2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

PCの寿命

 【24//2014】

私が使用するSONY VAIO TypeR VGC-50はWindowsXPのHomeEdition搭載でマルチメディアPCとして発売されましたが、もうVAIOブランドはSONYからなくなりWindowsXPもサポートは無くなってしまいました。

CPUあPentiam4ですので、もう数代前の機種となっています。家電含めて電気系統で真っ先に劣化するコンデンサーがそろそろやられて来ている様で起動がうまくいかない時もあります。

自作機は意外と金額が跳ね上がりますので、対象機種として考えられるのはHPやDELと言った汎用パーツを使用して作られているPCです。また、知人に聞くとHPのワークステーションが狙い目とのことです。

たまにあまり使われてい無い中古が破格値で売られているとのことでした。ワークステーションであれば、プロスペックですし耐久性は高いです。

携帯電話の買い替えよりも先行しそうです。

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

iPhoneとiPad2がiOS8.1.1で軽快に⁈

 【18//2014】

iOSが、iOS8.1.1にバージョンアップされました。これにより、iPhone4SとiPad2の動作が軽快になった、との噂が飛んでいます。

調べて見ると、個体差がある様で、「あまり変わらない」、「軽快になった」と実施された方の感想はまちまちで、まだ様子は見た方が良さそうです。

本来は、iPhone4Sには指紋センサーもありませんので、ハードが持ち合わせてい無い機能に関わるソフトはインストールしない様にして欲しい物です。無駄な領域を使い動きが鈍くなるのは当たり前です。

Category: iPhone

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プリンターの入れ替え

 【15//2014】

長年使い込んだEPSONのプリンター PM-790PTもとうとう紙詰まりセンサーの破損から動かなくなり、修理をするより、購入した方が安い時代です。自分で直せない段階で諦めるしかありません。

今回はAmazonでPhotosmarte5521を配送費含めて6447円で購入しました。代引き扱いです。



HPのプリンターは娘のノートPC購入時に購入時に合わせて買ったプリンターが始めてで、2台目です。娘のプリンターは5520だから私のプリンターは後継機となります。この金額でWi-Fi接続も出来ます。iPhoneからもアプリを入れれば直接プリントアウト出来るのも良いですね。

インクは純正品はそれなりしますので、互換インクで評判良い物を探すしかなさそうです。

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

インクが固まったプリンターの修理2

 【11//2014】

プリンター内のインクジェット・チャンバー内のインクは徐々に溶け出している様ですが、肝心の黒が出てきません。そうこうしていると、紙詰まりをしていないのに、紙詰まり表示の解除が出来ず出力も出来なくなりました。

紙詰まりセンサーが故障した様です。こうなると、修理に出すしかありませんが、高額なプリンターでもなく、インクも販売するところも少なくなっていることから替え時なのかもしれません。

思えば、Windows98SEの時代に購入したプリンターです。手入れが良かったのか、かなり持ちました。

時間が無いこともあり、ネットで調べたところ、EPSONやCANONはインクの値段が高く減り方もはやいと、一般的に評判は良くないです。6千円位で手頃な物はないかと調べますと、ヒューレット・パッカードのプリンターが安価で評判は上々です。以下の製品に目を付けました。

HP Photosmart 5521 A4カラー複合機 ( ワイヤレス印刷対応 / 自動両面印刷 / 4色独立 ) CX049C#ABJ-A

HP(ヒューレット・パッカード)のホームページを念の為、見ると掲載されていませんので、どうやら型遅れの様です。別にプリンターに流行りを求めていませんので関係ありません。スペックは、


●スマホとプリンターだけで印刷「ワイヤレスダイレクト」
●HP ePrint、無線LAN、自動両面印刷、スキャン機能、ダイレクトプリントを標準搭載
●スキャン to 電子メールによりPCなしでデータを送付
●2.65インチのカラータッチスクリーン&高さ約14cm、トレイがたためるコンパクトデザイン
●年賀状などはがき印刷の強い味方「宛名職人 プリンタバンドル版」同梱

【プリント機能】
印刷方式 : オンデマンド型サーマル・インクジェット
プリンター言語 : HP PCL 3 GUI
インクシステム : 4色独立インクシステム
インク種類・ノズル : K:顔料系 720ノズル、CMY:染料系 各色672ノズル
給排紙方式 : 前面給排紙
プリント解像度 : 最高4,800×1,200dpi
プリント速度 : ISOモノクロ:約11枚/分、カラー:約82枚/分

【スキャン機能】
センサー : CIS
解像度 : 光学解像度1,200x2,400dpi
階調 : 最大24bit
原稿サイズ : 最大 A4/レター
その他機能 : スキャン to メモリーカード、スキャン to PC、スキャン to 電子メール

【コピー機能】
モノクロ: 標準 約 6.5枚/分、カラー: 標準 約 5.5枚/分
拡大・縮小(任意倍率) : 25%~400%
連続コピー枚数 : 50枚
読取り原稿サイズ : 最大 A4/レター
印刷用紙サイズ : A4、六つ切り、2L判、10x15cm、はがき、L判
その他機能 : 両面コピー(A4のみ)、ドラフトコピー、品質設定、サイズ変更、濃度調整、写真・文字の強調、部数、品質設定 等

【インターフェイス】
USB2.0 High Speed、IEEE 802.11b/g/n

【主な付属品】
インクカートリッジ一式(セットアップ用)、ドライバーCD-ROM、宛名職人プリンターバンドル版CD(Windows版)、USBケーブル、電源コード、サンプル用紙、保証書



充分です。年賀状などのソフトは古いバージョンの筆まめを、使っていますので添付ソフトは不要ですが、スキャナとWi-Fi接続も搭載した複合機で6千円を割ります。土曜日着でオーダーするしかないでね。喪中ハガキが間に合わなくなります。

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

インクが固まったプリンターの修理1

 【09//2014】

今年も終わりに近づきました。今年2月に父がなくなり喪中ハガキを作ろうと、インクジェット用のハガキを購入し、PC、プリンターを起動。永く使っていませんのでプリンターで試しにプリントしようとパターン印刷をしましたがまったく印刷されません。何度かクリーニングをしましたが一向インクは出ません。

しょうがなくインクジェットのチャンバーにアルコールを打ち込もうとプリンターを分解しました。



手間です。考えると昨年末に年賀状のプリントしたくらいで、今年は色々ばたばたしたことから、他に印刷をしていません。過去にないことです。



香水などをアトマイザーアドに移し替える注射器の先に熱帯魚水槽でt飼うエアレーションポンプ用のシリコンチューブを取り付けて、燃料用のアルコールをゆっくりと打ち込みます。チャンバーの下にはコットンの折り曲げて、解けた顔料やアルコールを受けるようにしました。

時間はかかりそうです。テストをしたらマゼンタが途切れて出るくらいです。黒など出ても来ません。じわじわと溶け出すと思いますので毎晩ぱたーむプリントをして確認していくしかなさそうです。喪中ハガキのデザインは作ってありますので来週末には印刷をして投函したいと思います。

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Libretto L5の設定5

 【02//2014】

Frameworkの更新も最後の様です。そろそろWi-Fiカードのどらいばを入れす。手持ちにあるPCMAカードはBuffaloのWLI-PMC-L11Gです。このカードのセキュリティはWEPでしたがドライバの更新でWPA対応も可能です。物が物だけにドライバの更新は2006年で終わっています。



Buffaloの場合エアーステーションのアプリがりますが、入れずにXPのシステムを使用します。

イーサネットケーブルを接続したままドライバをダウンロードして解凍しexeを実行ます。

接続パスワードと自動接続設定をするものの認識はしていますが接続をしません。

Buffaloのサイトに以下の記述がありました。  
_____________________________________

1.サプリカントが必要になります。

【WindowsXPの場合】
 ・Service Pack 1 または1aと
     Wireless Protected Access(WPA)サポート修正プログラムを
適用している必要がありす。なお、WPAサポート修正プログラムは、WindowsUpdateでは適用されませんが、推奨修正プログラムとしてリストアップされます。
______________________________________
全体の修正パッチ更新後に実施する必要もありそうです。とりあえず、修正パッチをかける中で通信モデムカードは認識しました。

SilverlightやWindowsSerchは遅くなりますので対象から外します。

最後に念の為にsfc /scannowをかけてファイルが壊れてい無いか確認します。通常はOSのCDを入れますがHDDにイメージが保管されていますのでその操作入りません。問題なくチェックが終わりました。これによりモデムカードでの通信が安定しました。何か原因はあったようです。

CPUも現代と比べるとかなりショボいので動きはトロく、更新も時間がかかります。と言っても、クロックアップすると、すぐに壊れそうですので無茶は出来ません。

とりあえず、修正パッチも完了しましたので、次回はレジストリを触り出します。どこまで動きを解消できるかです。



Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Libretto L5の設定4

 【02//2014】

修正パッチ をかける時、量があればKingSoft2015で不要ファイルを削除し
エラーチェックとデフラグをかけてから
再度修正パッチを検索と言う様に更新をしていることから時間がかかります。特に、.NET Frameworkはデータ量が大きいことから、解凍してから更新に時間がかかります。

KingSoft2015の不要削除の機能は大きく、修正パッチの解凍後の不要ファイルなども検知して削除してくれる点は良いです。

修正パッチの更新もそろそろ、終盤に差し掛かってきました。起動時にマウスの矢印が隠れていたり、システムが安定するまでまともに矢印が動かなことがありましたが、修正パッチを更新することにより正常化しました。

現時点である問題点は、起動時にWindowsの「Firewallが設定されてません」と表示されますが、確認するときちんと設定されています。

これも修正パッチを更新することで解消できるとは思っていますが…

私は色々触ってきましたが
WindowsXPの高速化は年季が入っていますので、過去の経験を活かしチューニングしていきます。

起動速度が遅いことから、パフォーマンス優先設定としてウィンドウとボタンに視覚設定をしています。これでかなりパフォマンスが上がっています。



Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Libretto L5の設定3

 【01//2014】

いつもですが、PCの設定は楽しいです。最近のタウレットなどは動きがスムーズすぎて面白さに欠けます。

比較的、nexus7の様なAndroidタブレットはSDKもフリーで落とせるのでまだましですが…

Libretto L5はWindowsXP SP2が同梱されておりますが、何かの時はハード内にイメージが保管されており、簡単に復旧は出来ますがSP2です。SP3で修正パッチも同梱し復旧できるディスクを作っておいた方がよさそうです。

修正パッチをインストールしながら感じることは、初めは冷却ファンからキーンと言う高音がが出ていましたが、次第に高音が出なくなってきました。あまりにも耳障りなことから再度バラして冷却ファンのグリスアップをしようと思ったぐらいです 。

Libretto L3に関してはWindows2000が同梱されていますが、当たり前ですが
現時点ではWindows2000の修正パッチは消滅しています。もしかしたら、海外サイトには保管されているかもしれませんがリスクが高すぎますので、Linux機にしようとしています。

Librettoは他に知人よりL1、L2も譲って頂いていますが、まだ触ってはいません。

東芝純正のCDドライブとフロッピードライブも所持しておりますので大抵のことは出来るのが強みです。

今となれば、ロースペック機になりますが、スタンドアローンで個人使用であれば問題はないと思っています。

最新機ばかり使われている方には理解出来無いと思いますが…


Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る