真撮りには
曇天が多いです。

DSC04296.jpg DSC04297.jpg DSC04298.jpg DSC04299.jpg

DSC04300.jpg DSC04302.jpg DSC04303.jpg DSC04304.jpg

DSC04305.jpg DSC04306.jpg DSC04308.jpg DSC04312.jpg

DSC04314.jpg DSC04315.jpg DSC04316.jpg DSC04317.jpg

DSC04321.jpg DSC04325.jpg DSC04328.jpg DSC04331.jpg

DSC04332.jpg DSC04333.jpg DSC04335.jpg DSC04338.jpg

DSC04339.jpg DSC04340.jpg DSC04350.jpg DSC04349.jpg

DSC04348.jpg DSC04347.jpg DSC04346.jpg DSC04351.jpg

DSC04352.jpg DSC04353.jpg DSC04357.jpg DSC04358.jpg

DSC04359.jpg DSC04360.jpg

藤はその香りと、ボリューム感が魅力ですが、今回は早かったようです。 Web 上では、早咲き藤
のピークが 2017/04/20となっていましたが、あと1週間後位の方が良さそうです。そう、本来は
本日あたりが良いでしょう。

但し、香りはピークのようです。強烈な”和の香り”でした。特にこの藤の香り強烈でした。

季節を、画像として感動とともに留めて行く事は一生続きそうです。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 亀戸天神 デジタル一眼

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

王子 飛鳥山での花見

 【22//2017】

2017/04/08 曇天の中、飛鳥山を見ました。昨年もあまり天気は良くありませんでした。
本当は、本日は、亀戸天神の藤を撮りに行きましたが、先にこちらを。

DSC04217.jpg DSC04219.jpg

前日、かなりの強風で小雨がありますので客足も少ないです。花びらも結構散っており、いつもより
ボリュームがないになっています。

DSC04222.jpg DSC04216.jpg

なんか、寒く見えますね。人がまばらなこともその要因ですが、皆さん昼から来られるのかな。
その分、人混みがなくて良かったのかもしれません。

DSC04220.jpg DSC04224.jpg DSC04223.jpg DSC04225.jpg DSC04230.jpg

DSC04232.jpg DSC04237.jpg DSC04238.jpg DSC04239.jpg

この山は古いので、も古木が多いです。

DSC04240.jpg DSC04241.jpg DSC04242.jpg DSC04243.jpg


DSC04244.jpg DSC04245.jpg DSC04246.jpg DSC04248.jpg

DSC04249.jpg DSC04250.jpg DSC04253.jpg 

DSC04262.jpg DSC04263.jpg DSC04267.jpg DSC04268.jpg

この飛鳥山ならではの風景ですね。路面電車とがうまく見える場所はここくらいではないでし
ょうか。一番右の写真は、飛鳥山モノレール(あすかパークレール)というらしく、JR王子駅中央
口改札すぐの公園入り口から山頂までの48mを2分で結んでいます。

2009年7月17日から運行が始まったようで、高齢者、小さな子供連れなど利用しやすくなって
います。無料で乗車できるようですが、私は乗車したことはありません。

DSC04274.jpg DSC04275.jpg DSC04282.jpg

曇天で残念でしたが、風情ある写真も撮れました。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 王子 飛鳥山 花見 デジタルカメラ 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

MINOLTA ROKKOR AF28-80/4.0-5.6 UVレンズフィルター

 【09//2017】

昨年末、実家に帰郷した際に、MINOLTA ROKKOR AF28-80/4.0-5.6 用にUVレンズフィルターを
コメ兵で見つけました。

レンズ口径は55mmですのでそれに合えば良いのです。綺麗に袋に入っており500円でした。製品は
KenkoSkylightです。

私は基本、レンズにはUVフィルターを必ず装着するようにしておりますが、このレンズは最近よく使うの
ですが、UVフィルターを付けていなく気になっていました。



レンズキャップの右横が、対象のフィルターです。



UVフィルターを装着したところですが、レンズがごつく見えます。



これで安心して、写真も撮れます。



Category: アナログ一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 一眼レフ UVフィルター 55mm Kenko Skylight

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久しぶりの浅草

 【12//2016】

2016/10/15、久しぶりに、浅草へ行こうかと思っていたところ会社の同僚も連れて行って欲しいと言われ
上野駅で合流することとなりました。

同僚といっても、かなり若く、私の息子よりは年齢が上で、私と同じ愛知県の出身ですので、親戚のおじさ
んくらいに見ているのでしょう。

カメラ歴はまだ、数年ですので、構図がうまく取れない、色調、ISOなどの判断がつかないなど課題は多くあ
ることからある意味、私に教えを乞い同行することがしばしば有ります。

偶々ですが、クリニックに血圧降下剤をもらいに行く必要があ有りましたので、その後の移動です。亀戸天満
神社に藤を取りに行った時も、当日は、血圧降下愛をもらいに行くタイミングでした。

さて、上野駅浅草口での待ち合わせですが、あいかわらず、私が手を上げなてはわからない状況です。会社と
私服やスタイルにギャップがありすぎるからです。大抵、飲み屋でも会社帰りと私服ではわからないので、そ
れはそれとして、移動します。

浅草は上野から東京メトロ銀座線を使う手もありますが、私は、浅草まで歩きます。途中に見たい場所もあり
ますし、もともと、できるだけ歩くことを意識しています。健康だけではなく、歩く速度であるからこそ見える景
色もあります。その為、カメラ片手に移動する場合は、特に意識して、歩く様にしています。それに、上野から
浅草まではそんなに距離があるわけではありません。

恒例的に、見ている瀬戸物を扱う店を見て、からスカイツリーが見える交差点まで来たら、カメラを出して、
臨戦態勢です。天候は、晴れのち曇りですが、悪くはありません。

DSC040891.jpg

むかしながらの飲食店が並びますが、観光地価格になっていることと、価格破壊が起こっている中、1000~
2000円代の価格があたりまえとなっています。

DSC040911.jpg

神谷バーは今回はスルーして、雷門から仲見世を通り、揚げ饅頭をほうばっててからホッピー通りへ。昔は
朝鮮通りと言われていましたが、名前が変わっています。日系三世となる朝鮮系の家族経営の飲み屋が並
ぶ通りです。別に、気にする様なところもなく、外国人も多く見受けられます。

DSC040931.jpg DSC040961.jpg DSC040981.jpg DSC041061.jpg DSC041051.jpg DSC041061_20161112165745f04.jpg DSC041071.jpg DSC041081.jpg DSC041091.jpg DSC041111.jpg DSC041121.jpg DSC041131.jpg DSC041141.jpg

1軒目は「正ちゃん」もつやです。昔は、ドラム缶でモツを煮ていた様ですが、面影もなく、数年きていないと
、なんか綺麗になっています。以前あった「汚ミシュラン」で取得した像は排除されていたのは残念です。相
変わらず地元の方も多く、いましたが、観光地化よろしく、まともに日本語で話ができない韓国人も横に座り
ました。

DSC041301.jpg DSC041311.jpg DSC041331.jpg

定番のモツ煮と私はホッピーの白を頼み、相方は黒。私は呑むとあまり食べませんが、相方は結構食欲旺
盛で、手羽先煮を頼み1人で平らげていました。その性格の為、若いのに、私より背が低く腹が出ている状
況となっています。本人のライフスタイルですからしょうがないのでしょうが、早く、脳梗塞や高血圧になる素
養があります。

DSC041361.jpg DSC041371.jpg

この後に、鈴芳に行く予定が、おねーちゃんの誘導にはまり、真横の店に入ってしまいました。わかりずら
いのですが、ギリギリ別の店に座ることとなりました。わかりずらいですが、違法ではありませんので、文句
が言えません。

品数もなく味も悪いです。都内に座られた方も、同様の様で、ドイツ人とのハーフの方でしょうか、女性の
方が同様にはめられたと言われ、ました。トイレに行かれたいた連れ合いの方がさんぐらすをした状態で来ら
れました。

直感で「夫婦ではないな」と思いました。天気が良く、眩しいからという訳ではなさそうです。女性は、30歳代
後半かと思いますが、男性は大抵50後半かと思う年齢です。

女性が快調に話をし、私が乗ると、その男性も重い口を開けました。この方が、やはり女性定員に釣られては
いったようです。

そうこう話すうちに、お勘定をされましたが、5千円弱でした。文句を言いながらも諦めて飲んだ様です。私は、
ムカついて、一気に、ホッピーのソトをジョッキに入れて飲み干しました。それを見た隣の男性は「酒を入れず
に飲んじゃったよ」と驚嘆の声。

相方も一気に干して、隣に移動。本来行くべき予定の「鈴芳」へ。流石に、アテが違います。この店は、知人
に10年程前に、ご紹介いただいた店です。もう、その方も70歳を超えています。だいたい、良心的な店で、ホ
ッピーを呑むと、ソトの1本で私は中4杯が普通ですが、浅草界隈は、焼酎の量が少なく、3杯止まり。「正ちゃ
ん」しかりです。

ある意味、観光地価格のお酒を飲んでいると思っても良いでしょう。反面、風情は他にはないものがあります
。相方は、鈴芳に入ってから、しゃっくりは出だすは、限界に速攻で来ています。まー、正ちゃんで中を3杯、
訳わからん店で1杯、くらいですから、私としては、「なめとるのか」となりますが、鈴芳で2杯目から目がヤバ
くなりました。つまみは3品ほど、キムチとガツ刺しと、コロッケです。

程よく、数杯、中を追加して飲んでんで終了。相方撃沈です。でも、ちゃんぽんもしていない中ですから、つ
つまみもしっかり食べているのに、これで? 弱いとなります。私の場合、ウイスキーも焼酎もロックが基本で
すから、お相伴頂く方はきついでしょうね。

DSC041381.jpg DSC041391.jpg DSC041411.jpg DSC041421.jpg DSC041461.jpg DSC041481.jpg DSC041501.jpg DSC041531.jpg

久しぶりに、浅草も面白かったです。

◆  続きを読む  ◆

Category: デジタル一眼レフ

Theme: カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ

Genre: 趣味・実用

Tags : 浅草 デジタルカメラ 一眼レフ 下町 お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る