2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:デジタル一眼レフ の記事リスト(エントリー順)

王子 飛鳥山での花見

 【22//2017】

2017/04/08 曇天の中、飛鳥山を見ました。昨年もあまり天気は良くありませんでした。
本当は、本日は、亀戸天神の藤を撮りに行きましたが、先にこちらを。

DSC04217.jpg DSC04219.jpg

前日、かなりの強風で小雨がありますので客足も少ないです。花びらも結構散っており、いつもより
ボリュームがないになっています。

DSC04222.jpg DSC04216.jpg

なんか、寒く見えますね。人がまばらなこともその要因ですが、皆さん昼から来られるのかな。
その分、人混みがなくて良かったのかもしれません。

DSC04220.jpg DSC04224.jpg DSC04223.jpg DSC04225.jpg DSC04230.jpg

DSC04232.jpg DSC04237.jpg DSC04238.jpg DSC04239.jpg

この山は古いので、も古木が多いです。

DSC04240.jpg DSC04241.jpg DSC04242.jpg DSC04243.jpg


DSC04244.jpg DSC04245.jpg DSC04246.jpg DSC04248.jpg

DSC04249.jpg DSC04250.jpg DSC04253.jpg 

DSC04262.jpg DSC04263.jpg DSC04267.jpg DSC04268.jpg

この飛鳥山ならではの風景ですね。路面電車とがうまく見える場所はここくらいではないでし
ょうか。一番右の写真は、飛鳥山モノレール(あすかパークレール)というらしく、JR王子駅中央
口改札すぐの公園入り口から山頂までの48mを2分で結んでいます。

2009年7月17日から運行が始まったようで、高齢者、小さな子供連れなど利用しやすくなって
います。無料で乗車できるようですが、私は乗車したことはありません。

DSC04274.jpg DSC04275.jpg DSC04282.jpg

曇天で残念でしたが、風情ある写真も撮れました。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 王子 飛鳥山 花見 デジタルカメラ 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

MINOLTA ROKKOR AF28-80/4.0-5.6 UVレンズフィルター

 【09//2017】

昨年末、実家に帰郷した際に、MINOLTA ROKKOR AF28-80/4.0-5.6 用にUVレンズフィルターを
コメ兵で見つけました。

レンズ口径は55mmですのでそれに合えば良いのです。綺麗に袋に入っており500円でした。製品は
KenkoSkylightです。

私は基本、レンズにはUVフィルターを必ず装着するようにしておりますが、このレンズは最近よく使うの
ですが、UVフィルターを付けていなく気になっていました。



レンズキャップの右横が、対象のフィルターです。



UVフィルターを装着したところですが、レンズがごつく見えます。



これで安心して、写真も撮れます。



Category: アナログ一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 一眼レフ UVフィルター 55mm Kenko Skylight

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久しぶりの浅草

 【12//2016】

2016/10/15、久しぶりに、浅草へ行こうかと思っていたところ会社の同僚も連れて行って欲しいと言われ
上野駅で合流することとなりました。

同僚といっても、かなり若く、私の息子よりは年齢が上で、私と同じ愛知県の出身ですので、親戚のおじさ
んくらいに見ているのでしょう。

カメラ歴はまだ、数年ですので、構図がうまく取れない、色調、ISOなどの判断がつかないなど課題は多くあ
ることからある意味、私に教えを乞い同行することがしばしば有ります。

偶々ですが、クリニックに血圧降下剤をもらいに行く必要があ有りましたので、その後の移動です。亀戸天満
神社に藤を取りに行った時も、当日は、血圧降下愛をもらいに行くタイミングでした。

さて、上野駅浅草口での待ち合わせですが、あいかわらず、私が手を上げなてはわからない状況です。会社と
私服やスタイルにギャップがありすぎるからです。大抵、飲み屋でも会社帰りと私服ではわからないので、そ
れはそれとして、移動します。

浅草は上野から東京メトロ銀座線を使う手もありますが、私は、浅草まで歩きます。途中に見たい場所もあり
ますし、もともと、できるだけ歩くことを意識しています。健康だけではなく、歩く速度であるからこそ見える景
色もあります。その為、カメラ片手に移動する場合は、特に意識して、歩く様にしています。それに、上野から
浅草まではそんなに距離があるわけではありません。

恒例的に、見ている瀬戸物を扱う店を見て、からスカイツリーが見える交差点まで来たら、カメラを出して、
臨戦態勢です。天候は、晴れのち曇りですが、悪くはありません。

DSC040891.jpg

むかしながらの飲食店が並びますが、観光地価格になっていることと、価格破壊が起こっている中、1000~
2000円代の価格があたりまえとなっています。

DSC040911.jpg

神谷バーは今回はスルーして、雷門から仲見世を通り、揚げ饅頭をほうばっててからホッピー通りへ。昔は
朝鮮通りと言われていましたが、名前が変わっています。日系三世となる朝鮮系の家族経営の飲み屋が並
ぶ通りです。別に、気にする様なところもなく、外国人も多く見受けられます。

DSC040931.jpg DSC040961.jpg DSC040981.jpg DSC041061.jpg DSC041051.jpg DSC041061_20161112165745f04.jpg DSC041071.jpg DSC041081.jpg DSC041091.jpg DSC041111.jpg DSC041121.jpg DSC041131.jpg DSC041141.jpg

1軒目は「正ちゃん」もつやです。昔は、ドラム缶でモツを煮ていた様ですが、面影もなく、数年きていないと
、なんか綺麗になっています。以前あった「汚ミシュラン」で取得した像は排除されていたのは残念です。相
変わらず地元の方も多く、いましたが、観光地化よろしく、まともに日本語で話ができない韓国人も横に座り
ました。

DSC041301.jpg DSC041311.jpg DSC041331.jpg

定番のモツ煮と私はホッピーの白を頼み、相方は黒。私は呑むとあまり食べませんが、相方は結構食欲旺
盛で、手羽先煮を頼み1人で平らげていました。その性格の為、若いのに、私より背が低く腹が出ている状
況となっています。本人のライフスタイルですからしょうがないのでしょうが、早く、脳梗塞や高血圧になる素
養があります。

DSC041361.jpg DSC041371.jpg

この後に、鈴芳に行く予定が、おねーちゃんの誘導にはまり、真横の店に入ってしまいました。わかりずら
いのですが、ギリギリ別の店に座ることとなりました。わかりずらいですが、違法ではありませんので、文句
が言えません。

品数もなく味も悪いです。都内に座られた方も、同様の様で、ドイツ人とのハーフの方でしょうか、女性の
方が同様にはめられたと言われ、ました。トイレに行かれたいた連れ合いの方がさんぐらすをした状態で来ら
れました。

直感で「夫婦ではないな」と思いました。天気が良く、眩しいからという訳ではなさそうです。女性は、30歳代
後半かと思いますが、男性は大抵50後半かと思う年齢です。

女性が快調に話をし、私が乗ると、その男性も重い口を開けました。この方が、やはり女性定員に釣られては
いったようです。

そうこう話すうちに、お勘定をされましたが、5千円弱でした。文句を言いながらも諦めて飲んだ様です。私は、
ムカついて、一気に、ホッピーのソトをジョッキに入れて飲み干しました。それを見た隣の男性は「酒を入れず
に飲んじゃったよ」と驚嘆の声。

相方も一気に干して、隣に移動。本来行くべき予定の「鈴芳」へ。流石に、アテが違います。この店は、知人
に10年程前に、ご紹介いただいた店です。もう、その方も70歳を超えています。だいたい、良心的な店で、ホ
ッピーを呑むと、ソトの1本で私は中4杯が普通ですが、浅草界隈は、焼酎の量が少なく、3杯止まり。「正ちゃ
ん」しかりです。

ある意味、観光地価格のお酒を飲んでいると思っても良いでしょう。反面、風情は他にはないものがあります
。相方は、鈴芳に入ってから、しゃっくりは出だすは、限界に速攻で来ています。まー、正ちゃんで中を3杯、
訳わからん店で1杯、くらいですから、私としては、「なめとるのか」となりますが、鈴芳で2杯目から目がヤバ
くなりました。つまみは3品ほど、キムチとガツ刺しと、コロッケです。

程よく、数杯、中を追加して飲んでんで終了。相方撃沈です。でも、ちゃんぽんもしていない中ですから、つ
つまみもしっかり食べているのに、これで? 弱いとなります。私の場合、ウイスキーも焼酎もロックが基本で
すから、お相伴頂く方はきついでしょうね。

DSC041381.jpg DSC041391.jpg DSC041411.jpg DSC041421.jpg DSC041461.jpg DSC041481.jpg DSC041501.jpg DSC041531.jpg

久しぶりに、浅草も面白かったです。

◆  続きを読む  ◆

Category: デジタル一眼レフ

Theme: カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ

Genre: 趣味・実用

Tags : 浅草 デジタルカメラ 一眼レフ 下町 お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

MINOLTA F28-80で、下町試写(下谷)

 【19//2016】

2016/09/17、雨の予報から一転、晴れていました。本来は、濡れた路面が撮れるかなと思っていま
したが、気を取り直して日暮里に向かいました。今回は、谷中銀座はスルーして、谷中ビアホールを
目指します。北口を出て、セブンイレブンの手前の道に入り、谷中墓地沿いに歩いていきます。
通常、私のコースですと、「夕焼けだんだん」を降りて、谷中銀座を歩きそこから南下しながら途中、東
は回ります。そうすると、谷中墓地にたどり着きます。今回は、ショートカットした形で、公衆トイレ脇に
合流しました。この道をまっすぐに行くと、3分くらいで「酒屋の吉田屋本店」です。

DSC040091.jpg DSC040131.jpg DSC040141.jpg

路上にA型看板があり、「あたり」という看板があり、左脇路地に入ると、いきなり「谷中ビアホール」含
め数件ある「あたり」に到着します。地域活性化の町興しの1つと思われます。

DSC040071.jpg

シルバーウィークということもあり、学生・ご年配の女性友達が多い事!

DSC040081.jpg DSC040061.jpg

何かガイドマップを見てきているのか、「○○と書いていたわよね」という会話が多いです。「想像と違
う」とか、「何これ?」と切れている方はいなかったのは幸いです。とりあえず、「谷中ビアホール」に入
ります。古民家を改装していますが、気温が28℃ごえの中。クラフトビールやオリジナルビールがある
ということで来ました。

DSC039931.jpg


室内は扇風機を回すだけなので、かなりの室温です。空いている場所を聞くと「立ち飲みでしょうか」言
うので、慣れていますが、キャッシャー対面のカウンター。キャッシャーカウンターとの間を考慮していま
せんので、すれ違いは大変。丁度、王子の平澤蒲鉾と同様です。

 

気を取り直し、「谷中ジンジャービール(900円)」と「フランクフルトの土鍋ロースト(300円)」を頂きます。
我慢大会のような室温の中ですのでビールがうまいと思いきや、かなり甘い・・・。私には甘すぎで、女
性の甘党に好まれそうな味です。

ジンジャースライスが入っていますが、ジンジャーの蜂蜜漬けか砂糖漬けを入れているのでしょうが、モ
スコミュールみたいな甘さです。高い割に失敗と思いつつ、フランクフルトはうたい文句の割には普通でし
た。和風BBQという考えから作られているようですが、コンセプトは良いですが、良さが出ていませんし、イ
ンパクトも薄いです。これは命名倒れの印象です。

料理をご自身で作られる方や味にうるさい方は、「美味しいけれど普通」の反応になると思います。忙し
さから、手抜かりが出ているように感じます。

 

次に「谷中ビールM(900円)」と「焼きバターえだまめ(300円)」をオーダー。このビールの方が飲みやす
いですが、コクや香りをお考えると「・・・」となります。あまりお酒が飲めない方、学生狙いの気がします。
外国人が来るのはレトロな雰囲気からでしょうか。

しばらくすると、客も減り、「座れるとこある?」と店員に聞くと、「お二人の方が来られ、ありません」と言
われましたが、テラスにワイン樽をテーブルに椅子が置かれている場所が開いています。「あそこ開いて
いますよね」と言うと「外になりますが、すみません」と言われました。話が噛み合いません。



テンパっているのは分かりますが、客の扱いはうまいとは言えませんし、状況に応じた対応が考えられて
いないことが残念です。今は、話題となり、観光客なども来ますがきちんと改善できないと、厳しそうです。

テラス席に座っている時、隣のご夫婦が、

「どれも、結構なお値段ね」「大量生産じゃないし、この位の値段でないと、やっていけないんだろうね」

私も同感です。ここはビヤホール以外にパン屋もありましたが、次回来るときは、あまり混んでいない時
期を見計らって再度、確認したいと思います。子供か、同僚を連れてきて感想を聞いた方が良いかもしれ
ません。私は、色々なところで飲んでいるの比較し過ぎてしまうのかもしれません。

DSC039991.jpg DSC040031.jpg DSC040041.jpg DSC040051.jpg

やはり、このMINOLTA ROKKOR 28-80mmで撮ると、実質、42-120mmの画角となることから、60cm
から1mくらい離れた距離で撮るとボケが綺麗です。

DSC040021.jpg DSC040001.jpg DSC039981.jpg

ここから「吉田屋本店」を経由して、鶯谷に向かい歩きます。途中、JRの高架の上からスカイツリーと3連
ビルを撮影。

DSC040211.jpg

金網越しに、3連ビルを撮影。このレンズの良さが出ていると思います。

DSC040221.jpg DSC040231.jpg DSC040241.jpg

スカイツリーはカスミ(光化学スモッグ?)が少しかかっておりますが、ここで撮る場合、いつもこうです。
この後、鶯谷駅前の「信濃路」で軽く呑み直しをして帰宅しました。
















Category: デジタル一眼レフ

Theme: カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ

Genre: 趣味・実用

Tags : カメラ 一眼レフ 下町散策 MINOLTA ROKKOR

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

MINOLTA ROKKOR AF28-80/4.0-5.6 の購入

 【11//2016】

2016/09/10(土) 久しぶりに神田の「カメラのキタムラ」に中古カメラとレンズを見に行きました。
中古のカメラは激減していました。なぜかOLYMPUS PEN EE2が2台tEEだ1台ありましたが、私はすでに
EE2を2台持っているので触手は出ず。

ふらふら、見ているとNIKKON、CANON、MINOLTAのレンズが結構並んでいました。その中で、MINOLTA
のAF28-80のレンズが目に留まりました。Aマウントのはずです。金額は税込みで1010円で手ごろ。ランク
は並Bランク。多少、使い込みで擦り傷がある程度か。

28-80mmということは、α350に装着することを考えると、42-120mm相当。標準レンズに近い画角になりそ
うです。マクロの切り替えもありますが、接写はマニュアル撮影の方が良さそうです。期待するところは、接
写時のボケと、広角的な使い方ができるかです。

 

翌日、2016/09/11(日) 曇りでしたが、試写の為にお寺と公園で花を撮ろうと昼前に歩き出しました。9月な
のに相変わらず蒸し暑い日です。27℃ぐらいです。
さて、まずはお寺での試写。

DSC039571.jpg DSC039601.jpg DSC039611.jpg

中々、良いボケが奥に出ていると思いますが、いかがでしょうか。

DSC039591.jpg DSC03966.jpg

空もきれいです。次に公園の花です。

DSC039791.jpg

これも良いボケが出ました。

DSC039851.jpg

この表現は好き嫌いは出るかもしれませんが、私は結構好きです。
色々試してみますか。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ

Genre: 趣味・実用

Tags : カメラ 一眼レフ MINOLTA

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る