2009 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 05

CONTAX TVS ファインダー清掃

 【29//2009】

CNTAX TVSは気に入っているカメラですが、ファインダー内の右上にカビか
埃が付いており外部からは清掃できずに気になっていました。レンジファイン
ダーですから撮影には支障はないのですが気分が悪くなります。

そのため、過去、OLYMPUS PEN EE2やOLYMPUS TRIP35のファインダーも
分解して清掃しています。性分ですからしょうがないと思います。

出張時もホテル内で軍艦部の分解を試みましたが上手くできませんでした。
本日は連休の初日の事もあり、思い切って挑戦です。

CONTAX TVS分解

やっとできました。軍艦部にある3本のビスを外し、全面側から後部に傾斜をつ
けるように引き抜くしかありませんでした。大きめのボタンがシャッターで小さい
方が、ラバー製でシャッター調整ボタンようです。

この変わった抜き方は、

◆  続きを読む  ◆

Category: コンパクト・フィルムカメラ

Theme: カメラ

Genre: 趣味・実用

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

おでんで一杯

 【06//2009】

今回は東京都北区王子の立ちのみです。当ては「おでん」がメインです。

平澤蒲鉾


ここはJR京浜東北線の気k田口改札を出て飛鳥山側に向かうと直ぐに右手に見えます。
もともと、蒲鉾屋さんで王子神谷の商店街内で蒲鉾を津kyって50年との事です。予断で
すがニトリの本社が近くにあるようですが、この辺が本社とは知りませんでした。

さて、お店の入り口には「おでんの」長方形で大きな鍋が置かれており、なかは、狭い
ですね。畳を3畳半ほど縦長に繋げたようなスペースです。朝10時から開いており、お昼
はお値打ちなおでん定食が550円でいただけます。

普通の立ち飲みと同じで、キャッシュ・アンド・デリバリーです。お通しは無料で漬物など
がはじめに出ます。サワーが特化で360円でコップ酒も360円です。2合徳利は500円で
す。私はこちらのほうが良いかも。飲み物も色々揃っています。

おでんも、30円、110円、150円とお手軽な価格でいただけます。近所の方が、結構な量を
購入して持ち帰る場面もありました。とにかく美味なおでんです。ネタも元々蒲鉾屋さんで
すから、なくなりかけると連絡をとり直ぐにネタをスーパーカブに乗って届にこられます。

卵、大根、糸コンニャク。このあたりは110円です。ガンモなどですと150円になります。
本当の駅脇で気軽に呑める点が良いです。

今週、東京に戻るときまで桜は残っているでしょうか。飛鳥山の桜は綺麗ですから、写真撮り
した後に1杯か2杯、「おでん」でヤルのもおつです。

ここの店は古くからありますが、意外と地元以外ですと知らない方も多いみたいです。機会が
あれば、皆さんもおでんを買って花見などいかがでしょうか?







Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : お酒 おでん 王子 立ち飲み

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

札幌版、100円、300円、500円呑み

 【05//2009】

今回の出張でとりあえず長期出張は一旦、途切れて月末の2泊3日に変わります。
最後と言うことで昨晩、再度、すすきのを散策しました。

先週は同僚と1回行きましたが、通例通り土曜日は、お気に入りの金富士で呑み
ました。17:00より始まりますが行くと其の前から結構入っています。地元のお馴染
みさんばかりのようです。

私もよく行くので、前回、会社の同僚と呑んでいるときに聞くと覚えていただいてい
るようです。なかなか来れなくなる旨話しましたが、出張で札幌にきているとは思っ
てもいなかったようです。

昼間、すすきのを散策している中で、金富士からそんなに遠くない場所に、点在して
100円、300円、500円と表示する店を見つけました。

本陣串や 三百円 500BAR

100円の店は串類は100円のようですが生ビールは300円のようです。秋葉原の百飲の
方が安いかも知れません。300円のお店はそれなりに食材にもこだわりながらのようです
。行く価値はありそうです。これらは次回、試してみます。

◆  続きを読む  ◆

Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : お酒 ショットバー 札幌 すすきの

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

赤羽の酒場

 【02//2009】

札幌出張が多く、札幌の大衆酒場の開拓に力を入れていましたが、これではまず
いだろうと、新たに都内で開拓開始をしています。

今回は、3月15日(日)。場所は呑べいの聖地有る赤羽です。赤羽の東口は朝7時
から始まる店が昔からあります。うなぎ・鯉の”まるます家”。立ち飲みの”いこい”。
本当は昼近くでしたので、13時に終わってしまう”いこい”を目指しましたが一杯!!

他に気になっていた店に移動します。

喜多屋
喜多屋です。JR赤羽駅東口を出て立ち呑み屋の”いこい”の前を通過して東京方面
に戻り二筋くらい行き、右を見ると現れます。

この店は基本は立ちのみですが、2回には22席座席もあります。また、売りとしては炭
火焼の焼き鳥を目の前でやりながら、基本は110円商品中心です。腰が痛いからと言
うお父さんも結局太刀のみスタイルに帰ってきます。店内も白くて明るいので、大衆食堂
みたいな色合いです。

味も良いと思います。煮物も豊富で手作りですから、あるときとないときがあります。こ
れは重要ポイントです。酒呑みの聖地はまだまだ廃れることはありません。お酒があま
り飲めない方も、一度雰囲気を味わってください。

大正末期、昭和初頭の店とは趣は違いますが、お店の方々は気さくで良い雰囲気です。


Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 立ち飲み 安価 赤羽

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る