2008 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2008 08

サイド・オーバーフロー・システムの検討3

 【31//2008】

加工が難しいと思っていた逆流防止弁に関して、1つの案が浮かびました。

ホースの倍程のケースの中に軽量のボールを入れます。ロートの受け側
を合わせた様な独楽に似た形になります。通常はポンプから送られる飼
育水はメイン水槽からサブ水槽へ上昇しますので、逆流防止弁内の上部
パイプ側で水流の妨げにならない場所に、目の荒いネットを固定します
これはボールが水流で、上部パイプを塞がない様にする為です。

ポンプが停止すると、サブ水槽から飼育水が逆流してきますが、逆流防
止弁内のボールは上部からの水流により下部パイプに密着して逆流を止
めます。注意する点はボールの材質と表面の仕上げです。軽量で表面は
ゴム状の弾力がある物がベストでしょう。

これは樹脂製のボールに車の窓モールの補習に使う液状ゴムが使えるの
ではないかと思っています。この補習剤は乾くと黒いゴムになります。

また、ケースは出来ればメンテナンス出来る様に開閉することが出来れ
ばベストです。

ケースにつきましては塩ビの水道管様パイプにパイプ径を大口径から小
口径にダウンサイズ出来る継手がありますので、これを利用することが
できると考えています。
素材をホームセンターで確認の上、形状は別途絵にします。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

サイド・オーバーフロー・システムの検討2

 【29//2008】

サイド・オーバーフロー・システムについて、まだ以下の検討課題があ
ります。

1.停電になった場合、サブ水槽からフローBOXに流れる飼育水はサブ水
槽側のU字パイプの穴を下回るとU字パイプにエアが入ることによりフ
ローBOXへの排出を停止します。

しかし、夏場の暑さによる飼育水の気化で水位が低下してもエアを吸込
み、U字パイプの排水は止まります。こうなると最悪です。メイン水槽
からの飼育水の吸上げは継続しますから、サブ水槽からは飼育水が溢れ
てしまいます。フロート・スイッチにより、ポンプの電源を切る等の対
策が必要です。構造をどうするかです。

2.U字パイプにエアが入ることにより排出を停止した後、ポンプの電源
が入った後スムーズに必ずオーバーフローし出すのかは不明です。ポン
プの吸上げ能力とU字パイプの口径のバランスになりそうです。ポンプ
にパワーがありすぎても良くない様です。選定に悩みそうです。

3.ポンプが停止した場合、極力逆流してサブ水槽の飼育水がメイン水槽
に戻らない様にする為、シャワーパイプは水槽下部に設置する事は避け
た方が良さそうです。サブ水槽の水位が下がると水面にシャワーパイプ
が出る様にするか逆流防止弁を検討した方が良さそうです。逆流防止弁
は自作する事は難しいかも知れません。

このサイド・オーバーフロー・システムは通常のオーバーフロー水槽の
システムと比べ微妙な調整が必要そうです。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

暑いけれど風情があるな~

 【28//2008】

先週、隣接する別の市の裏街を歩きました。

自販機
安っ!!最近この様な低価格自販機をよくみます。

銭湯1 銭湯2
やはり銭湯がありました、この他、2か所位みました。

祭りの準備
ふと、見ると神輿の準備をしていました。あまり近くで撮るのも気が引けて脇から写しました。

お寺1 お寺2
ちゃんとお寺もあります。私が住んでいる街や周りの市も、お寺や神社が多くあります。被写体には
困らないようです。

でも、この様な写真は、やっぱり銀鉛フィルムカメラの方が良さそうです。またゆっくり撮りましょうか。





Category: コンパクト・デジタルカメラ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : カメラ お寺 神輿

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

サイド・オーバーフロー・システムの検討1

 【27//2008】

熱対策のためのファンの拡大設置と、水質劣化を抑制することから、サイド・オーバーフロー・システム
について本格的に検討しだしました。実質は飼育水槽がもう1つ増えることになります。

まず、システムの概要です。

サイドオーバーフローシステム
このシステムの考え方ということで見てください。メイン水槽(異型60cm水槽)は外部濾過を使い濾過
をしていますが、それら機材の表示は割愛しています。

引っかけ式のワンタッチフィルターを改造したサイフォンBOXに、塩ビパイプでU字型にしたパイプでサ
ブ水槽(36cm水槽)とを結びます。サイフォンBOXには事前に呼び水を入れておきます。メイン水槽の
飼育水をポンプでサブ水槽に吸い上げます。メイン水槽の飼育水はサブ水槽内のシャワーパイプを通
じて排出されます。水位が上昇するとサイフォンBOXよりメイン水槽の方が水位が上昇し、サイフォン
の原理によりサブ水槽内の飼育水は、サイフォンBOX内に吸い込まれます。BOX内の仕切りを越える
と、飼育水は、メイン水槽に落下します。

U字パイプの頂点からサブ水槽内のシャワーパイプをエアフォースを使い結びます。察しの良い方はご
理解されているかと思いますが、このシステムではU字パイプ内にエアが入ってしまうと吸い上がらな
くなります。そのため、ポンプの水流を使いエアを流すためにこのような接続をしています。

問題になるのは、電気が止まった時のことです。サイフォンの原理で吸い続けられてしまうと、メイン
水槽内に水が多く流れ込み最悪、大洪水です。それを防ぐ為に、U字パイプのサブ水槽側の下に、穴
をあけておきます。一定水位を下回った場合、この穴からエアがパイプ内に入り込み、サイフォンの原
理は停止します。

但し、ポンプの動作が停止した時には、ポンプ側のパイプ内の飼育水がメイン水槽に逆流することも
考えられます。逆流防止弁も考える必要もありそうです。また、ポンプの流量にU字パイプ径が追従で
きる太さがなくてはサブ水槽がオーバーフローする事もありますので、U字パイプは塩ビパイプを使用
することになってきます。ポンプの流量はこのシステムでは最重要になってきますので、よく検討する
必要があります。


◆  続きを読む  ◆

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ サイド・オーバーフロー

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

感じる事、考えている事

 【23//2008】

最近、バタバタして、なかなかBlogUp出来ません。ホームページ側もメ
ンテナンスしなくてはいけないのですが手を入れる時間が調整出来ない
状態です|||(-_-;)||||||

今回は、雑記的になってしまいますが、ご了承下さい。

さて、先々週の休みには、SONYα350で街を撮りましたが、先週末はCA
SIO EXILIM EZ-1080でスナップです。足を隣りの街に延ばしました。

祭りの神輿を準備していたり、銭湯を見つけたりと発見がありました。

関東も梅雨明けし、本日は暦の上では大暑です。さらに暑い日が続く夏
の幕開けです。なのに私は今日と明日は関東より暑い大阪出張です。

気になるのは水槽の水温上昇です。一日で水位が1cm下がります。昨晩
、給水しておきましたが戻ったら、どうなっているのやら。水質劣化も
気になります。ファンを増設させる必要がありそうです。現在の小型フ
ァンでは限界が来ているようです。しかし、設置場所が問題になってき
ます。(>_<)

一つ考えがあります。現在未使用で棚の上に放置してある小型水槽を今
の60cm水槽とジョイントして、水量を増やすことにより水質の安定化と
ファンを移動をさせる事です。

これを実現させるには、60cm水槽の飼育水を汲上げるポンプと小型水槽
のオワバーフロー化が必要です。小型水槽は底が樹脂製ですから加工を
しようと思えばできそうですが、用途が限られてしまいます。

そのことから、サイド・オーバーフロー方式を検討しています。引っ掛
け式の濾過装置を改造して使おうと思っていますがポンプはパワーがあ
るものにしなくてはなりません。仕組みが複雑にならないように頭を捻
っていますが複雑になってしまいそうです。考え方として、小型水槽が
一つの外部濾過として機能させる事が目標です。
濾過装置が水槽より低い位置にあれば飼育水は落下しやすくなりますが
、強制的に下にある60cm水槽の飼育水を吸上げて小型水槽に送込み、そ
の同量の飼育水をまた60cm水槽に戻す必要があります。流量を注意しな
くてはなりません。電気が落ちた時、飼育水の循環を完全にロックさせ
る事も考える必要があります。負圧で小型水槽の飼育水が60cm水槽に送
込まれて床が水浸し、では大変なことになります。

今年の夏中にできるのでしょうか…(-_-;)

Category: 未分類

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

散歩とデジタル一眼レフ

 【21//2008】

先週末にSONYα350を片手に、街中を久々に撮りました。写した何点かをご紹介。

花
町のわき道に入ると小さな川があります。そのわきに綺麗な花が咲いていました。

薬屋
このときはお休みでした。昔ながら、といった建物に惹かれてパチリ。

蔵
ナマコ壁の蔵もまだあります。

狛犬
神社の狛犬です。暑い日でしたが、涼しげに見えました。


先週の水槽 ラスボラ・ヘテルモルファのアップ
せっかくですから、水槽と、ラスボラ・ヘテルモルファの写真も写しました。しかし、何で一眼レフですと
こんなに水槽を移すのが難しいのでしょうか。





Category: デジタル一眼レフ

Theme: カメラ

Genre: 趣味・実用

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

光と水温とCO2

 【16//2008】

水温の上昇と網蓋による照度の低下により、水草の成長スピードはリシ
アの成長から判断すると1/3に低下しています。シペルスは悲鳴を上げ
ている様で、成長具合が良くありません。

水温は26.3~28.6℃を推移しています。3日で1.7Lの給水となっていま
す。本格的な夏に向けて自動給水タンクの設置を考えた方が良さそうで
す。

私の水槽では、十分なCO2添加は必要ですが、水温が26.0℃前後で光が
多く当たると、以前の様にリシアが爆発的に増殖する様です。この暑い
時期のおかげで環境の検証が出来ました。

醗酵式CO2は拡散塔の設置により無駄なく飼育水に溶け込んでいる様で
す。プッシュ式CO2添加をする事は一切発生していません。

夏休みは水草の入替えも検討した方が良さそうです。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バタバタ

 【14//2008】

週末は久々にα350 を片手に街のスナップ写真を撮って歩きました。

前回、お寺の牡丹と藤を撮って以来です。フィルムカメラで撮り歩いた
時同様、古さが残る風景を撮り歩きました。その後、こちらも久しぶり
に義父の家に寄り昼酒です。夕方に会合があると言う事で軽く呑みなが
ら、家族のことや世間話。

家に戻り、明日PCを立ち上げれば良いか思い写真の確認をして晩酌では
、酒燗器に氷と水を入れ、冷蔵庫で酒燗器の内容器に入れて冷蔵庫で冷
やしていた神亀を酒燗器に差込みながらいただきました。常温より冷し
た方が旨味がでます。でもお燗に向いたお酒の様です。

さて翌日の午前中、水槽のメンテナンス完了後、先週末依頼したエアコ
ンの取り換え工事に施工業者が来ました。16年使ったエアコンの最後で
す。施工中、妻が冷凍庫の調子が悪いとぼやきます。

エアコンの取り換えが完了後、食事をした上、量販店に冷凍庫を見に行
きました。見るだけといいながら、結局、引出式の冷凍庫を購入しまし
た。上蓋式の方が容量が多いのですが、霜が付きやすい事と消費電力が
大きいことから変更しました。

結局、バタバタしてPCは触れず週末は終わってしまいました。今朝、娘
が今晩、何かを描いて欲しいと言っていたけれど休みの時にして欲しい
ものです。

何故かバタバタしています。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水温の経過と冷却について

 【10//2008】

水槽の先週から水温経過を見ますと、26.0~26.8℃で安定しています。

デジタル水温計の良いところは、最低・最高水温を記録することです。
現在は毎週末の換水時期にメモリをリセットして経過観察をしています
。大体3日で1.5Lの給水をしています。

この時期は、水温の上昇にともない水質の劣化が急速に進みますので、
換水時期前に給水したから換水をしない、と言うことは辞めた方が良い
でしょう。特に注意する点は水温です。30℃を超えるとバクテリアの活
動が急速に低下し、水質劣化を促進させてしまいます。

私の水槽では小型水槽用のファンで事足りていますが、旨く水温低下さ
せれない場合は、ファンのサイズを上げたり数を増やす等の対応が必要
でしょう。

5年ほど前、ペルチェ素子を使いクーラーを作る事も考えましたが、当
時はペルチェ素子も高額で、金額の割に効果が低い事から現在のファン
により気化熱に依る水温低下に行き着いています。

ファンの設置で注意する点が何点かあります。ファンの風を飼育水の水
面に当てることになりますので、さざ波が発生することになります。こ
れはエアレーションをしている事と同じとなります。エアポンプによる
エアレーションはエアストーンから出る泡を使い、飼育水内と水面に波
を発生させる事により酸素を飼育水内に補給します。

この事から、水草水槽で照明点灯時のCO2添加は通常よりも多めに添加
する必要があります。また、角度をつけるなどして、ファンの風が当た
る面を増やすなどされている場合は、水槽内の水流に沿って風が流れる
用にされた方が、水槽内の水流の乱れが発生しにくくなるでしょう。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

お燗はクッキング温度計で

 【09//2008】

20080709082020
お燗用の燗温度計が欲しかったのですがなかなか有りません。ネットで
取り寄せることもできますが、取りあえず実物を見て決めたいと思って
います。

その中、御徒町の多慶屋で手頃なサイズのクッキング温度計を見つけて
購入しました。風情はありませんが切替えにより、温度計にもタイマー
にもなります。水槽の水温計同様にデジタルです。電池はボタン電池の
LR44です。センサーの軸はステンレス製です。

設定温度を超えるとアラームを鳴すことも可能です。計測温度は-50℃
~+300℃です。お酒ではありえない温度です。これで980円です。

購入したのは、考え方を少し変えたからです。“どうせ肴も作るし、焼
物の中身の温度や油温が計れた方が良いではないか“、と。

でも、また妻に『また妻余分な物を買って。お金の無駄使い。』と言わ
れそうですが、これで正確な温度で燗つけが出来ます。

Category: お酒

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

夏の休みは趣味の時間と共に1

 【08//2008】

いつもですと、夏はキャンプですが、今回は、上の娘は高校受験で塾の
夏期講習、息子はサッカーの練習と試合で時間が合いません。

妻は子供の弁とうや食事などもありますので、簡単に動けません。ゴー
ルデン・ウィーク同様、一人、趣味の時間を過ごすことになりそうです


さて、1日はカメラ片手に浅草に足をのぱしても良いかな、と思ってい
ます。意外にゆっくりと街を観てはいません。浅草寺、仲見世、有名店
での飲食と、観光を兼ねて1日ゆっくり歩こうと思っています。妻や子
供には土産も買って。

カメラは今回、一眼レフはSONY α350にしてフィルム・ハーフサイズ・
カメラの、OLYMPAS PEN EE-2をサブ・カメラとして持って行こうと思い
ます。

『サブカメラにフィルム・カメラというのはどうよ』、と言われる方も
みえるかも知れませんが、24枚フィルムで48枚、36枚フィルムで72枚撮
れますから、デジタル一眼レフで撮れる枚数も考えると十分な枚数が撮
れます。

最近のフィルム現像はデジタル化してしまい、鮮やかに焼かれてしまい
ますが、一発勝負の写真撮りは練習しておかなくては、感覚が鈍りそう
です。スナップ写真を多く撮ろうと思っています。

浅草に狙いを付けているのは“神谷バー“に行く事も考えているからで
す。久しぶりに電気ブランやビールを呑みながら、ヌタをつまむのもオ
ツナものです。

Category: 下町散策

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

神亀と酒燗器

 【07//2008】

やっと見つけました。”神亀”!!

神亀


埼玉県蓮田の地酒です。埼玉県に住んでいるのになかなか販売店がありません。帰宅途中、御徒町
の吉池で見つけました。お燗が冴える辛口の純米酒です。

神亀札

お燗の付け方まで書いてくれています。一番気に入った言葉は最後に書かれています、

”このお酒は、35歳以上で、人生の機徴がわかるかたにおおすすめします。”

粋な言葉ではないですか。

さてビンの横に写っているものを気にされている方も見えるかと思いますが、これも探していました酒燗器です。黒結晶酒燗器です。

黒結晶酒燗器1 黒結晶酒燗器2 黒結晶酒燗器3

外側の器の中に熱湯を6割ほど入れて、中にはいる徳利にお酒を入れた上で合体させます。あとはし
ばし、待ってお気に入りの温度になるのを待ってから呑みます。燗温計がまだ手に入っていませんの
ではっきりとした温度が分かりませんが、使えないことはありません。また、お湯の代わりに、氷と冷水を入れれば、お酒を冷やすことも可能です。

日本酒好きにはもってこいの道具です。お燗は電子レンジで”チン”というのだけでは風情がありませ
んからね。

妻からは、「またそんなものを買ってきて」と言われていますが・・・


Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : お酒 日本酒 酒燗器

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

拡散塔システムの効果3

 【06//2008】

飼育水の水温が30度を突破している日が合ったようです。昨日の可能性が高いです。
水温計

これはいくらなんでもまずいでしょうと、小型水槽用のですがとりあえずファインを回しました。

小型ファン

奥の儀にるのものがファンです。現状28.5℃を維持されています。

網蓋水槽

日中で乱反射していますので見ずらいですが、リシアは順調に育っています。拡散塔が効いているよ
うです。今朝のメンテナンス時に醗酵式CO2のボトルを見ましたが、気温の上下が続いたためか、死
にかかっています。

中の水溶液を捨てて、お湯400ccとドライイーストを小さじ2杯分添加しました。この暑さですから醗酵
は順調に進みCO2の噴出が始まりました。

拡散塔があるため、CO2もあまり無駄なく飼育水に溶解してくれるはずです。しばらく様子見です。




Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 拡散塔 醗酵式CO2

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

拡散塔システムの効果2

 【05//2008】

拡散塔を設置した所をアップしていませんでしたのでご紹介します。

拡散塔1

ちょっとわかりずらいのですが奥に見える緑色の円筒形の物が拡散塔です。


拡散塔2 拡散塔3

右の写真でお分かりになるかと思いますが、醗酵式CO2を受けれるようにイブキ・エアストーンの真上
に拡散塔を設置しています。

このプッシュ式ボンベの難点は、やはりいくらか空気が混じっているのか、拡散塔内にエアが残ること
があります。確認し次第、抜く必要が発生します。

リシアの繁殖状況は明日アップさせていただきます。

Category: 熱帯魚飼育

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

拡散塔システムの効果1

 【04//2008】

数日前から導入しています、拡散塔システムは醗酵式CO2添加の補助シ
ステムとして効果が出ている様です。

リシアの成長の速度が上がり出しました。分かりやすい浮き草です。私
の水槽ではミナミヌマエビとリシアの状態が水質調整のバロメーターと
なります。

エビは水質汚染に敏感です。昔からエビが住めない水質には魚は住めな
いと言われます。しかし、水温の上下には強く、ミナミヌマエビは給餌
や状態により固体色も変化します。リシアは豊富な光とCO2、バクテリ
アが魚の糞等を分解した亜硝酸など水草にとっての餌により繁殖します


醗酵式CO2を拡散塔でキャッチして溶解率を上げて、夜、帰宅してから
点灯内に溶解できるプッシュ式ボンベからCO2を拡散塔内に添加をして
います。

帰宅が照明器具の点灯時間内より遅くなる場合は、もちろん添加しませ
ん。その為、添加にはムラがあります。

今朝は早くの出勤で写真を撮れていません。明日も出勤となりますので
、日曜日に経過を掲載します。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 拡散塔 リシア

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

醗酵式CO2添加の補助システム

 【02//2008】

20080702081216
気温の高低差により醗酵式CO2添加が旨く稼働していないようです。そ
こで、過去に使用していましたテトラ社のプッシュ式CO2を水槽に導入
しました。

まず、拡散塔を醗酵式CO2添加用のイブキ・エアストーン上に設置して
プッシュ式ボンベから拡散塔内をCO2で満たします。醗酵式CO2添加が
旨く稼働すれば拡散塔内は醗酵式CO2で満たされて、自然に飼育水と完
全に溶け込みます。

醗酵CO2を拡散塔に直付けしていないのは爆発的に醗酵した場合、一気
に下部よりCO2が噴出してしまうことから、エアストーンで小出しにし
ています。

このテトラ社のシステムは5年程前に購入したものです。拡散塔が欲し
くて購入しています。

タイマー調整等は拡散塔内にCO2が満たされると下から吹き出てしまい
ますから無理です。

照明の点灯は夕方から22:00ですので、私がそれまでに帰宅していれば
ですが、CO2の添加量がすくないと感じた時はプッシュ式ボンベからC
O2を追加することになります。

何とも大雑把なCO2添加ですが、実証テストやこのような補助的に使う
方が現実的のようです。
今回は携帯からの記載の為、写真は1部となりますが、追って経過を記
載します。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 醗酵式CO2

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水槽の網蓋5

 【01//2008】

さてさて、苦労している網蓋の網目拡大です。

網1 網2 網3 網4


こんな感じに、地味にカットをしていきました。後景に当たる場所に関してはカットはしておりません。妻や子供からも「いつまでやるの?」と聞かれましたが「終わるまで」しか言えませんでした。

総トータル作業時間は14時間となりました。疲れました。

とりあえず光はそれなりに届いています。

水景1 水景2 水景3 水景4


リシアが、光の当たり具合が悪くなった事で成長が遅くなっていますがそれなりに伸びています。
お酢も20cc添加してpHを降下させました。

この状況で、どの様に水景が変化していくかです。しばらく様子見です。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 網蓋

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る