2010 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 01

自転車のハンドル調整

 【26//2010】

折りたたみ自転車に乗り出すと、シートポストを調整してもハンドルの位置が
悪すぎます。シートの高さは良く片足はペダルを上部に挙げて膝を曲げて、反
対側の伸ばした足が一直線になるように調整します。

そうするともちろん止まると片足もつま先立ちできるかできないかになりますが、
止まる時はシートとハンドルの間に降りれば良いわけです。

この自転車の場合、ハンドルステムが分離していませんので、ハンドルポストの
上部をカットすることにしました。

ハンドル1
先ずハンドルをはずします。ケーブルも取り付けたまま、ぶら下げています。


ハンドル2
左はパイプカッターで右が980円の中古で”サイクリー”で購入したステム。パイプカッタ
ーは、水槽で使うパイプをカットするためい過去に購入していました。まてよ。これ鋼管の
カットは刃が対応していないけど、やるか。と、いうことで無謀にも、無理にカットしまし
た。

◆  続きを読む  ◆

Category: 自転車

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アルコールストーブ作製

 【19//2010】

今回は自転車ではなくアルコールストーブの自作です。ストーブというと、日本では
暖をとる物と思っていますが、海外ではキャンプなどでご飯を作ったりするコンロも
ストーブと言います。

今回作製したものは、アメリカのバックパッカーには”ペプシストーブ”と言われ結構古
くから良く自作されているものです。アルミ缶を使って自作しますので、エコですし軽
いという利点があります。

アルコールというと、小学校などの理科の実験で使ったアルコールランプを思い浮かべ
られる方も多いかと思いますが、作り方や燃焼方法を工夫すると火力がアップします。

今回私はコーラのアルミ缶を使って作りました。缶は2本必要です。

アルコールストーブ1
これは、コカコーラの500ml缶ですが、350ml缶で問題ありません。今回のストーブは副室
を設けて、アルコールを気化させながら燃焼させるタイプです。

アルコールストーブ2 アルコールストーブ3 アルコールストーブ4アルコールストーブ5
先ず、ストーブのジェット孔と開口部を作ります。アルミ缶の底です。このサイズによって
プレヒートから本燃焼までの時間が左右されます。大きいと本燃焼まで時間はかかりません
が、燃料も早く燃焼してしまいます。

先ず100均で売られている刃先がついたコンパスを使い、紙に55mmの円を書いて切り抜きま
す。缶底のくぼんだ内径です。これを折って線を引きます。頂点が16か所です。これを缶底に
あてて、油性ペンで缶に印をつけます。缶底の外側に印を再度つけて画鋲で穴をあけます。画
鋲ですと、1.25mm程の穴が開きます。穴の外側と内側のバリは後ほど削ります。

開口部は28mmとして、27mmの円を、先ほどのコンパスで削ります。27mmとしたのは後ほ
どバリ取りを考えてのサイズです。

アルコールストーブ6 アルコールストーブ7 アルコールストーブ8 アルコールストーブ9
見て頂くとわかるように、ガスコンロのバーナーの形状になっています。さて、次はストーブ
の高さをカットします。今回は30mmに辞書の厚さ30mmにカッター場を挟み切りましたが、
後ほど、これよりも、線を引いてサイズより大きいところに刃を入れて、板金挟みで林檎の皮
を剥くように切ったほうがきれいにできることがわかりました。

◆  続きを読む  ◆

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自転車のレストア

 【11//2010】

この数週間、PCがクラッシュしてBlogUPできませんでした。
原因はグラフィックボード用のドライバが壊れていたようで、これがトリガーにな
って起動しなかったようです。

さて、この10月から、あまり使っていなかった折りたたみ自転車をレストアしだし
ました。しばらくその記録から始めます。

磨きだしをしましたが、タイヤにクラックが入っていました。近くの自転車屋に行
くと、前後タイヤのみでチューブ交換なしで7000円といわれました。20インチの
自電車でそれは払えないと、さっそくホームセンターにタイヤを購入してきました。

自転車6 自転車7

分かりずらいですがクラックがいたるところに入っています。

自転車3 自転車4 自転車5

こんな感じの、小型自電車です。

自転車8 自転車9 自転車10 自転車11 自転車12

自転車をひっくり返して、意外と簡単に交換しました。チューブは全然問題ありません
でした。が、タイヤ交換している時、フェンダーにクラックが入っていることがわかり
ました。次回はその交換と、フレームの塗装です。


Category: 自転車

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る