2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

Capillary Hoop Stove Japan Limited演習3

 【28//2015】

アウターとインナー共、全高を36mmとし、クリースの数を16から20に変更して作成してみました。



結果的にクリースの数が16にしてアウターをH40mmにカットした方が未だましでした。これで、分かったことは、アウターは40mmにし、余裕を持たせなくては、無理に押し込み、クリースを潰しやすい様です。

実際、アウターは焼きなめして内側に織り込みインナーのズレをなくす様にするので、仕上がり寸法は全高38mmぐらいと成ります。

また、クリースをつける時に、三角スケールを使用していますが、私の場合は、もっとエッジを出せる、例えば、小型のスチール定規の様なものに変更した方が良いかもしれません。

このストーブを作る場合、クリースが要となますので、良い作成方法を見つけ出さなくてはなりません。

Category: アルコールストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Capillary Hoop Stove Japan Limited演習2の燃焼実験

 【24//2015】

とりあえず、Capillary Hoop Stove Japan Limited2作目。いくらか前作よりは良いですが
まだ、気に食わないところがいくつもあります。

気を取り直して、燃焼テスト。まずは、そのまま10ccほどアルコールを入れてみて、



取りあえず、60点かな・・・

次に、雑誌の付録似合ったミニ焚火台を組み立て、


もう一度、10ccのアルコールを入れて、シェラカップで200ccの水を火にかけます。



4分45秒で完全沸騰。こんなものでしょうか?あまり効率は良くなく、焚火台のチムニー効果の助けもあってのような気もします。

とりあえず、使えないことはないということは確認出来ました。

しかしサイズといい、形といい、横から見るとぐい呑にしか見えないアルコールストーブです。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アルコールストーブと100均スキレットでちゃんちゃん焼き

 【23//2015】

標題が長くなりましたが、「鮭のちゃんちゃん焼き」をトランギア TR-B25で作ってみました。

家のガスコンロやキャンプ用のガスストーブでは100均スキレットでの調理はよくしますが、
アルコールストーブで、100均スキレットを使った調理はしていませんので試しです。

火力は理解しているので問題はない事は分かってはいますが、雰囲気を味わいたく実行。



さて、シェラカップは本当に使い勝手が良いサイズで、タレを合わせます。

『ちゃんちゃん焼きのタレ』

味噌 大匙1 ※今回は醪味噌使用
味醂 大匙1
砂糖 小さじ1/2
日本酒 大匙3
すりニンニク2かけ ※今回はチューブを使用

※日本酒は大匙1にして、シェラカップ内で混ぜ合わせる。最後に蒸し焼きにするときに、
残りの日本酒は回しかけを。



写真がブレましたが、先ずはスキレットを熱して、煙が出たら、バターを投入。



鮭の切り身を投入して、両面わ焼き8割位い火をとうす。



鮭の切り身を一旦、避けて野菜を投入、全部は入らないから、残りは後で野菜だけで焼
きます。



野菜を軽く炒めてから、鮭の切り身を載せて、タレを回しかけます。更に日本酒を投入して、



スキレットで蓋をして、アルコールストーブを消化。



蓄熱調理に切り替えます。鋳物のスキレットであるからこその調理です。その間に、日本
酒のお燗をつけて、



美味しそう! 美味い!



更に残りの野菜とを蒸し焼きにして、甘さがあるので、粗挽き黒胡椒で味を変えて、味噌汁
も。

ゆったりといただきました!






Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ トランギア TR0B25 100均スキレット ちゃんちゃん焼き お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Capillary Hoop Stove Japan Limited 習作2

 【22//2015】

さて、Capillary Hoop Stove Japan Limitedを作り直し。

今回は、アウターを40mm、インナーを36mmで。前回、ピンバイスのドリル歯の0.7mmが破損。無理に抉じたみたいなので、08mmでジェット孔の仕上げ。



塗装の剥離は、慣れからか、15~20分で完了。耐熱接着剤のJBウェルドを使用しないので、アウターを内側に折り曲げる仕様で。



バーナーで炙ってなめしたのですが熱のかけ方が足らないのか、折り曲げが汚くなりました。また、造ればいいや的です。



最終高は38mmになりました。TKTEさんみたいに上手くはいきません。数をこなしてコツを掴むしかありません。ピンバイスの歯の使い方のコツは大枠掴みました。

クリースも今回も16にしているので、次回は18もしくは21分割にしようと思います。分割が大変だなーっ。この辺も慣れですね。

取り敢えず、今回も習作で、こうしたらこうなるという様な確認検討のためにしている様な物です。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ 自作

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大江戸骨董市と燗銅壺

 【21//2015】

昨日は、有楽町の国際フォーラムで骨董市が開催されていましたので行って、見ました。



かなり大々的に開催されており、それぞれ、得意分野があるようで、酒器であれば酒器専門に、コーヒー機器や調理器の専門等、様々で、外国人も多く来られていましたし、好きな方は、そえぞれ睨めっこをしていました。

そんな中、私が気になったのは、



この、燗銅壺です。「かんどうこう」と読みm姿、花見などに使う、携帯の燗、ものです。
つけと炭火で焼き物などをできるようになった物です。

江戸時代の中期以降でしょうか。お燗にしてお酒を飲むことが流行った時代に、焼き物を炙ったり、ちょっとした物を煮たりした様です。

この写真のタイプは、左側が徳利や「ちろり」がいれれます。この時でも「ちろり」がはいっていました。

右側は、炉で炭を入れます。炉の周りはどうで作られており、水槽となっており、炭の熱で水を温めお燗をつけて、脇でつまみがつまみが


なんとも風流ではないでしょうか。大抵、骨董品を探すか、レプリカを探すこととなりますが、今回の物は程度があまり良くなかったので諦めましたが、探してみましょうかね。

Category: お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Capillary Hoop Stove Japan Limited 習作

 【20//2015】

久しぶりにアルミ缶を使用して、アルコールストーブを作ります。

TKTEさんの作られたと言うより、発明したと言った方が良いのでしょうか、Capillary Hoop Stove Japan Limitedを作ってみます。

まず、使用する缶ですが、UCC Coffeeの無糖です。直径53mm缶です。



まず、この缶を開けずにスチールウールでエポキシ塗装を剥離します。スチールウールを広げて、雑巾絞り宜しく、絞り込むように削っていきます。

アルミ缶は柔らかいので、内容物を出さずに剥離作業をした方が良いようです。で、綺麗になりました。



内容物があり状態ですと、快適にスチールウールで塗装が剥離できると分かり、楽しくなりました。時間として、30~40分位かかりましたでしょうか。

さて、次は、開けてコーヒーを飲んで、中も水でよく濯いでから、アウター/インナーの切断箇所、インナーのグリース(折り)とジェット孔の位置を油性マジックで、プロットしていきます。

今回のアルコールストーブは最近手に入れた、雑誌の付録のミニ焚火台向けです。

なんかいまいち、



仕上げが荒いです。



確かに、10秒以内にジェット孔から炎は上がりますが、本燃焼してもトランギア TR-B25同様に炎が赤いのが気にくわない・・・。

不完全燃焼ぽいですね。

何個か作らないと、納得したのもは出来なさそうです。







Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ 自作

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

友人の告別式

 【19//2015】

今日は、いきなり、9/14に他界となった友人の告別式でした。友人といっても私より9つ上の先達の方で、飲み仲間でした。

7月と思っていましたが、6月頃でしょうか。私も血圧治療が落ち着き、7月に都合が良い時に飲みませんか、と、電話をしたら「血圧の上が200を超えちゃってさー」ということでしたので、「治療して落ち着いたら」と話をして時が過ぎていました。

亡くなった、昼過ぎに仲の良いOさんから携帯に「あいつ、亡くなったよ」の連絡でした。

脳梗塞と言うことでしたが、入院して2ヶ月で亡くなったとの事で急な話でした。

昼は、亡くなったUさんを偲んで日本酒で



日本酒は、ぬる燗にしながら、トランギア TR-B25でスルメを炙りながら、チビチビと・・・

歳をとると葬儀が増えてきます。

告別式が終わり、聞くと肝臓の数値も高かったようですが、昨年は福島の清掃にも行かれ、倒れる前に、友人と魚を釣りに行く途中体調を崩し、一旦は助かった様ですが、永くは持たなかった様です。

山登り、魚釣り、海での素潜りと、アウトドアが好きで、旅行もよく行かれていた方で、まさかこんなに早く亡くなるとは誰も考えてもいませんでした。

ご冥福を祈りたいと思います。

Category: お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

トランギア用小型五徳の検討

 【13//2015】

トランギアTR-B25の専用五徳ではシェラカップでは大きすぎます。

今回、雑誌の付録で手に入れた小型焚火ストーブを使えてもありますが、燃焼テストをすると、B25
からシェラカップまで40mm位の距離となりますが、火力アップとともに、燃費も激悪となります。

fc2blog_20150912153901211.jpg

この距離では実用性は落ちるようです。

fc2blog_201509051505210f3.jpg

やはり純正五徳同様の距離位にした方が良いようです。
見直しで色々情報を探して作ってみます。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ トランギア torangia TR-B25 五徳

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

恒例のオイルサーディン

 【12//2015】

昨日の昼は、トランギア TR- B25を使いたかったこともあり、オイルサーディンをアテに軽く家
で飲みました。



五徳に100均のレンジなどで使える網を乗せてからオイルサーディンの缶を乗せましたが、網が
直火で変形しました。火をとろ火にしていたのですがね。



ではと、自作小型ネイチャーストーブで使う網を乗せてから、オイルサーディン缶内の油が爆ぜ
るので、ソロクッカーのトレイに乗せて火にかけました。

この夏季休暇で実家にっ戻っていた時に使っていて洗ったつもりが油が残っていたのでしょうか
、ファイヤー!すごい勢いで炎上。

これは、網の下のセラミックコートしたものの上に、未燃焼のアルコールが溜まった可能性があ
ります。これですね。目の細かいロースターを乗せると、同様な事や、輻射熱で、ばーなーが熱
を持つと、ネットで記載されていました。

考えれば、網を使わず、トレーの上に缶にを乗せれば良かったですね(笑)

おかげでトレーは煤けて一部、青く焼けているところもありました。煤けているのは好きではない
ので、中性洗剤で油を落としてから、ピカールで研磨です。青く焼けているのは、まー良し、とし
ます。

締めは、I.wハーパーのロックで。今回、ソロクッカーのマグでロックを飲みましたが使えます。

ソロクッカーのポットの中は515mlで、マグは280ml。雑誌付録の小型焚火ストーブとB25。コッヘ
ルはソロクッカーのポット中とマグで使えれば良いですが、B25がはいりませんので、シェラカップ
とポット中でB25を抱える形になりそうです。

でも、燃料やコーヒーの粉、ドリッパー、風防は別梱包になりそうです。


Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ トランギア torangia TR-B25 お酒

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

トランギア TR-B25 と雑誌の付録の焚火炉

 【12//2015】

衝動的に付録が欲しくて雑誌を購入しましたがその、付録の焚火ストーブになんとか、トランギア TR-B25を組み込めないか試してみました。



底とロストルを除くとストールの溝にB25の唾を差し込みなんとか入ります。

この位置ですと、B25のトップから五徳のトップまでは40mm位となります。



この組み合わせですと、スノーピークのシェラカップも乗ります。



コーヒーのみを飲む前提ですと、この組み合わせが良さそうです。

ニッピン秋葉原店でスノーピークのトレック900と1400、トランギアのメイスティンを見ましたが、先では購入するでしょうが、今は、それらを使用するかというと、イメージが湧きません。

今ある容器や、器材で、料理の時、コーヒーのみの時とセットを考えたいと思います。

Category: アルコールストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アウトドア雑誌の購入と、小型ネイチャーフトーブ

 【07//2015】

ふと本屋に入り、小型のネイチャーフトーブ付録で、衝動買いしてしまいました。


内容は20歳後半から30歳半ばが対象で、内容も初心者対応で、丁寧に書いているなと感心しながら、本命はこれです。



付録ですが、ColumbiaとSOTOとの合同企画の小型ネイチャーストーブです。組むとこんな感じ。



trangia TR-B25を格納できないかと思っていましたが、無理でした。エスビット、アルコール固形燃料、炭、小枝などが合いそうです。

Category: バーベキュー・キャンプ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

torangia TR-B25使用時のコッヘルのスタッキング

 【06//2015】

私がtorangia TR-B25を使用する場合の使い方がだんだん見えてきました。調理の時と、簡単に
、お湯を沸かして、コーヒーのみの場合の時との、スタッキングを考えてみました。

私が通常使用する コッヘルは、logos ソロツーリングステンレスクッカーです。

fc2blog_2013080422025481e.jpg

ステンレス製を選んだのは耐久性からです。コーヒーを飲む時だけの時に、フルセットを担ぐのは嫌
なので セレクトします。

まず、大鍋は使いませんがケースとしてはあったほうが良さそうです。一番小型の容器は不要で、
スープカップのサイズにTR-B25が丁度入ります。トライアングルグリットⅡはコッヘル内には入りま
せんがしょうがないです。今のところは先日、雑誌の付録で手に入れた小型ネイチャーストーブで
しょうか。

fc2blog_20150912153901211.jpg


アルコール燃料は、そんなに使いませんので、小型の容器を考える必要があります。アロマックス
缶では多すぎですから、うこんの力缶でしょうか。それでも多いような気がします。

スクリューキャップの空き缶が、内容物をきちんと締め込み漏れないので、意外と、使い勝手が良い
気がします。樹脂と比べて、スチール缶ですので強度もありますし。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ トランギア TR-B25 ロゴス ソロツーリングステンレスクッカー スタッキング コーヒー アウトドア

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

trangia トライアングルグリットⅡ用網

 【06//2015】

torangia トライアングルグリットⅡは思ったより良かったのですが、シェラカップクラスのサイズですと五徳内にはまり込んでしまいますので網を100均で見ました。

過去は卓上用で小型の焼き網があったのですが、大型店でも見当たりません。

そこで 、小型の油キリとしました。100均スキレット用に1枚有りますが、追加。シリコンコーティングされている物です。



オーブントースターでも使えますのである程度耐えるとは思いますが。

これで、小径の鍋やカップでも火を当てれます。

コルクの鍋敷きも2個追加しました。TR-B25の下に敷くのと、調理し終わったクッカーや、スキレット予を置く時に使うためです。

通常ですと、折りたたみの小型アルミテーブルを使うので、特に必要はなさそうですが、100均スキレットはかなり高温となりますので念の為。







Category: アルコールストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

trangia TR-B25の燃焼テスト

 【05//2015】

天気が週末になると悪くなる事から、諦めて、家の台所でテストをする事としました。



添加して直
ぐに、バスタブ周りの穴より炎が上がります。炎が青くなっています。



本燃焼に入りだすと炎が赤くなります。空き缶で作るアルコールストーブとは逆です。赤いという事は、不完全燃焼ですからきになります。

とりあえず、スノーピークのシェラカップに200ccの水を入れて、五徳に置きます。



駄目です。五徳内にいシェラカップがはまり込みますので、すとーぶとのきょりがちかすぎます。念の為、沸騰時間を計測すると、6分10秒。距離が近すぎて、酸欠状態となり、熱効率が悪く時間がかかっています。

このサイズ様に、小型の網が必要そうです。

せっかくですから、オイルサーディンを火にかけます。缶詰のサイズも合いませんので、ロゴスのソロステンレスクッカーのスキレットを使用します。

結構火が強いです。火力調整蓋でとろ火にしても勢いは良いです。トライアングルグリットⅡの距離でも問題ないようです。

この、ストーブから鍋までの距離は、火力と燃焼燃料に影響が出ます。大抵、距離を35mm位にすると良いのでしょうが、そうすると、燃料の減少速度も上がるはずです。

それと、火を消す時は、蓋を被せても、以外と簡単に消えませんでした。



火にかけている時の写真はブレブレでしたので今回は省きました。換気扇を全開にしながら火をかけていましたが、それでも弱冠アルコールの匂いはしました。

折角ですので、I.wハーパーでオイルサーディンをいただきます

今回のテストでわかったことは、意外とか力があり使えるということです。100均スキレットや、色々料理もして見なくては分からない事も有りますが、想像以上の性能です。

これ位、火力があるのであれば、つまみを作る時も問題ないです。



Category: アルコールストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アロマックス缶の燃料ボトル

 【01//2015】

アルコール燃料の少量運搬用といて缶コーヒーのアロマックスが使えそうです。容量としては170ml
入っていますので同様の量のアルコールを入れることができます。素材はスチール缶で広口のスクリ
ューキャップとなっています。

様々な方が、この間を使用しカーボンフェルトを入れて、アルコールストーブを作られています。缶の密
閉性も高く、アルコール燃れ用をそのまま入れて運搬されているようです。

そのことからアルコール燃料の170ml運搬容器として使用しようと思います。ただ、塗装そのままは何ですの
で塗装を耐水ペーパーと、スチールたわしで削りました。が、まだ完全ではありません。大変です(汗)。

空き缶を加工して、アルコールストーブを作られている方々の手間が分かります。



キャップの凹凸の塗装剥離は手間です。まだまだ、時間がかかりそうです。剥離剤を使う手もありますが
、ふと思ったのですが、自動車の燃料タンク内の水出し剤が使えないかと
思っています。

週末にテストですね。これが上手くいけば、剥離剤より安価ですし、アルコールストーブの作成も捗ります。




Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ 燃料容器 缶コーヒー容器 アロマックス

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アルコールバーナー用ウインドスクリーン自作

 【01//2015】

トランギアのアルコールストーブTR-B25、五徳のトライアングルグリットⅡ、燃料ボトル500ml
のTR-506005を購入し、あとはウインドスウリーンとなりました。

これは、私が使うコッヘルがロゴスのソロステンレスクッカーですので、100均の揚げ物
アルミカバーでとりあえず、作ります。



この様な物を作りました。二重折りとして、下部にベロを出して五徳で重しとして自立さ
せます。本番では、ウインドスクリーンの上に、直径200mmのコルクの鍋敷きを置いた
上に、トランギアを置くつもりです。

Category: アルコールストーブ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ ウインドスクリーン 風防 自作

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る