2014 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 06

マウントアダプターの許容範囲

 【22//2014】

マウントアダプターを手にしてから、あれこれ試行錯誤しています。マウントアダプターに補正レンズが付いていますので無限遠は出ますが、思った以上に暗くなります。

まだ、夜、帰宅してから屋内で試撮しているだけで分からない事もありますが、ISOはあげた方が良いと言うことははっきりしました。そうしないとシャッター速度を極端に落とさなくてはなりません。

かと言って、あまりISOを上げると画質が荒くなるばかりです。レンズごとに明るく撮る為のテストをして行くしかなさそうです。



私は、フィルムカメラの中でNikon F60Dで使うSIGMA 28-80mmD MACROもα350にマウントアダプターを介して装着可能でした。300mmのレンズも有りますので、これも装着可能と言うことです。なぜこんなことを言っているのかと言うと、NikonF PhotomicのNikkorレンズをF60Dに装着しようとしてもマウントが合わないからです。NikonFから何台あとからマウントが変わってあるのです。

今回、手に入れたマウントアダプターは電子制御用の失点も無いことからFマウント全てに合う様に切り欠いて有る様です。

こちらも、当然暗く成りますのでテストしながら明るく撮る方法を探すしか有りません。

Category: アナログ一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

マウントアダプター

 【21//2014】

以前からα350にNikonFのレンズを装着出来ないかと思い、マウントアダプターが楽天市場で出ていましたので購入しました。



SONYとNikonのキャップがそれぞれ装着されています。



Nikkorの50mm標準レンズをα350に装着した状態です。

フランジバック補正レンズレンズで無限遠に対応していることから、焦点距離は約1.5倍程度拡大。また、画質が幾らか低下し、絞りが約0.5~1段暗くなっています。広角レンズでケラレが発生する様ですので、確認が必要です。



マウントアダプターのNikkor側です。



暗く写ってしまいましたが、α側です。補正レンズが付いています。これにより、無限遠が出る様になっている様です。



Tokina TELE-ZOOM 90-230mmを装着した状態です。

α350の本体側はマニュアル設定にしなくては「レンズが装着されていませんのでシャッターが切れません」と表示され反応しません。AFも使えませんのでフルマニュアル状態です。

それでも、Nikkorレンズをα350に装着できる価値は高いです。設定や撮り方を検討する必要はあります。特に暗くなる点ですね。補正して撮ることをしなくてはなりませんので、程度を把握する必要があります。

Category: アナログ一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

CAN COOLING BOX

 【18//2014】

今朝はコーヒーをペーパードリップで淹れて飲んでから、ホットサンドを作って、やっぱりパンと合うビールを飲もうと思いましたがビールは冷やしていませんでした。

そこで、今回は購入して未使用でした、CAN COOLING BOXの「COOL」の試用です。



構造はいたって簡単です。中に缶を入れて、その缶サイズに合わせて白いスペーサーをかまし、缶の上に氷を入れて透明の蓋をしてハンドルを90秒位回すというものです。



さてと触ると驚きの冷え方です。



プルトップを開けてビールを飲むと、キンキンに冷えています。冷やし忘れた時に使えます。

本当に、パンとビールは合うなーっ!美味い‼︎

Category: バーベキュー・キャンプ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

NikonFマウント Tokina TELE-ZOOM 90-230mmカビ取り再戦

 【17//2014】

昨晩、秋葉原のヨドバシカメラに再度行きました。過去、フィルムカメラ用の工具が売られていたのが見えなくなっていましたが、ネットで確認すると取り扱っていたからです。

店で聞くと3階のカメラフロアのキャッシャーに向かって右奥に少量有りました。そこで、吸盤オープナーを購入。



マトリョーシカの様に重なっていますが6個の入っており、12種類のレンズサイズに対応しています。カニ目が無いレンズには必須です。



吸盤サイズは上から2番目が合います。まずフィルターを回し取り、レンズサイズが彫り込まれた飾りを吸盤で圧着して回します。年期が入っていますので、ちょっと力が要りました。



フィルターの左横がその苦戦して外したリングです。さてレンズ外しですが、タコ棒が無いので、本体ごと逆さにして軽く降りますと、ゴトッと合わせレンズが出ました。



これをレンズクリーナーで両面を磨き更にメガネ用のクロスで拭きあげます。前玉のは完了した後中を覗くと、中玉にカビが3カ所あります。

ボディをバラすと無限遠の調整が心配でしたので、刷毛の柄にレンズ用のペーパーを2重にし畳み巻いた上で輪ゴムで留めてレンズクリーナーを少し多めに付けてレンズの中心からそっと、拭きあげます。其の後、ペーパーを取り替え、液をつけず再度ゆっくりと拭きあげます。

レンズとフィルターを装着して完了です。

今朝、NikonF Photomicに装着して捜査しましたが、扱いにくいレンズです。重いし、ズームができますがピントを合わせにくいです。同レンズの取扱書は無いのか探す必要があります。でも無いかも…

Category: アナログ一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

NikonFマウント Tokina TELE-ZOOM 90-230mm

 【12//2014】

父の遺品の中にNikonFマウント Tokina TELE-ZOOM 90-230mmが有ります。カメラケースの中では無く、何気無く机の脇にあるのを見つけました。



NikonF Phtomicに装着すると迫力があります。残念ですが、かなりレンズ内部にカビが出ています。



保護フィルターを外し前玉を拭いても光に当てて後玉から覗くと内部がかびていることがよく分かります。

望遠レンズはバラすと焦点のズレが出るのであまり触りたく無いのですが、取り敢えずネジを緩めます。



全面側の小さいネジを緩めました。合計3本。すると、



ストンとカバーが落ちて前玉の接合部が見えました。これが緩みません。あまり無茶して変形させたく無いので、一旦、ネジを締め直して調べ直しです。

何とか復活させたいと思っています。

Category: アナログ一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ホットサンド・プレート

 【11//2014】

実家よりホットサンド・プレートをもらって来ました。以前は、家にもあったのですが、妻が捨てたのか見当たりません。アルミ製の未使用品です。



「エレガントヘルスパン」と時代を感じさせるネーミングがふるっています。未使用品があったのも凄いですが。父親は手頃な物で気に入った物は直ぐに2~3個購入していました。

箱の裏面の『御使用上のご注意』と書かれた内容がウケます。

1.御使用前に一応水洗(洗剤で)してから御使用下さい。
2.アルミニウムは600度で溶解します。普通のコンロはそんな高温にはなりませんが、強火でのカラ焼きはしないで下さい。(弱火にて片面3分位)
3.御使用中に表面に黒味を帯びることがありますが、これは無害な酸化膜ですから心配ありませんが、ナイロンタワシで洗っていただければキレイになります。
4.数回ご使用になると油が浸み込んできます。油は熱湯で洗えばキレイに取れますが、或る程度 油が浸み込んだ方が使い易いのは事実です。
5.御使用後は水洗いして後をふいておしまい下さい。

文章の書き方自体、あまり上手いとは思えませんが、アルミパンを使用したことが無い方にでも或る程度使い方は分かりますね。



まず、良く中性洗剤で洗い軽く水分を拭き取ってから、弱火に、かけながら内側に油をキッチンペーパーですり込みます。キッチンペーパーにはアルミ粉がつきます。

鋳物の鍋と違い、育てることは出来ませんが、使い込んでる方が料理がつきにくくなります。クズ野菜などを炒めると良いのですが有りませんでしたので、とりあえず早々に簡単にある物を使いホットサンドを作ります。

私は休みの時間が取れる朝などは、ペーパードリップでコーヒーを淹れホットサンドを食べるのが好きです。

写真を撮る余裕がありませんでしたので、作る行程の画像は割愛させて頂きます。

食パンが。6枚切りしかありませんでしたので。挟む物を少なくします。通常は8枚切りが良いですね。冷凍庫に入っていました食パンをオーブントースターで2分程度焼きます。焦げ目はつきません。

通常は食パンに具を挟み、焼きあがたった後に食パン2枚を重ねて真ん中でカットしますが、今回は事前にパンを半分に切って見ました。パンの内側にマーガリンを塗ってからからしも少し塗ります。マーガリンを内側に塗るのは、水分をパン側に吸わせないためです。今回はホットサンド・プレートでベーコンを軽く炒めて、パンの上に置き、その上にサニーレタス、ピザ用の溶けるチーズを乗せます。マヨネーズなどかけて良いですが、今回はプレートの慣らしで焦げ付き易いので辞めました。

プレートの内側にマーガリンを塗り、パンの外側もマーガリンをね塗ります。大抵これでもプレートに着くと思います。

案の定、パンが焼き着いたのでヘラで外す羽目に。いつも通り、出来上がってからパンをカットした方が、プレートに着きにくそうです。



出来上がってから、コーヒーをペードリップで淹れて、バナナと一緒に頂きました。美味い!

具はなんでも良いですから、様々なレシピが考えられます。昨晩の残り物でも良いのが素敵です。しばらく使い込まなくては着きやすいですね。

ご馳走様でした。




Category: バーベキュー・キャンプ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

nexus7 をAndroid4.4.2に更新

 【06//2014】

2014/04/28、やっと、nexus7をAndroid4.4.4.2に更新しました。年明け前にAndroid4.4が公開されましたが、あまりWi-Fi接続をしていなかったせいなのか、Android4.3以降、降って来ませんでした。其の為、AndroidSDKとToolKitをPCに入れて強制的にアップデートしました。今回は私のメモ的な物です。

※これらは私流で自己責任の上で対応しております。bootloaderをunlockするとメーカー保証は受けれません。ハード・トラブルで起動しないなど発生した場合でも当方では受け付けません。あくまでも、自己責任の上対応してください。

色々試しましたが、ToolKitでBootLodarを一旦、UnLockしてからAndroidSDKのADBコマンドを使い5つのイメージを手動でFlashする方法をとりました。

まず、AndroidSDKとAndroidのFactryImageの最新版をGoogleのサイトよりPCに入れます。

FactryImageは私の場合、2012年度版のWi-Fi使用ですので、4.4.2 KOT49Hになります。

◼︎確認作業:
1.PCへnexus7用Google USB Driverのインストール。
2.Android SDK adb環境の構築。〈これは、後日、別途、記載します。)
3.nexus7を[開発者オプション]の「USBデバック」にチェックを入れます。
※[設定]-[タブレット情報]-[ビルド番号]と、降りて行き[ビルド番号]を9回ほどタップすると[開発者オプション]が出現します。

4.Toolkitの最新版のインストール及びセットアプ。(後々の事を考えて入れました。後日記載しますが全て英語表記ですので苦手な方はトラブルの元ですので諦めた方が良いかもしれません。)

◼︎手順:1
nexus7のbootloaderのunlockします。bootloaderをunlockするとfactory data resetがかかって出荷状態まで初期化しますので、状況によりPCにバックアップが必要となります。

方法は2つ有ります。

・その1
nexus7とPCをUSBで接続した状態でWindowsからコマンドラインで「adb reboot bootloader」を実行します。そうすると、bootloaderが起動しますので「fastboot oem unlock」を実行します。

ボリュームキーを使って「Yes」にカーソルを合わせて電源ボタンを1回押します。

LOCK STATEがunlocked状態になればbootloaderのアンロックは完了です。

・その2
Toolkitを使用します。セットアップされていれば、Toolkitを起動させてコマンド待ちにします。nexus7の電源ボタン+音量ダウンボタンでfastbootモードにしてPCとケーブルに繋ぎます。あとは、対象のセレクトNOを入力すれば自動でbootloaderのunlockが完了します。

◼︎手順:2
・nexus7をAndroid4.4.2にupdate

PCにダウンロードした「Android 4.4 KitKat Factory Image(KOT49H)」はtgzファイルになっていますので解凍し、中にある「image-nakasi-KOT49H.zip」も解凍します。これらをAndroid SDK内のplatform-toolsに移動します。更に、解凍後にできる「image-nakasi-KOT49H」にbootloader-grouper-4.23.imgを移動します。手動更新時この作業が分からず苦労しました。

nexus7の電源を落とし、電源ボタン+音量アップ・ボタンと音量ダウン・ボタンを同時に押します。これにより、「adb reboot bootloader」が起動します。



音量ボタンを操作しRecovery moadにし電源ボタンを押します。



更に電源ボタンを押すと



ロイド君が倒れて、コーションマークが出ます。次に電源ボタン+音量アップボタンを押してadb moadにします。これがタイミングが微妙で画面が出にくいです。



音量ダウンボタンで「apply upeate from ADB」に合わせてから電源ボタンを押して、adbコマンドの待ち状態にします。PCとnexus7をケーブルで接続し、WindowsのDOS窓を起動します。

SDKを保管するところ迄おりて行き、以下のコマンドを順に打ちます。

1.fastboot flash bootloader bootloader-nakasi-KOT49H.img
2.fastboot flash boot boot.img
3.fastboot flash system system.img
4.fastboot flash recovery recovery.img
5.fastboot flash userdata userdata.img(SDなど外部メモリのデータは消えてしまいますので外しておくのが得策です)

System更新にはかなり時間がかかります。気長に待ちましょう。入力し終わりエラーがなければ、電源ボタンを押し起動するのを待ちましょう。しばらくすると、4色の丸いマークが開閉を繰り返し起動準備に入ります。

無事、起動しましたら、念のために[設定]-[タブレット情報]-[Androidバージョン]とおりて行き、そこを連打!



Kマークが出現! 指で触るとクルクル回ります。更に、Kマークを連打すると、



kitkatマークの出現です。最後に、必ず、bootloaderはlockし直ししてください。unlockのままですと、起動時に鍵が外れた表示がした側に出ます。



お疲れ様でした。




Category: nexus7

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

iPhone4SのiOS7.1.1へのアップデート

 【05//2014】

iPhone4SのOSを7.1.1に、バージョンアップしました。5や5Sの細かい修正が多い様ですが、中にはバッテリーの消費量が大幅改善されたと言う話もあります。

この点は検証してみようと思います。

Category: iPhone

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る