2016 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 05

キャンティーン・カップとアルコールストーブで炊飯

 【30//2016】

キャンティーン・カップを使用しだして、その便利さが良く分かってきました。

キャンティーン・ストーブも遅れて入荷しました負が、便利です。Webで検索してストーブ
用のワイヤー五徳を作ったことから、アルコールストーブでの使用も楽です。



ただし、トランギアのTR-B25ですとストーブ内はいっぱいになりますので、火力調整蓋を
使う場合は事前に調整して被せておく必要があります。

課題であった、ステンレス製コッヘルでの炊飯ですが、ステンレス製キャンティーン・カップ
で再チャレンジです。キャンティーン・カップではメイスティンで炊飯をする時と同様の要領
で炊けるということを聞きます。

まずは、実行あるのみです。お米は、1合。研いでから、水を220cc入れて30分給水させます。



次にアルコールストーブにアルコールを入れて着火してからキャンティーン・ストーブを被せ
ます。



この時、アルコールストーブに蓋はせず前回にして、炎が安定してからキャンティーン・カ
ップをのせました。

4分30秒後、吹きこぼれしてきました。



ここで、ストーブからカップを下ろして、アルコールストーブの炎調整蓋を半分開けてスト
ーブに被せます。



その上で、再度、キャンティーン・カップをストーブにのせます。

火にのせてから10分ほど経過してきました。音にへんかがでています。今まではここで、
まだまだ、’としたため焦げ付きましたので、一旦、火から下ろして蓋を開けてみると、



微妙だけれどよくないか?

ここで、火から下ろしたまま15分蒸らしました。



むらしがおわり、混ぜると焦げ付きも無し。でも、もう少し、火にかけた方がよかったよ
うないもします。これは、慣れるしかありませんが、これで、ステンレス製のコッヘルで、
言い換えると、キャンティーン・カップで炊飯もできるようになったということです。

今回のアルコールストーブでの炊飯をまとめると、

1、お米は1合に対してお水は220cc
2、給水は30分。大抵、暑くなってくると20分でも良いはず。
3、アルコールストーブ(TR-B25)は、初め全開状態にし、吹きこぼれ出したら、蓋
を半分にして火力を落とす。
4、炊飯がはの目安は10分

ガスを使った場合でも、終始とろ火で10目安の様です。

炊飯ができれば、他は強くはありません、シチューをつくったり、パスタをゆがく
こともできます。今回はチャレンジで、ステンレス製のキャンティーン・カップを使
用しましたが、アルミ製のキャンティーン・カップを使えばもっと楽に炊飯がでそう
です。

今回のチャレンジは大きな進歩です。弟にも言われましたが、次は炊き込みご飯で
も良いですね。お惣菜がなくても良くなります。

また、パン、もしくはマフィン、ソーダーブレッドなどをやくのもよいでしょうか。この
辺はダッジオーブンが得意ですが、道具がない中で、作れるよになっておくことは、とい
う時に助かります。

取り敢えず、第一段階を超えました。







Category: アウトドア装備

Theme: アウトドア

Genre: 趣味・実用

Tags : ステンレス製 キャンティーン・カップ 炊飯

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キャンティーンカップ・ストーブの到着

 【28//2016】

やっと、キャンティーンカップ・ストーブが到着しました。



アルミ製ですが、中華製ですから仕上げはあまり期待していません。ブランドとしてはROTHCOですが。

 

ROTHCO キャンティーンカップ スタンドストーブ OUT-510a

新品価格
¥2,680から
(2016/5/7 21:49時点)




案の定、エッジはバリがありますし、面にあたり傷もあります。エッジはぐるりと内外を糸面取りをしました
。これをしておかなくてはカップや、カバーに傷がついてしまいます。

これで、キャンティーンカップ・セットができました。基本、アルコールストーブを使いますので100均のス
テンレス製の串2本を使用して、五徳を作成。

これは、そのままストーブにカップを乗せると、はまり込むのですが、アルコールストーブを使用時には、

炎から、カップの底までの距離が近くなってしまうからです。

ステンレスの串の曲げ加工は、事前に作成していたワイヤ
ーベンダーを使うと簡単に曲がりました。ただ、使用して分かったことは.現在の仕様では30mm以下の長
さには曲げれません。一部、再加工する必要があります。



一番コンパクトなコッヘルセットが出来ました。です。水筒が一体化しているという点が良いですね。あと
の課題は、リッドが閉まり辛いので、加工する必要があります。

Youtubeで検索すると「ROTHCO製なのになんだよ。中国製だからか? 使い物にならない!」(勿論、英語で
すが)と怒っている方もみえて、最終、モディファイと言って「一番シンプルな方法」とし、リッドの縁をプ
ライヤーで曲げて、ハンマーで叩き伸ばして縁を真っ平らにしていました。強引だし大雑把ですね・・・

そこまでしても意味がないので、全体に許容範囲の力でリッドが脱着できるように、徐々に縁を広げていくし
かなさそうです。

この他、気になるのは炊飯の時にステンレスですとこげつき易い点です。キャンティーンカップは、今回の
購入でアルミ製の物も手に入っていますので、炊飯だけそちらを使うかです。そうすると、マルチキャンティー
ンポーチにステンレスリッド、ステンレスカップを入れて中にアルコールストーブでしょうか。別途、キャン
ティーンとアルミカップも持つ事ととなります。

ただ、ステンレス製のキャンティーンカップで、上手く炊飯されていますので練習すれば荷物も減りそうです。ただ、上手く炊けている方は、アルコールストーブではなくて、ガスストーブもしくは固形燃料です。

どうやら、トランギアのメイスティンで炊く、時間、蒸らしが鍵のようです。

ガスストーブの場合は終始弱火で炊いた方が良い様です。

アルコールストーブでは火力調整が苦手で、トランギアでは火力調整ブタはありますが、局所的に炎が当たり
ますので、ステンレス製品ですと熱の拡散ができずに焦げ付きます。

この辺りは別途記載します。

ステンレス製のキャンティーンカップには、樹脂製のキャンティーンは入りにくいので、別途、ナルゲン製
のキャンティーンも購入した方が良いかもしれません。こちらは、購入された方の\評価を見ていると、ROTHCO製のキャンティーンカップにも問題なくはまった、と言う評価が多いことからです。


Category: アウトドア装備

Theme: アウトドア

Genre: 趣味・実用

Tags : キャンティーン・カップ ストーブ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

亀戸天神の藤棚

 【24//2016】

先週、2016/04/16(土)、亀戸天神の藤祭りがかいさいということで、行きましたがあいにく1ヶ所し
か咲いていませんでした。

昨日、2016/04/23(土)再戦で向かいました。サイト上では23日と24日で急速に気温が上がったこ
とで咲き出しているということでしたので楽しみでした。

今回は、若い会社の同僚と亀戸駅で待ち合わせて向かいます。駅の改札で会った時に格好が若過
ぎて分からなかったといわれました。

別に、黒のGパンに黒のTシャツ。LeeのGジャンにSWATブーツ、SWATのレッグバッグ、いつも通り、
カメラ用のワンジョルダーバッグにアーミー・キャンティーン、スポーツサングラスにアメリカの特殊部隊
のCUP。

秋葉原ですと警察に停められるスタイルです。秋葉原ではジャンパーをアルファー社の黒のMAー1、
ワンショルダーをアメリカの偵察部隊が使うバグに変更していた時に停められたことがありました。
刃物を持っていないかのチェックです。


さて、話が逸れてしまいましたが、天気は、曇りということでしたが、陽が出てきました。

DSC03880.jpg DSC03882.jpg DSC03884.jpg DSC03885.jpg

正門から入ると、いつもより人の入りは少ないですが藤棚全般に咲いています。しかし、丈が短いで
すね。通常この3倍の長さです。

DSC03898.jpgDSC03901.jpg DSC03905.jpg DSC03906.jpg

しかし、綺麗です。飛鳥山での桜を取った時もそうですが、ISO100にしてNikonFフォトミック用のNiKKor
レンズの138mmと50mmを使用しています。

スカイツリーはガスがかかっていますが綺麗に見えます。

DSC03944.jpg

淡い藤色の藤と、太鼓橋の朱塗りが良いコントラストです。

DSC03922.jpg DSC03927.jpg


また来週こようかと言われている夫婦もいました。それほど綺麗なのは事実です。


DSC03929.jpgDSC03931.jpg DSC03938.jpg DSC03944.jpg DSC03949.jpg


来場者は下手の横付き的なご老体が多そうですが、中には500mm位の望遠を持ってこられている強
者も、チラホラいました。

この時期は、桜、藤と花を愛でる事が出来良い時期です。

カメラは年を重ねてもできる趣味です。眼が見えなくなるまで続けるつもりです。

本当は来週も行きたいところですが、2016/04/29(金)よりじっかにむけいます。母の具合が心配です
し、実家の庭や部屋も片付けが必要です。真ん中の弟が母の面倒を見てくれていますが。手が回るは
ずがありません。


Category: デジタル一眼レフ

Theme: 写真

Genre: 趣味・実用

Tags : デジタル 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

白色ワセリンの活用

 【18//2016】

ワセリンは一般的に、ひび割れた皮膚などの保湿などで使われます。保湿と言っても、実際は皮膚
をコーティングして自己治癒を促すこととなります。

ワセリンは原油を生成したものですが、白色ワセリンと黄色ワセリンに分かれます。これは見た目の
色で呼ばれますが、白色ワセリンは医療にも使われており、精製度が高いものです。プロペトとも言
われております。

では、黄色ワセリンはというと、白色ワセリンまで徹底的に精製はしておらず、弱冠交ざり物があるも
のです。かと言って機能が劣る訳ではない様です。ただし、白ワセリンの方がしげきがすくなとりあえ
ず、白色ワセリンを購入しました。Amazonでは送料がかかりますので、それ含めても、近所のドラッ
グストアーが安かったので購入しました。



用途は様々あります。カサついた皮膚の保湿もありますが、ボクシングである様に、止血に、使われたり
虫刺されには、患部にワセリンを塗って絆創膏を張っておくとかゆみが出ません。

今回、ファイヤースターターを購入して、着火剤とする綿に塗ることも考えて多めを購入しています。ワセリン
を綿に塗ると通常より長くも燃えてくれます。当たり前ですよね。元は原油なのですから。



Category: アウトドア装備

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : ワセリン 着火剤

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

亀戸天神の藤祭り

 【17//2016】

2016年04月16日、3年くらい、行くことができませんでしたので、亀戸天神の藤祭りが開始したおの
情報で亀戸天神に向かいました。菅原道眞の太宰府を模して太鼓橋を配した庭園となっております。

DSC03863.jpg DSC03876.jpg DSC03868.jpg

訪問すると、残念ながら藤は1カ所のみでした。通常、4月よ21日と言われますので来週末からがター
ゲットになるのでしょね。

DSC03864.jpg DSC03876.jpg DSC03868.jpg

それでも来場者は多く、残念がっている方や外国人が多いですね。特に中国人とフィリピン人。

DSC03874.jpg DSC03865.jpg DSC03866.jpg DSC03870.jpg

浅草同様スカイツリーもよく見えます。のような、下町の季節毎のイベントに動くことは重要と思ってい
ますし、写真の題材にはもってこいです。

DSC03875.jpg

年により状況も変わりますので、良い記録となります。

DSC03874.jpg DSC03865.jpg DSC03866.jpg DSC03868.jpg

さて、来週も亀戸に行こうと思いますが、若い同僚がついて来てくれそうです。

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 写真

Genre: 趣味・実用

Tags : デジタルカメラ 一眼レフ 下町散策

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ファイヤースターター

 【11//2016】

昨日、の夕方にファイヤーースターターが到着しました。こちらもAmazonでの購入です。






平日ですと時間が取れませんので週末にテストです。マグネシウムにコーティングされている黒い
被膜を削った上で使用とのことです。火口も綿とワセリンで準備をしましたが、それらの使用感も併
せて試してみます。

週末が待ち遠しいです。





Category: アウトドア装備

Theme: アウトドア

Genre: 趣味・実用

Tags : Amazon ファイヤースターター

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キャンティーンカップ

 【10//2016】

以前より、キャンティーンカップが欲しかったのですが、今回思い切って購入しました。キャンティーン
は要するに水筒です。キャンティーンカップとは本来、軍用の装備で、キャンティーンの底に、アルミ、
もしくはステンレスコッヘルを装備したものです。

軍用となると、更にストーブも装備されており、キャンティーンカップセットがあれば、屋外で煮炊きが
できるという優れものです。

カップとストーブの正規品は入手が困難の事から、ROTHCOのステンレスカップとリッドか(蓋)のセッ
ト、ストーブ、キャンティーン、キャンティーン・マルチポーチを其々別のショップで、Amazonを経由して
オーダーしました。

残念ながら、ストーブに関しては在庫がなくなってしまったということで、待ち状態になっています。

まず、キャンティーンとキャンティーン・マルチポーチですが、ACU迷彩柄で、キャンティーンはケース
とアルミカップ付きのものを購入しました。



私は通常、黒色で統一しておりますが、夏場ではACU柄に近い薄いウェアを羽織ることが多いことと
黒のキャンティーンケースで黒いものは質が悪い評価が出ていたことから今回、見送りました。
から。

また、キャンティーン・マルチポーチは正規品です。此方も、黒色がありませんでしたので選択しました
。必然的に、後に、同様の柄のバックも購入を考えています。



さて、キャンティーンですが、後ろは以下のようになっており、米軍のMOLLEシステムに対応していま
すので、現在所有のタクティカルベストや、偵察部隊のバッグにも装着可能です。



黒いバーは金属ですが、結構硬いので、偵察部隊用のバッグに装着するのに手こずりました。

キャンティーンを抜くとこんな感じです。



中にはアルミのカップがあります。ホールディングタイプの取っ手も付いていますが、短いですね。



カップの小口は弱冠バリがありましたので、耐水ペーパーで削り落としました。

次に、キャンティーン・マルチポーチです。


ステンレス製のリッドとカップを入れてみました。ROTHCOも正規品を作っていることもありほぼサイズ
は合っています。が、正規品とは形状は違うようです。

US 米軍実物 キャンティーン/多目的ポーチ ACU

新品価格
¥3,500から
(2016/4/11 22:57時点)




使い勝手でいくとこのポーチの方がポケットも多いですから使い易そうです。今回、これらを購入して、
軍用のベルトもあったほうが良いかなと思い始めています。

さて、カップがアルミ製とステンレス製が揃いましたが違いがあります。



おなじROTHCO製と言っても問題があります。見た目、かっちり蓋がしまっているように見えますが、



結構ずれがあります。本体をぐっと押し込まなくては蓋が閉まりません。日本製であればまずこのよ
うなことは許しません。




ROTHCOは、世界の工場である中国を使用してコストダウンを図っていますのでしょうがないといえ
ばしょうがないのです。

まだ、火をかけていませんのでわかりませんが、変化がですので紹介。蓋を外す時はフックに指を入
れて本体をを掴んで引き上げますが、何処まで溶接が耐えらるかです。

使っているうちに、劣化して緩んできそうな気もします。しばらく様子みですか。其々使用しながら、
使用感はレポートしようと思います。

Category: アウトドア装備

Theme: アウトドア

Genre: 趣味・実用

Tags : キャンティーンカップ キャンティーン Amazon キャンティーン・マルチポーチ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

飛鳥山での花見

 【06//2016】

2016/04/02(土)は、王子の飛鳥山で1人花見です。花見というより、桜の写真撮影です。今回
のテーマはα350にNIKON用にのレンズコンバータを使っての撮影です。左肩も動き出していま
すので、何とか撮れそうです。

DSC03826.jpg DSC03832.jpg

NkonFで使う138mmと標準レンズの50mmを使用。曇天で撮影では調整が厳しいい日和です。
コンバータを付けると、勿論、フルマニュアル撮影になることと、通常の感覚で撮影するとかなり
暗くなってしまいます。

DSC03809.jpg DSC03807 (1) DSC03806 (1)


かといって、補正度を上げすぎるとハレーションを起こしやすく、調整が難しいのは否めません。

DSC03805 (1) DSC03804 (1)


到着すると凄い人です。前日雨が降っていたこともあり、人の出は少ないかなと思っていました。
が、この週の中旬からが見頃とニュースが出ていたこともあり、家族連れ、学生、会社の同僚や
、近所付き合いの方。中にはご夫婦でカメラ撮影で来られている方々も多数見えました。

相変わらず、公園の舞台では民謡?演歌?で踊られる方々も。分野が違いすぎて、ほとんど聞
いていませんでした・・・。

桜は、と言うと、満開ではなく、8分もしくは9分咲きのものも多くありました。日本人は桜が好きで
すね。かこつけて酒が好きという方も多いですが、日本を代表するすると花といっても良いでしょう。

DSC03819.jpg


サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。

ということですが、日本では昔から穀物の神が宿るということで、特別視をしていたようです。

桜は綺麗ですが、桜毛虫がつくのが難点ですね。過去、実家の隣家が桜を植えていて、ある時期
になると、大量に桜毛虫が湧いていた記憶があります。

DSC03820.jpg DSC03821.jpg DSC03822.jpg

さて、今回様々なアングルで撮影して分かったことは、レンズが想定以上に分園レンズになってし
まうことです。138mmのレンズもかなりの望遠となります。

ズームにしなければ、50mmにしなくては、使い物になりません。

DSC03839.jpg DSC03838.jpg DSC03837.jpgDSC03857.jpgDSC03855.jpg

ここから、Nikonの単眼レンズを使っています。

DSC03850.jpg DSC03849.jpg DSC03846.jpg DSC03845.jpg DSC03844.jpg

昔のレンズの方が、淡い感じやボケの表現が出しやすいです。肩を慣らしながらですが、また、下町も
散策をしだしましょうかね。






Category: デジタル一眼レフ

Theme: 写真

Genre: 趣味・実用

Tags : カメラ 一眼レフ フィルムカメラ 単眼レンズ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る