2009 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 02

水槽のレイアウト変更 リシア縮小

 【28//2010】

大阪出張4日目に入っています。

さて、先週の土日で水槽のレイアウトを弱冠変更をメンテナンスとあわせてしました。

縮小リシア

流木を取り出して、流木にミクロソリュムの活着を何箇所かして、根が目立つところは
ウイローモスで上から巻き込んでいます。リシアや水草も取り出して、低砂の清掃をプ
ロフォースでした後に、今回、リシアは少なくしました。期間あけて流木の根元周りに
溶岩石を置こうと思っています。

とりあえずすっきりしました。ロングフィン・ゼブラダニオも元気です。
ダニオ1

でもよく見ると、新しく入れたダニオは銀色ですが、以前より入れているダニオは金色
をしています。水になじみ安定すると色が変わるようです。

月曜日の朝に給餌したのみで、家族に給餌を依頼しておりません。1週間位でしたら、
水草水槽では問題ありません。過去、何度も実績があります。

さて、週末帰ったときに水槽に変化はあるのでしょうか。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

追加した魚の状況

 【19//2010】

20100119075431
私にしては無理な追加をしてしまったロング・フィン・ゼブラダニオですが、取り合え
ず元気に泳いでいます。今週末はリシアの締め直しも在りますが、リシアストーンの下
にミナミヌマエビの糞がかなり蓄積していますので、大幅に低砂も洗浄する必要が在ります。

来週は大阪出張ですが、一週間出張を隔週で続く事になってしまいました。途中経過
が見れませんので、しっかりとメンテナンスをしておく必要が在ります。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

魚と水草の追加

 【19//2010】

最近、水槽ネタを書いていませんでしたので、そろそろ。

相変わらず、リシアは順調に育っていますが、今週末には巻き直しの時期です。先週は
、週中にCO2ボンベが空になり、久しぶりに土曜日にショップに行きました。

相変わらず混んでいます。水草の棚を見るとシペルスが結構入荷しています。魚はとい
うと、ラスボラ・ヘテルモルファは在りませんでしたが、前回、来た時になかったロン
グフィン・ゼブラ・ダニオは有りました。

CO2ボンベを2本、ロング・フィン・ゼブラ・ダニオは5匹とシペルスは1ポットを購入し
て歩きながら、『しまった…』と思いました。換水していません。通常、私は魚を追
加する場合、前日に換水してからしかしません。家の水槽にいる魚は、水質が悪化し
ていても、ゆっくりと馴染んでいますが、購入して来た魚は、水合わせをしても酷です。

ゼブラ・ダニオの生命力にかけますか。帰宅早々、水合わせをしながらシペルスを植哉
します。取り合えず、問題なさそうです。翌日、用事が在り15:30より換水しました。

魚全体の動きが元気になりました。でも、リシアストーンの下に見える、ミナミヌマ
エビの糞を見ると、リシアの締め直し同様に低砂の洗浄の必要性を感じています。来
週は一仕事です。

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Puppy Linux 4.3.1STD JPのHDDインストール

 【11//2010】

何とかLibretto L3のHDDにフルインストールして起動させようとWebでサ
ーチしていましたが、なかなか見つかりません。以前、MBRに入れて失敗し
てしまいましたが、再度、PLoP Boot Managerを使ってFDD起動させよう
と手を入れました。まず、ファイルをPLoP Boot Manager(USBブート非
対応PC用起動ディスク)より落とした上でFD用.imgをFDに入れてFDboot
させます。

以前、USBにPuppy Linuxを入れておきましたがUSBを認識しません。駄目で
す。諦めて、再起動をかけると”No System Fail”の表示です。

『まただ・・・』

Windows2000/XP 緊急修復ディスク(ERD)を使って起動かけようとする
と”NO HAL.DLL”です。

『まただ・・・』 どうも、Libretto L3とLoP Boot Managerは相性が悪そ
うです。

繰り返しです。しょうがなく、リカバリディスクを入れても治りません。どうや
ら、Libretto L3のリカバリ
ディスクはHDDをフォーマットしないです。しょうがなく、WindowsXPのディ
スクを使い、SetUpにした上、HDDを一旦、完全にフォーマットさせて、フィル
データをコピーした後の再起動で強制シャットダウン。その上で、再度、Libretto
L3のリカバリをかけます。

カードバスのメーカー標準のCD/RWとFDDは中古で購入していますので大活躍で
す。さてここで、CDDでPuppy Linux4.3.1STD JPのディスクを入れます。
"Puppy431JP-sfs3.sfs"がないぞ!!と怒られられます。

発想を変えて、一旦、Windows2000を起動して、7-ZIPをダウンロードした上で、
Puppy431JP-sfs3.sfsのISOファイルを展開させて、sfsファイルをCドライブに
コピーしました。

その上で、Puppy LinuxをCDブートします。『読み込みました!』無事起動です。
なんだーっ。Cのルートに入れるだけで認識をするのでした。

さてさて、Puppyユニバーサルインストーラを起動して、HDDにインストール開始
です。HDDはGPaertedを使って分割します。取り合えす。意かのとおりにしまし
た。

パーティション

◆  続きを読む  ◆

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る