2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:自転車 の記事リスト(エントリー順)

炎天下の彩湖

 【01//2015】

自転車で走らなくちゃと、思いながらも、雨天や様々な要因で自転車で走ることができませんでした。

本日は、快晴で気温も上昇。しばらく自転車で走っていませんでしたので、トレーニングコースの彩湖に向かって走りました。出発は、10:50で到着は11:20でちょうど30分。現在、気温35℃の様です。



久しぶりなので、極端に足に負荷をかけるのもまずいので、ほどほどの走りです。kyりは片道17.4km。ヘルメットを被ろうと思いましたが今回は、よく被るキャップで。

天気が良いからが家族連れがいっぱいかと思いきや、暑過ぎて、居ません(笑)

彩湖の湖畔の廬でお気に入りの三つ折りキーボードを使用してこのブログを書いています。飲み食いするものは結構持ってきました。

惣菜パンは前日に例とこに入れて起き持ってきましたが丁度常温になっていました。それと、ナッツ類も持参。クエン酸水と、冷凍庫に保管した水。折り畳みの簡易保冷バッグに、保冷剤を詰めてきています。

ビールと酎ハイは湖近くのコンビニで購入。

長居するつもりと、完全に冷ましてから武蔵浦和のダイソーで鋳物のプレートを購入するつもりです。

これは昔、105円で購入できた100円スキレットの蓋にでっkると見てです。スキレットは複数枚ありますので合わせて蓋にもできますが、バリエーションとして欲しいと思っています。

廬にはいろんな方がみえます。サイクリン車で思いっきり走ってきた初老の方がゴロッとベンチで、横になられたり、ママチャリに何故か呉羽工業の556とウエスを入れてポータブルラジオでかなり大きな音をならしこられた方は、セブンイレブンで、これも何故か肉じゃがとポカリスエットのみ買ってこられ食べています。

ここから、自転車で10分位で道満パークに着きますので、バーナーを持ってきて、1人バーベキューというてもありましたが、今回は 、身体の慣らしということで、グッと我慢。

でも、気分は良いですね。外ご飯は最高です。ここに、テントは晴れませんが、事前予約で北上したところにある秋ヶ瀬公園はテントも貼れます。

そろそろ、1人用のテントも購入しましょうか。子供だ小さい頃に、散々キャンプをしていますので慣れていますし、料理は好きですし、物造りも好きです。

最後はノマドと考えていますので、別の色も考えながら、キャンピグカーで移動しながらの生活を夢見て、新たな生活を構築しだします。











Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パニティーバックのファスナー破損と修理

 【28//2015】

fc2blog_2013082413520700a.jpg fc2blog_20130824135143ef9.jpg

昨日は雨が降ったり止んだりでしたが、今日は天気も良く、電気デバイスを自転車パニティーバック
入れて、軽く流して走りました。便利ですよね。バッグがあるだけで走りやすいです。色々詰め込めます
ものね。

結構汗ばみました。薄いものを羽織って走りましたが帰りしなは、パニティーバックに上着を入れてTシャツ
1枚で帰ってきました。

バックを自転車から降ろし、自転車の汚れをふき取り、小石などが当たり禿げた塗装のタッチペイントをして
落ち着いてからバックのファスナーを開けた時です、



いきなり片側のファスナーのランナーが破損!! おいっ!

中華製だけれど、ランナーはとりあえず金属でしょう? なんでーっ・・・

とりあえず、つくりはあまりよくないことは分かっていましたが、扱いやすいサイズのパニティーバックなので
、購入するよりもファスナーのランナーを交換する事にしました。

ランナーはサイズが規格で色々有りますが、5番位かと確認して、100均一に。



ダイソーには小さいサイズがなく、キャン☆ドゥに1組だけありました。グレーとブラックのファスナーとランナー
セットです。ランナーはファスナーに2個付いています。

ファスナーごとの交換では、長さが足りませんので、ファスナーのエンドをカットして、ランナーだけを使うことと
しました。オリジナルは銀色なので、グレーを使うことにしました。黒は色々とつかえそうですので予備で保管。



バッグのファスナーのエンドの糸をカットして、ランナーを差し込みます。



これは、破損したランナーが付いています。カットして抜き取って、かみ合わせを見てみます。純正のランナーよ
り走りが良いです(笑) ファスナーのエンドを糸で縫い付けてランナーが抜けないようにして完了です。



パンティーバックを左右ひっつけてランナーを見比べると。困難な感じです。とりあえず、使用には問題はなさそ
うです。もう片方のランナーが割れても、もう1個グレーのランナーがありますから(笑)

貧乏性なのでしょうか、破損したからすぐに購入するのではなく、まず、自分で修理するのが私の信条です。


Category: 自転車

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 自転車 パニティーバック ファスナー修理

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久しぶりの彩湖

 【26//2015】

このところ、あまり自転車で走ることをしていませんでした。

最低血圧値を下げるには有酸素運動が良いようですので、自転車で走ることはよいようです。
ただし、自転車は風を受けて、汗が蒸発する率が高いのであまり自覚しなくても多くの汗をか
いていますので水分補給をこまめにとることは必要です。

水分を摂らなくては血中の水分量が減り体調を崩しやすくなります。また摂取水分量は、がぶ
飲みは駄目です。走るのがしんどくなります。

あまり自転車で走っていない割に、脚は軽く回りました。これは、それなりに自転車で走る場合
朝食はコーヒー飲みにしているからで、食べてしまうとあまりうまくペダルを回せないことは実証
済です。それと、走るフォームがそれなりにできてきたのでしょう。



天気は曇天ですが徐々に気温上昇しており汗ばんできます。

パニティバッグには、昼食用のおにぎりと、念のためにiPhone用の折り畳みキーボード、nexus7
も入れています。ドリンクホルダーにはアルカリイオン水、ステンレス製水筒にはウーロン茶を入れ
ています。埼玉の行田まで走行で100km走行した時に分かったた事は、水が一番水分補給ですん
なり飲めることが分かっていますので、水は必ず携行します。



湖畔の、いつものあたりの東屋に腰を落ち着けます。東屋といても、木製ベンチの背もたれは壊れ
て危ないからと切断されている場所です。サイクリング及びジョギングロードをはさみ金網で囲われ
た野球場があります。今回はソフトボールの試合をしているようです。

ベンチに腰掛け人造湖ですが、湖からの微風を受けていると心がなごみます。「毎週来ても良いな」
、と思えます。



相変わらず、家族連れが多い公園です。

Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

FX06 RTRのメンテナンス

 【19//2015】

気温も上がりだし、過ごしやすい季節となりました。色々、対応をすることが多く、なかなか自転車も乗れていま
せんでしたが、血圧治療で最低血圧の改善には運動が必要ですので乗る機会を増やすしかありません。昨日、
本日と自転車に乗る中で、ギヤの引っ掛かりが気になりメンテナンスをすることにしました。



まずは、パーツクリーナーがなくなっていましたのでホームセンターに行きました。この馬鹿でかいサイズで189
円(税別)です。パーツクリーナーはチェーン、チェーンリング、スプロケットの清掃で500kmごとに使うくらいです
ので十分使い出があります。購入はしましたが、今回はチェーンの油切れが気になっていたくらいですので、使
いませんでした。



さて、スプロケットの調整ですが、リヤディレーラーを指で動かして、引っ掛かりがない確認して、問題がなければ
トップギヤの7速に入れて後部より、リヤディレーラーとの位置を確認します。



問題がありません、ディレーラーの歯がトップギヤの外側と合っています。次に各ギヤで確認をしますが、3速で
少し引っかかる音がします。調べるとシマノの規定では、3速で引っかかる音が出ることがせいかいとのことでし
た。とりえず、まーいいか、ということで完了。

Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自転車用スマホ防水ケースの購入

 【16//2014】

昨日の彩湖へのリハビリ走行とは前後してしまいますが、自転車用のスマホ防水ホルダーを手に入れました。

秋葉原で680円。激安です。



とりあえず、バッテリーケースに入れた状態で収納可能みたいです。その上のサイズは、4.7インチサイズのようです。

LEサイズを購入するのか悩みましたが、使ううちに劣化するならば、サイズが変われば別商品の考える事にして変更なしで小さい方を購入しました。

さて、開封です。



安いだけあって説明書は入っていません(笑) まー触れば大体わかりますから問題無いのですが…。

本体裏面には落下防止で紐をつけれるように成っているようです。紐は結ぶのではなくブラケット等で、脱着できるようにした方が使い勝手は良さそうです。

ケース内には写真では分かりづらいですが厚手の物と薄手の物の暖衝材が入っていました。厚み調整用です。

問題はこれからです。ハンドルに取り付けようとしましたが、ハンドルのφと合わず滑り止めのラバーを外してちょうどですので、簡単に回ってしまいます。また、サイコンやライトなどのことも考えると、ハンドルにアクセサリーホルダーを取り付けて、そこにケースを装着するしかなさそうです。

まずは、アクセサリーホルダーの選択からです。


Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る