2009 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 01

Libretto L3 PuppyLinuxプロジェクト再始動

 【31//2009】

さて、再度、Libretto L3のPuppy Linuxインストールを再度初めます。前回は無茶なことをして
USB起動させようとしてシステムを破損させていしまい、結局、Windows2000も再インストール
するハメになったことと、CD/RW、の購入をすることとなってしまいました。

当初は、Unetbootinで起動させましたが、CDブートも上手くいかないことから、PuppyLinux日
本版チーム独自でGrub4Dosと言うブートローダーが作り出されましたので、それを使いまず起動
させます。これは走れパピーを参考にして起動させました。

使用感はUnetbootinより軽量です。この後に、前回同様、xorg.configを編集して1280x600
という、特殊な画面サイズに合うように調整します。

Puppy431jp
異形サイズがお分かりいただけますでしょうか。

ただ、これを入れたのは、CDブート出来なかった為ですが、GPartedを使いHDDはLinuxパーテ
ィションとLinux-SWAPパーティションを作りました。再起動をかけると、PuppyLinuxはきちんと
Linux-SWAPパーティションを使います。

これから、徐々にHDD起動出来るように変更し、Librettoは最終Linux機に変更させていきます。



Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ThinkPadをPuppyLinux4.3.1JPに更新

 【28//2009】

厳しく、出張が多かった一年でした。久しぶりにPuppyLinuxの更新を掛けていきます。
バージョンは4.3.1です。

まずThinkPadを更新します。マルチプルCPUタイプのものにするとカーネルの問題から
起動できません。そのため、見た目は変わってもカーネルは今までのスタンダードのもの
を使い更新を掛けます。

起動が格段に早くなりました。4.3.0と比べると、色々不具合修正がされているようです。

pup431
操作性もかなり軽くなっています。こちらの画像はThinkPadの画面からキャプチャした
ものです。困るのは、Libretto L3の方です。CDドライブを使いブートさせようとしても
、エラーが出て起動できません。USBブートはできないタイプですが、GrabDOS4を使い
USBぶーとされている方も見えますので対応してみましたが、ブートマネージャーの時点で
USBに電源がいきません。ここから設定をしなおさなくてはいけないかも知れません。

Libletto L3はWindous2000の搭載タイプです。Windows2000はSP4までいきましたが、
基本サポートは終了しています。早くLinux機二したいのも事実です。手探りですが、対応
策を探すしかありません。Unetbootinであれば可能ですが、意味もなく思い動作となります。
困ったものです。

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る