2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

BE-PAL11月号付録のコーヒードリッパー

 【15//2017】

久しぶりに、BE-PALを購入しました。子供たちとキャンプを良くしていた時代は、毎月購入していた
ものです。11月号は記事の内容もさることながら、付録に目が行きました。



PURIMUSとBE-PALコラボの折り畳みシリコン製コーヒードリッパーです。



中々の物です。




在位し本体722円。特別価格780円となっています。同様のシリコン製コーヒードリッパーは安くて
1000円位しますのでお値打ちです。1~2名用のペーパードリッパーが丁度のサイズです。



ケースをどうしようかと考えていましたが、以前、100均で購入したソフトケースが良さそうです。
内側にメッシュの仕切りがありますので、そこにペーパーフィルターを入れておけばよいですね。
内部に余裕がありますので、外でコーヒーを飲む時に、スプーン、コーヒーも入れて行けそうで
す。



1点、気になったのは、中性洗剤でドリッパーを洗っている時、変な匂いがしました。可塑剤とも違
うような匂いです。でも、同様な揮発性のもの様な匂いですので、使う内に消えるかと思いますが
、果たしてどうか・・・


Category: アウトドア装備

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : シリコン製 コーヒードリッパー BE-PAL11月号 付録

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

OPTIMUS 123R SVEA 付属コッフェル リッド作成

 【14//2017】

時間がかかりましたが、OPTIMUS 123R SVEA 付属コッフェルリッドを作成しました。よく言われ
ている、NIVEA缶を使用したものです。

YOUTUBEで良く拝聴する。winpy-jijii さんが、つくり方を挙げられていましたので、パクっていますが、
一部構造を変えています。

実は結構前にNIVEA缶はある程度、塗装の剥離はしてありました。どのように構成しようか悩んでいた
ところwinpy-jijii さんが、缶の磨き方と合わせて、つくり方を公開されていたタイミングでした。



吐出する文字周りが、上手く塗装を剥がせていませんでしたので、塗装剥離剤を購入してきました。
臭いを考えて塩素系ではないことから、効果は弱いかも知れません。



とりあえず、ある程度はがせましたが、プラスチックのへらだと、上手く剥せなく、精密ドライバーのマ
イナスで削りましたので、剥離材の威力は無いのかと思いきや、吹きどってから削るとあまり取れ
ないので、それなりの効果はありそうです。



さて、缶の底側の札止めのところまでをカットしますが、初めは、キッチンバサミを使いましたが、う
まくきれず、板金バサミに変えました。缶の強度がないので、波なみになりましたが、後で修正です。



の取っ手ですが、良いのがなく、winpy-jijii さん同様の額縁の吊り金具としましたが 、小さいもの
しかありませんでした。

これを開いて、ラジオペンチで整形します。



何とか手持ちに、ステンのビスがありました。



取っ手となる、額縁金具を位置決めし、片側の穴にキリで穴をあけてビス止めします。そのうえで片
側も位置を決めて穴あけ加工をします。底側を伏せてその上にを被せますので、底缶にも穴あけ
をします。



缶の接着は、エポキシボンドを使わず、SUPER Xを使用しました。過去の実績もあり信頼している製
品です。



接着前の仮合わせをしましたら、ビスの長さが気になり缶と底缶の間が結構空くのが気になり、
ビスを、内部に貫通することとしました。ここがwinpy-jijii さんと違う点です。缶お内側にワッシャーを
1枚かましてから、底缶を刺して、更にワッシャー1枚をかましてナット止めです。



耐水ペーパーの#1000で傷をある程度消した程度です。あとは、ピカールで磨き倒します。



いい感じのになりました。


Category: アウトドア装備

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : OPTIMUS 123R SVEA 付属コッフェル リッド

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

OPTIMUS 123R SVEA で焼鳥丼

 【03//2017】

OPTIMUS 123R SVEA を使いだしてから、ちょくちょく、これを使って料理をしています。ただ、ガス
と違い弱火が苦手ですので、火力が必要な料理を選ぶこととなります。

プレヒートでは、燃料用のアルコールを使用していますが、それなりに汚れますね。また、プレヒー
ト用の燃料をタンクの中心の窪みに落としますが、ここに、カーボンフェルト等を巻いてそこに燃料を
吸わせて着火されている方も結構みえるようです。



さて、今回は焼鳥丼を作ろうと思います。多めはtorangia メスティンでアルコールストーブで。鶏肉
は胸に鵜を使用。

SVEAにはダイソーで購入した、300円の四角いプレートを使い焼鳥を。



まずは、鉄板に脂を馴染ますために皮から。塩だけを振ってあります。勿論、シーズニング済みで
す。お米は、1合を洗って、メスティンに水200CC入れて30分以上給水。



はじめ、プレートをで横長にして垂直位置に串を起きましたが、串の手元の焼け具合が悪いことか
ら、プレートの横長に合わせて串を置くことになりました。

torangiaで炊飯も開始。大体、10分強で吹きこぼれが始まり5分後にはチリチリと音がし出しました
。火から降ろし時です今回、適当に入れたアルコールも丁度燃料切れです。保温ケースに入れて逆
さまに置いて、15分間の蒸らしをします。



冷奴と焼鳥の塩を食べながら、焼鳥丼用のタレを準備。麺つゆ、味醂、お砂糖、お酒 (今回は焼酎

パウダーガーリンク、一味(ハバネロ入り)で合わせて、一煮立ちさせます。割合は感覚ですが、麺つ
ゆ6、お酒2、味醂2、お砂糖2ぐらいで、パウダーガーリックと一味は多めです。

コチュジャン等入れるのも好きですが、こんかいは手元にないのでこれで。串を焼いているプレートに
このタレを投入。良くタレを肉に馴染ませて、ご飯のオープン。



お焦げも一切ありません。一口、ご飯を口に運ぶと私の好きな堅めな炊き上がり。そこに鳥を乗
せて



残りのタレを、一煮立ちさせてメスティンの上に。食べにくいので、串を抜いて焼鳥とご飯を口に
運ぶと、幸せな時間なとなりました。

飯盒といい、この名メイスティンといい、本当にご飯が美味しく炊けます。圧力鍋でご飯を炊くおも
美味しいですが、圧力鍋は、ベタとするのに対し、飯盒やメスティンはふっくらと且つ水分もうま
く飛びます。

1合は、お米の種類で弱冠、変わるようですが、150g。給水させると200が。蒸らすと350g ぐらい
のようですので、お茶碗2杯分です。丼物やカレーライスならば良いかもしれませんが
、確かに多いです。

もう、炊飯は失敗することもありませんので、楽しく食べることができます。ご飯は炊きたてが美味
しいですね。

Category: アウトドア装備

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : OPTIMUS 123R SVEA 焼鳥丼 メスティン 炊飯

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

OPTIMUS 123R SVEA の火入れ

 【01//2017】

OPTIMUS 123R SVEA を購入してやっと、火入れをしました。

とりあえず、サーキュレーションキーを元の位置から動かしたかったのですが、良い場所がない事

、五徳の位置に移動する場合、Sカンの代わりに細い金物にしなくてはなりません。



しょうがなく、元に戻してから、少しホワイトガソリンをタンクに入れ、レギュレーターを時計回り
に回し締め込んだ後、中央の窪みとチュウーリ
ップの上に燃料用アルコールを垂らし、五徳をセッ
トした上で着火させてプレヒート開始。



アルコールが燃え終わりそうなくらいにレギュレーターを反時計周りに回すと、ボッボッと内圧が上
がり、ホワイトガソリンが気化したようです。


確かに大きな音です。ジェット・サウンドと言われることもあるように、ガスストーブやアルコール
ストーブに慣れていると騒がしいです。

このSVEAは、ガスりんストーブでは歴史が古く、100年になるていばんのようです。構造が単純で故障
しにくいこともりのようです。

レギュレーターを、操作して分かった事とは弱火は苦手ですね。加熱して内圧が上がると、火力が上
がりますので、レギュレーターを絞るなどの調整も必要です。

手間ですが、手間といってもポンピングをして内圧をあげることもしませんし、火力は強力です。お
湯も直ぐに沸きます。

料理や使い方により、アルコールストーブ、ガスストーブ、ガソリンストーブと使い分けた方が良い
のでしょうね。人によっては、更に灯油を使用するマナスルのようなケロシンストーブを使われてい
る方もいますので、人様々です。

このSVEA、マナスル、トランギアと真鍮を使用したストーブは、不思議なもので所有する喜びを感じ
ます。磨けば光りますし、道具としても素晴らしいです。

私の使い方ですと、スキレットを使用するような料理や、肉を焼くなどの場合、低音時期などでの使
用になりそうです。炊飯は、ガスやアルコールの方が調整はしやすいですね。焚き火の場合は側に寄
せる、直火などで火力調整できますのである意味オールマイティーです。

私は本当は、焚火や炭火の方が好きです。その為、本来は、囲炉裏や、長火鉢などが欲しいのです
が、都心ですと無理ですね。昔の様に、木造建築で密閉度がない方が良いですね。

炭火で長火鉢を使って鍋をするなんて最高です。鬼平犯科帳の世界ですね。

貧しいとか、不便と言われる方はいるかもしれませんが、粋な生活と思います。

Category: アウトドア装備

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キャプテンスタッグ カマド スマートグリルのプチカスタマイズ

 【01//2017】

以前から、やろやろうと思っていて、なかなかできなかったキャプテンスタッグ カマドのプチカスタ
マイズをしました。

winpy-jijiさんの動画に触発されて、の対応です。パーツは既に購入してあり手元にある状態です。

元々、アルコールストーブのごとくを作ろうとしていた、100均のキャン☆ドゥで購入したトレー用の
水切り網が2つあるのですが、サイズが、ぴったりですのでこれを使用し薪送り台を。

ダイソーで購入したキッチン用のスリムフック2つセットを使用しての物置。網は、写真では付属の
網を置いていますが、薪送り台にしている網がも1つありますので、それを使用しようかと思います。

まず、薪送り台です。



左が本来の製品で、右が加工品です’。つくずく、そろそろ番線カッターを購入しようかなと思いまし
た。とりあえず、ペンチでカットし、他のペンチで挟みながら加工。

溶接は弱いですので、急な曲げは厳禁です。簡単に折れそうです。



カットした先は危険ですので、鉄ヤスリで角をおとしています。

で、装着すると、こんな感じです。



この商品は上から見るとB6サイズです。笑 's のB6くんも考えましたが金額が結構する事と、組立が、
カマドと違い時間がかかります。

このサイズですと、アルコールストーブの台としても使える点は良いです。

まだ、火入れ式はしていませんが、様々な方々のレビューを拝見すると、焼き床は歪むようです。こ
この改善は課題なのでしょうね。板厚を上げて頂き、別売で其々、パーツを販売していただければ良
いのですが。

この場合、爆発的な販売数が出ていなくては、バラ売りですと、一個単価が上がってしまい採算は
取れないでしょうね。

人気がでる商品と思いますので改善期待します。


Category: アウトドア装備

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : キャプテンスタッグ カマド スマートグリル 焚火台

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る