2007 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2007 12

魚の習性

 【30//2007】

小型水槽からの移植でしたから、60cm水槽は早く安定した様です。移植
した時に魚が面白い動きをしましたのでご紹介します。

移植した当初は、魚がほぼ36cm水槽のサイズ位泳ぐと折り返すと言う面
白い行動がありました。特に長く居着いているラスボラ・ヘテルモルフ
ァがこの動きをしていました。あっ\(◎o◎)/!

3日たつと、広く泳ぐ様になり、今は魚の動きも安定しています。

私は過去、大きい水槽から小さい水槽への移植はしたことはありますが
、今回のように小さい水槽からサイズをあげた水槽に魚を移したのは初
めてです。習慣性ということはあるのですね。( ..)φ

このような動きを見られた方はみえるのでしょうか┐('~`;)┌

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スポット苔の消滅

 【29//2007】

20071129234228
時期的に日光が昼間になると、水槽に当たる様になりスポット苔が発生
していました。しかし、どうやら発生を杭止めることができたようです
。後景のシペルスとピピバラの浮き上がり止めの為、弱冠、長めに水面
に流しました。

スポット苔が発生した時、水流に問題があるのかと思い、シペルスとピ
ピバラも水面近くでカットしました。私はシャワーパイプを背面の底部
に設置していることから、排出口は、少し前面に向かって角度をつけ
ています。側面から見ると、弧を描き背面から前面に水流ができる様に
なりますす。また、バイプも継足して水槽幅まで広げ、エンドはエルボ
にエンドキャップの中心に穴を開けた物を装着し、前面にむけて水を流
がしています。

どうやら、一部シペルスの葉が、水流を妨げていた様です。昨晩、水槽
を覗くと、水が澄んでいました。水槽内の水の循環ができていること、
水草の増量により、水質の浄化が進みバクテリアも活発化して来た証拠
です。2週間と3日で安定したことになります。亜硝酸値を測定していま
せんが問題なさそうです。これで、ほぼスポット苔から開放されそうです。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

陽当たりにともなう苔対策

 【27//2007】

20071127204415
38cm水槽も同時期には同様に陽を受けていましたが、60cm水槽になるこ
とにより、側面面積が広がり、直射日光の照射時間が増えてしまってい
ます。窓際設置の宿命です。

過去、60cm水槽を設置していた場所は子供達の食欲を満たす為、冷凍庫
を置いているのでそこに置くのは無理です。写真がその冷凍庫です。キ
ッチンがすぐ横ですから、環境としても良いです。

本来、その場所でしたら今回の様な事で悩むこともないのですが、過去
、冷凍庫を置くため60cm水槽は撤去させられています。妻はこの位置へ
の移動は認めないでしょう。現在の棚であればと言っているくらいですから。

スポット苔の発生が早まってしまいます。ガラス面に付いた苔を早期撤
去する必要があります。
昨晩、チェックをして、メラミンのスポンジでスポット苔を撫ぜ取って
います。メラミン・スポンジの良さは、苔をまき散らさないことです。

照明の照射時間の変更を検討する必要あります。直射日光も当らずスポ
ット苔が発生するなら水質の問題ですが、一旦、照明を停める必要があ
ります。

今回は対処が難しそうです。照明の照射を昼に変更する方が良さそうで
す。今まで17:00~22:00に照明を点灯していたのは、私が帰宅後に見れ
るようにです。本当は24:00位まで引っ張りたかったのですが、クレー
ムが来てやめました。

昼頃から陽が当たっていましたので、週末に13:00~18:00へ変更してみます。

先週末に換水をしていますが、今週末も苔を抜くことから水槽の半分程
換水します。ZICRAは添加しない方が良いでしょうが、バクテリアの減
少も気になりますので、ごく少量だけ添加してみます。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

外部濾過の保温

 【25//2007】

かなり寒くなってきました。外部濾過を棚の下に置きましたので冷えが
気になります。外部濾過をタオルで保温をしました。ある意味、カスタ
マイズです。

まず、周りの荷物をどけます。

外部濾過保温1


使い古したタオルを下にひいて

外部濾過保温2


輪ゴムやねじりっこみたいなもので止めても良いですがホッチキスでと
めたほうが簡単です。ガシガシ、止めました。

外部濾過保温3


本当はホースも巻いてやると効果が高くなります。タオルはスポーツタ
オル等の厚手の生地のほうが効果は高くなります。外部濾過のヘッド部
は、モーターもありますからあえて外しています。これだけで、サーモ
の動きが大人しくなります。

皆さんも試しにどうぞ


Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ

Comments (9) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レイアウト変更3

 【25//2007】

昨晩、水槽を写し直しました。こんな感じです。

水槽1 水槽アップ1 水槽アップ2 水槽アップ4 水槽アップ5 水槽アップ6 水槽アップ7


あとは、時間をかけて水草を育てるしかありません。リシアが水槽を替
えてからの成長がすごくなっています。



Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水草の追加

 【23//2007】

ホンカーナミンは壊滅状態でした。

しょうがないので、水草を追加しました。シペルス、エリオカリス・ビ
ビパラ、クリプトコリネ・バランサエです。

エリオカリス・ビビパラを後景の内側に、右の中景にクリプトコリネ・
バランサエを植栽しました。中央部をあけることで圧迫感をなくしまし
た。

本当は前景にウイローモスを遺影に活着させて置きたいのですが、もう
少し全体の感じを見てから考えます。

水草追加1 水草追加2 水草追加3 水草追加4


日中、こんなに陽が当たっているのです。ちょっと、厳しいですよね。
照明の点灯とCO2の添加はは17:00~22:00までにしています。



Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水草の選択

 【22//2007】

ホンカーナミンがオトシンクルスに食べられてボロボロになっています
。昨日、出勤間際に見た状態からみて出張帰りの今晩見ても見るに耐え
ない状況になっている可能性があります。

あまりにも酷いので、トリミングして使えるところは残し、早めに水草
を追加した方が良さそうです。

現在、左奥にはシペルスを植栽していますが、60cm水槽では同種を散ら
さず固めた方が、レイアウトがすっきりします。形状が違う複数種の水
草を入れた方が自然な感じのレイアウトになりますが、水槽サイズから
どの様な配置にどの様な水草を植栽するのか難しいくなってきます。

明日、明後日に検討の上水草を追加してみます。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ホンカーナミン虫喰い状態

 【20//2007】

20071120075112
ホンカーナミンが虫喰い状態です。(*_*)

どうやらオトシンクルスの仕業の様です。オトシンクルス・ネグロであ
ればこのように水草の葉まで食べることはないのでしょうが…(ToT)

明日、明後日は出張で経過は見れませんがボロボロになっていそうです
。出張当日の朝はコリドラス用のタブレット状の餌で釣っておくしかあ
りませんが上手くいくのでしょうか。

過去、セルフィン・プレコで同様なめにあっています。硬めの葉の水草
でなくては駄目そうですね。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レイアウト変更2

 【19//2007】

20071119075256
少し流木の組み方を変更しました。あまり全面に流木が出ているとラス
ボラが中層を泳ぎません。右側の流木少し立てて、ウイローモスを活着
させた流木を左の流木に掛ける様に配置しています。

弱冠、左右に開きぎみして少しでも奥に流木を設置できる様に変更しま
した。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

明るい色のウイロ-モス

 【17//2007】

写真を撮りなおしてみました。

レイアウト変更7 レイアウト変更8 レイアウト変更9



しかし、流木に活着したウィローモスを見てください。左が妙に明るく
ありませんか?そうなんです。どうやらリシアです

ウイローモスを購入した中にほんの少し入っていたのです。それが今で
はウイローモスを踏み台ににして見事活着しています。生命力のすごさ
です。感心しています。


Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レイアウトの変更

 【17//2007】

さて、流木の灰汁抜き処理もほぼ終わり、準備ができましたので、水槽
のレイアウトを変更します。本来は横に大きく広げる事ができる方が良
いのですが、水草のレイアウトを考えると、このサイズにいきつきまし
た。

この灰汁を見てください。灰汁抜きをして良かったと思います
流木灰汁抜き1 流木灰汁抜き2 流木灰汁抜き3



現在、底砂は左側を高く傾斜させていますが、ヘアグラス以外は一旦、
外に出し、前景から後景へと、ゆるやかに傾斜させます。私がちょっと
写ってしまいました。すみません。

レイアウト変更1



中景に流木を組みます。ウイローモスを活着させている流木を組合わせ
ます。水槽に奥行がありませんから左右に広がる様にしなくては、圧迫
感が強くでて、おかしなレイアウトになってしまいます。できるだけ奥
行も感じさせなくてはならないので悩みます。

結構てこずりましたが、こんな感じでしょうか。

レイアウト変更2 レイアウト変更3



さて、ミクロソラウムは古くなった葉の処理をして左角のパイプ類を隠
す為に植栽します。しばらくこの状態で様子を見ながら構図を練りま
す。

レイアウト変更4



意外と奥行がない為、どんな水草を追加するか悩みます。ショップに行
水草を物色しました。結局、シペルスとホンカーナミンとなっていま
したがチドメグサのようにみえます。さて、右にホンカーナミン、左に
シペルスを入れて再レイアウトです。

レイアウト変更5 レイアウト変更6


日中の写真でうまく取れていませんが、夜に写しUPします。






Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

流木の灰汁抜きの経過

 【16//2007】

今朝、小型水槽にはいった流木を覗きました。水が、ブラック・ウオーターになっています。

写真を写そうと思いましたが、携帯では光の反射が強く写せませんでし
た。明日、流木の洗浄前に写真を撮ります。

灰汁抜きをして“良かった“、と言う色です。色の元はタンニンでphを
降下させます。灰汁抜き済みという流木でも灰汁がよく出る事ですので
通常はあまり気にしていません。

魚にはブラック・ウオーターの方が良いのですが。今回の様な色が付く
と換水をしなくては中が見えなくなって来ます。また、灰汁抜き処理を
していない場合、一番気になるのは、雑菌や虫です。ベーキングソーダ
水漬けにしていますからまず処理されていると思いますが、不安な方は
大きめの鍋で煮沸した方が良いと思います。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

エアストーンのメンテナンス

 【16//2007】

20071116080132
エアストーンの泡が大きくなってきました。そろそろ漂白の時期です。
私はイブキエアストーンのエアストーンを使用しています。

元々、砥石を製造されていましたので劣化が少なく、パレングラスの様
な、きめ細かな泡が出るエアストーンで気に入っています。

まず、代替エアストーンの準備です。発酵式CO2にも使える25¢の丸型
ストーンをグラスに入れて24時間以上漬けておきます。砥石と同じで水
分を含ませなければエアレーション出来ません。
また、通常のエアストーンより圧力をかけなくてはエアレーション出来ません。

時間経過してから水槽内のエアストーンと繋ぎ替えをし、水槽内のエア
ストーンを2日前に漂白剤に漬けました。かなり汚れていましたので、
漂白剤の濃度は大幅に濃くしています。

昨晩、漂白剤を流して容器内とエアストーンを水道水でよく洗浄し、容
器に水道水とコントラコロラインを多めに入れ漬け込んでいます。

写真はこの状態です。この容器はボトル・アクアリウムに使っていた物
です。中にあった水草、底砂、アカヒレは60cm水槽の中に入っています


今晩、もい1度水とコントラコロラインを入れ替え、明日、再度、入れ
替えたうえで、1時間程エアレーションさせます。これで内部の塩素も
抜けているはずです。

流木を追加したレイアウト設置に間に合います。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

流木レイアウトの準備

 【15//2007】

2日前に小振りな流木を2つ手に入れました。灰汁抜き処理されていない
物です。現在も流木にウイローモスを活着させてレイアウトしています
が、今度は細い枝の流木です。

まず、水道水で洗浄です。カビ臭い臭いが周りに広がります。以前使っ
ていた小型水槽に流木を入れて、それらが漬かる程度水道水を水槽に入
れます。少し流木が浮きますがしばらくすると水を吸って沈むでしょう


臭い消しと灰汁抜きの為に、ベーキングソーダを一握りその中に溶かし
ます。これで効率良く灰汁抜きと消臭が出来ます。

週末、に流木を水道水で洗浄後、状態により鍋で煮沸です。

今朝、流木の状態を見ると、すでに流木は沈んでいました。灰汁は出て
いない様です。今日と明日まで漬けて、土曜日には60cm水槽に入れます


これで、少し水槽の見映えが変わります。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

外部濾過の空転

 【14//2007】

昨晩、帰宅して食事後、給餌をする時、水槽の水面に全く揺れがありま
せん。

吸水口のカバーはきれいな物に交換していますし、パイプが潰れて流れ
を停めているところもありません。外部濾過のモターは回っています。

これは、外部濾過の詰まりしかありません。急遽、外部濾過をパイプか
ら外し、フィルタの確認です。活性炭フィルタは3回回しをしています
から、交換です。細目フィルタは外部濾過内の飼育水をバケツに移し濯
ぐと真黒です。洗車スポンジフィルタは詰まりませんから、この2つが
原因です。外部濾過内の中を覗くと、1.5mm程のミナミヌマエビが6匹
、気持ち良さそうに泳いでいました(*'o'*)

水槽にミナミヌマエビを移して清掃です。組上げて、カルキ抜きをした
水をいくらか外部濾過内に入れて蓋をした上で吸水パイプを接続して排
水パイプをバケツに向け排水しながらエア抜きをします。排水パイプも
接続して電源を入れますと見事復帰です。

早めに外部濾過の清掃をするべきだった、と後悔した夜でした(ToT)

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水草水槽のレイアウト検討

 【13//2007】

元々、流木を使ったレイアウトが好きですが、まだ気に入った流木が見
つかりません。

キャンプやバーベキューで河原を歩き流木を探しますが、枝振りが良く
ありません。また、60cm水槽に戻しましたが、異型水槽の為、奥行があ
りませんから左右に広がる様な細く何本も枝が出ている物がイメージ的
に合います。

流木が決まらないと水草や配置が決めにくいのですが、イメージとして
は以下の通りです。

中央に流木を置き、石にウイローモスを活着させ前景から中景に配置し
ます。この時、石のサイズも考えなくてはバランスをくずします。水槽
のサイズに対し少し小さいかと思える物を幾つか用意するつもりです。
ウイローモスを活着させると一回り半位大きくなります。

中景側面から後景にニラのようなスペルスや有茎草を植栽するつもりで
す。

但し、このレイアウトの場合、バランスを崩すと情け無いレイアウトに
なりますので、メンテナンスにも注意が必要になってきます。

器の準備はできましたので、骨格である流木が良くなければ全体のバラ
ンスが崩れてしまいます。

焦らずに気に入った流木を探してみます。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

60cm水槽の初期経過

 【12//2007】

水量が以前の小型水槽に比べて圧倒的に多い為、1日経過しましたら安
定していました。バクテリアも急速に増えている様です。

昨晩、左側に排水パイプ、右側に吸水パイプとなっていましたが、吸水
パイプも左側に寄せました。シャワーパイプの長さが足りませんので、
週末に足します。

水槽がワイドになった分、魚が当初戸惑っていましたが、昨晩には左右
に群泳していました。

水量が多いと水質や水温の変化が少なくなりますので換水も2週間に1回
のペースに変更できそうです。

当家では水槽サイズは、このサイズが限界です。妻も、この棚の中であ
れば取りあえず黙認です。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水槽のワイド化

 【10//2007】

水槽のワイド化をしました。

まず、ホームセンターで450×900mmのコンパネを購入します。この後、
熱帯魚ショップで水槽を購入します。当初考えていたコトブキのLOW水槽
がありません。代りにコトブキ600SSと言うW610×D200×H300mmの水槽が
ありました。水槽のみと、照明器具、リフトパーツ、外掛フィルター、
ガラス蓋が付いた物がありましたが、パーツ付きの方がかなりお得で
す。外掛フィルターはサブフィルターとしても使えます。水槽は決定で
す。

でも通常の規格外の水槽ですから、異型水槽には変わりがありません。

コトブキ水槽


次に外部フィルターを下段に設置移動させますのでホース3m巻きとエル
ボパイプとシャワーパイプを追加の為、1本購入します。ホースはエーハ
イムのオリジナルが1180円でコトブキ・ブランドが同じ3m巻きで780円で
した。両方共、透過性の緑色をしています。違いはエーハイム・ブラン
ドはホースの肉厚が薄く硬いのに反し、コトブキ・ブランドは肉厚があ
り軟らかくなっています。必然的にコトブキ・ブランドはパイプ口径が
大きくなります。パイプ口径が大きいと取回しで不利になります。パイ
プが細いに越した事はありません。

後、バックスクリーンを購入して家に戻ります。大抵、私は黒にしかし
ませんが、今のバック・スクリーンはほとんど表裏が青と黒荷なってい
ます。

まず、水槽の水を在る程度バケツに抜いて外部濾過を棚から降ろしま
す。棚の板を10cm下にずらします。予定より水槽の高さが在りますので
調整です。次にコンパネのよすみを斜めにカットしてパイプに干渉しな
い様にした上で棚に曳きます。外部濾過は棚の下に設置する為、外部濾
過の吸水・排水口の向きを調整して設置します。これからが本番です。

バケツにサーモとエアストーンを入れてエアレーションと温度調整をし
魚をそのバケツの中に移します。極力、水槽の飼育水をバケツに移し水
草もバケツに浮せます。ヘヤグラスはバラバラになりますから、束ねて
縛り付けてからバケツに入れます。

さて、次は底砂の大磯の洗浄です。かなり汚れていますので水道水でバ
ケツに移しガンガン洗います。バクテリアも流してしまいますが今回は
我慢です。最後にカルキ抜き剤を混ぜた水道水で洗います。新しい水槽
は水道水で洗ってから良く拭き取り、バックスクリーンをセロテープで
背面に固定します。底砂を新しい水槽に移します。足りませんので過去
使っていた底砂をバケツでよく洗った上で追加します。水槽を棚に移動
させ、底砂をならした上で、ヒーター、パイプ類、エアストーンを設置
します。

やっと飼育水を移せます。バケツからヘヤグラスの植栽が確認するのに
必要な程度、飼育水を移しヒーターと外部濾過を稼働させます。確認が
できたらバケツから極力飼育水を移した上で、徐々に魚を移します。し
ばらく20分程度様子を見ます。次にカルキ抜きをした水を水槽を徐々に
入れます。飼育水の1/5の量の水をたし10分待ちます。これを繰返し水を
満します。手間がかかりますが、水槽全体を水合わせする様に少しづつ
足さなくては魚がphショックを起こしかねません。最後にZICRAをたして
蓋をした上で様子を見ます。

さて、夕方の写真ですのでであまり良くありませんがいかがでしょう
か?バック・スクリーンと水槽のガラスの間に水を入れてしまって、変
な水泡の浮が出ていますが乾けばわからなくなります。ワイドになった
分見栄えは良くなっています。今回は、既存の水草を移植したのみです
のであまり派手にはなりませんが、徐々に変更していきます。


ワイド水槽1 ワイド水槽2




気をつける点は、奥行きは以前の小型水槽より弱冠狭くなっている分、
奥行きを感じさせるレイアウトを考える必要があります。

やはり、コーナーがない水槽はすっきりして良いですねー



Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 異型水槽

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る