2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:下町散策 の記事リスト(エントリー順)

| | 古い記事一覧へ »

谷中 散策

 【05//2017】

2017/11/03 久しぶりに谷中の散策です。今回は会社の同僚が行きたいということで日暮里駅
西口で待ち合わせて、歩きました。

日暮里駅西口を出て、右手にある諏訪神社は工事中でした。天気も良く人は相変わらず多く歩い
ています。外国籍の方も多数、カメラを持って、あるいはスマホを片手に歩いています。亀戸天神は
アジア人が多かったのですが、こちらはヨーロッパやアメリカの方が多いようです。

夕焼けだんだん」はお約束通りの混み具合。

DSC04821.jpg

しかし、行くといつも混んでいるのは、街が活性化している証拠でしょうね。

DSC04825ch.jpg DSC04827ch.jpg DSC04829ch.jpg DSC04830ch.jpg

外国の方も興味津々で色々見ています。

DSC04831.jpg DSC04832.jpg

「肉のスズキ」であまりにもメンチカツとスコチエッグがあまりにも美味しそうですので、其々1個づつ
購入で計270円。

DSC04833.jpg DSC04835_20171104212628797.jpg

2個を食べ終わり振り返ると、「夕焼けだんだん」は大変なことになっています。

そのまま、商店街を直進して、突き当りを左折します。お豆腐屋さんが在ったり、今までなかったよ
うな店もできています。お饅頭屋には外国人が興味津々で買おうかどうしようか見ています。

またしばらく行くとT字路になって左折をすると少し坂道になりながらお寺さんが並ぶ道を歩きます。
少しすると、右に「祝 谷中小学校創立115周年」の横断幕が見えてきました。

DSC04836.jpg

歴史があるのですね。

さて、小学校を通過してしばらく歩くと緩やかに上がる坂道が右にカーブしながら、緩やかに下ります。

DSC04839.jpg DSC04841.jpg

谷中霊園の壁脇にトイレがありますが、モニュメントが愉快です。ここを通過して少し下ると左手には、

DSC04842.jpg

「あたり」という黒い看板が。「あたり」とはなんと大雑把な名前かと思いましたが、「上野桜木あたり
」というのが、正式名称みたいです。

DSC04843.jpg DSC04844ch.jpg DSC04846ch.jpg

右側が、「谷中ビアホール」です。古民家を改装して、ビアホール、パン屋などあります。ビアホール
は、過去、期待していきましたが、私とは相性が良くないので同僚に飲ませました。Sで600円、L
だと1200円。

人それぞれなので、良いですがネットで見ても私同様に「合わない」という方が多いです。若い方は
雰囲気は良い事と、そこまで酒の味が分からないことから、このようなものかと思ってしまっている場
合が多いようです。

旨味を感じないのです。一口飲むと、苦さより渋さがきた後に変な甘さが来るのです。作り手は、これ
谷中ビールというでしょうが、ならば私は飲みません。酒飲みが好む味ではありません。

営業妨害をする気hあありませんが、つまみも高いですね。600円、1200円が基本みたいですが、どれ
もそれほど美味くもありません。これは、ちゃんとした料理人を入れないと、どこかでこけるでしょうね。

DSC04847ch.jpg DSC04848.jpg DSC04850.jpg DSC04851.jpg

雰囲気は良いです。同僚が飲んだビールを少し、口に含みましたが変わってはいません。

DSC04854.jpg DSC04855.jpg

まー、単に私がいこじなのかと思い、同僚にも飲ませましたが、間違いないようです。若い奴らが多
いのは雰囲気に負けているだけなのですね。

さて、ここを離れて出て左に折れてすぐに、「旧吉田屋酒店」を分解して組み立てなおした文化遺産が
あります。

DSC04856ch.jpg DSC04857.jpg DSC04859ch.jpg DSC04860.jpg

DSC04861.jpg DSC04862.jpg DSC04864.jpg DSC04866.jpg

1斗瓶なんて、昔はとんでもない物を作っていたのですね。ここは結構好きな場所です。

この後、恒例で、鶯谷駅前の「信濃路」で燃料を入れて解散としました。

Category: 下町散策

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 谷中 夕焼けだんだん デジタル一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上野うさぎや2

 【08//2013】

前回、お話できなかった「喜作最中」です。



さて、餡は漉し餡で上品なお味です。美味しい煎茶などと頂きたいものです。小豆は体にも良いし、変な着色料がついたジャンクフードを食べるなら、和菓子を食べた方が検討にも良いと思います。

Category: 下町散策

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上野うさぎや

 【06//2013】

下町散策というより良く知っているお店です。偶に食べたくなります。



ここは、この地に大正2年に開店し、「どらやき」が有名です。現在の形にしたらのがこの『うさぎや』との事です。上野が本家ですが、子供達が分家して日本橋うさぎや、阿佐ヶ谷うさぎやが有る様です。日本橋うさぎやのみ2店舗有る様ですが、1店舗は見た事があります。

さて、そのどら焼きですが、



こちらは、「どらやき(200円)」と「喜作最中(100円)」との詰合せです。

=======
どらやき
=======
餡は、十勝産の小豆を使った粒餡で、レンゲの蜂蜜が入った表面がサクッとした皮が最高です。しつこく無い甘さが好きです。
消費期限:販売日より2日間   


=======
喜作最中
=======
半月型の焦がしの皮に、蜜漬けした大納言が加えられた漉し餡が挟まれ地います。 中央には、創業者喜作のかき判が印されています。
消費期限:販売日より5日間

最中は「どらやき」を食べたらもう食べれませんでしたので、次回、ご紹介。

Category: 下町散策

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

御徒町散策

 【08//2013】

御徒町は過去良く来ていますが、昨日は同僚に二木の菓子を紹介する事になりました。

合流するよりかなり早く家を出て、御徒町を歩きます。



南口改札を西側に出たところです。



そのまま、北口側を歩くと、北口改札横にあるはずの吉池デパートがありません。如何やら建て直しをしている様です。



アメ横の入り口です。



相変わらずの混み具合です。なんかエスニックな匂いも漂いますが、異常に東南アジア系の人たちが多くみえます。

20年ほど前までは、キムチ横丁が昭和通より西側にありましたが、今は東側の東上野2丁目から東上野3丁目の昭和通に並行した場所のに移転しています。

改めて見に行きました。



あまり店はあるわけではありませんでした。移転前に焼肉を食べた記憶がありますが、その店は無い様でした。

さて、また御徒町駅側に向かいました。



大統領は朝から満員です。



二木の菓子もすごい混み様です。何店舗も近くに点在しますが、全て混んでいます。

今回はフライビーンズ(380円)とミックスナッツ(450円)です。100均と比較するとかなり割安です。



風情がある袋のプリントです。

やっぱり、最後は飲みましょうと、大統領



ここのモツは、ポニーを使うモツでらさつぱりしており最高です。



ガツとカシラ2本づつで1本180円。



珍しい、馬(ポニー)ハツモト串2本300円。珍品です。こりこりして最高

軽くやってから吉池デパートの、直駅店である「味の笛」御徒町店へ



ウイスキーハイボール(250円)、焼き鯖(250円)、鯨のベーコン(300円)。私の知る店では高い方です。こちらは、百飲同様にキャッシュ・アンド・デリバリーです。売りは刺身の鮮度でしょうか。



海鮮串(120円)2本と越の白鶴(300円)常温です。この酒はそんなに甘くも無く、普通に呑めました。

Category: 下町散策

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

下町散策 日暮里・根岸

 【13//2012】

2012年10月12日
久しぶりにカメラ片手に日暮里・根岸エリアの散策をしました。

日暮里から谷中銀座を回り、よみせ通りから信号を左折し、谷中霊園、下町風俗資料館、寛永寺橋を渡り、高架を降りて鶯谷駅前交差点を右に渡り鶯谷駅北口と言うコースです。

まだ、カメラから画像を抜いていないので、iPhone4Sからの画像です。



日暮里駅西口を出て谷中せんべいを左に見て直進します。Y字路で右を進むと、谷中銀座の夕やけだんだんに来ます。


中々、昭和の匂いがします。


11:00を過ぎないと店は全開にならない様です。


この店の「元気メンチカツ」はテレビの取材で訪れた道場六三郎氏が絶賛した様で、食べたかったのですが、並んでいましたので今回はスキップ。


信号を左折すると坂道と成ります。回りはお寺が多くあります。


谷中霊園にあたり、右にさかを下ると左手の交差点角に下町風俗資料館(旧吉田屋酒店)に来ます。


雰囲気ある佇まいです。


杉の樽と焼物の樽です。昔は多かったのかな?


昔のビール瓶。味があるな~っ。


こうゆう徳利も見なくなったな。


昔の広告に使われた美人画。



竹下夢二の様な美人画は味があって好きですが、この頃の絵も良いですね。


メーカーのラベルや表示。


白雪酒造りの図

ここの資料館は味があり好きです。資料館を出て鶯谷に向かいます。


右にRが付いている道が寛永寺橋です。いつもより速いペースで歩いている様です。


橋の上から右手にラブホテルの間にスカイツリーが見えます。


左手には面白く3本のビルが並びます。

橋を渡り左手の階段で高架を降りて鶯谷駅前交差点に向かいます。


スカイツリーが見えて来ました。前方の鶯谷駅前交差点を左折し、鶯谷駅北口へ。



目を駅の左斜め前に移すと、



24時間営業の食堂である信濃路です。今月で30周年です。

ここに来るのも久しぶりです。食堂ですが、皆、呑んでいます。24時間呑み食いできる店として有名です。

店員は大半、中国人です。鰻の寝床の様な店で、右側が厨房でカウンターが二の字に有ります。中国人が店員で多い事から、中華煮凝りや中華料理も多く、蕎麦、カレーライス他、様々なメニューが有ります。

料理は比較的安くボリュームが有ります。私はメンチカツ定食590円とホッピー白370円を頼みました。カウンター前の隙間から料理を受け取ると言う、独特の受け渡しです。カウンターの上の棚は料理が見える様に成っています。


ボリュームが有る料理です。細々、摘まむより定食を肴にした方が良いと思い選びましたが、お腹が一杯に成りました。

今回の散策は、先週に自転車で品川まで走った事から、歩く筋肉も動かすためですが、自転車走行と合わせて、心肺能力や脚力も機能アップしてきたことを実感できた1日でした。

Category: 下町散策

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る