2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

iPhone6のバッテリー交換検討

 【24//2016】

IPhone6のバッテリーも最近疲れが出ているようです。本日、秋葉場にパーツを見に行きました。

ありました。


バッテリーの印刷を見ると2980円がが正解のような気がします。4Sの時もほとんど絵柄も同じで分か
らず、同じ製造元からの横流しではないかと思えるほどでした。

この他、バッテリーを固定する粘着テープも必要です。これもレプリカが出ているのですね。

iPhone6のバッテリーはAppleで交換してもらうと7800円、画面交換は12800円です。データーが壊れたり
文鎮になる可能性があっても、安価を考えるのか、多少高くても、メーカーに依頼して保証していただくか
、です。

其のpPhone6の画面とデジタイザーは6800円で売られていました。


バッテリー交換ができる方には、画面交換は造作もない事です。

息子の4と私の4Sの時にもバッテリー交換して問題は出ませんでした。6になると、背面からアクセス
をするのではなく、画面を吸盤で外してから、複数のコネクタを取り外し、バッテリー交換となります。

其の為、かなりリスクがあることと、ガラスフィルムを画面につけていることから、これを事前に外した方
が良さそうです。

バッテリーは動作の保証はしておらず、4Sの時に付属していた、コネクタ金具もないようです。コネクタ
金具は、磨いて再利用するしかなさそうです。

工具は揃っているのでバッテリー交換は可能ですが、年内は用事があり、年末すぐに実家に向かいま
すから、年明けのチャレンジです。

これらは、あくまで、私、個人責任の上で対応をしますので、iPhoneを開けた時点でメーカー保証は無く
なる事を理解してください。対応をされる方には、電子系の知識と、手先の器用さを要求されます。自信
がない方はメーカーにバッテリー交換を出された方がリスクはありません。

Category: iPhone

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : iPhone6 バッテリー交換

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

インクジェットプリンターのインクの購入

 【23//2016】

今年もあとわずか。先週に、プリンターインクをAmazonよりよせました。現在私が使用するプリンター
は「HP Photosmart 5520 series」です。

HP Photosmart 5520 AirPrint 無線 A4 複合機 4色独立 CX045C#ABJ

中古価格
¥5,900から
(2016/12/23 10:45時点)



これを使っている理由は、安いことと、インクジェットの受け側に切り込みがあり、インクが、まずつまらない
ことからです。PCとはUSB接続をしていますが、Wi-Fi接続ができることから、iPhoneから簡単にプリントも
できます。

難点は、インクの価格です。

HP 純正 インクカートリッジ HP178 4色マルチパック

新品価格
¥3,381から
(2016/12/23 10:56時点)



その為、Amazonが保証して出しているインクを昨年購入したところ問題もありませんでしたので今回も購入。

この様なものを購入する場合、ICチップが付いていないとプリンターが認識しません。インクによっては、
正規品のチップを外して差し込むものもありますが、外すのが大変そうです。粗悪品も結構あります。

正規品とサードパーティー製品との差は、インクの粘度といわれます。詰まりにくく、かみにもきちんと
定着もします。メーカーのノウハウですね。



梱包も簡易的に内側にはエアーマットが入りインクを保護しています。インクを好感して試し刷りをしたとこ
ろ黒色が出ません。黒インクのICチップを丁寧にティッシュでふいて、ヘッドクリーニングをしたところ、問題
なくプリントできるかと思いきや、iPhoneからは印刷できますが、PCからプリントできません。

考えてみると、OSをWindows10にしていますので、ドライバーの問題です。早速、サイトに行き、プリンター
アプリから最新のドライバを検索させて、同んろーどの上再起動。そして、再度、試し刷り。

やはり、プリンタードライバの問題でした。

正規品と比較すると、正規品の金額では2set購入してもおつりが来ます。残量は、まともに表示しませんの
でかすれてきたら購入をすれば、すぐにAmazonが届けてくれます。便利な世の中になったものです。



Category: デジタル通信端末

Theme: デジタル家電・AV機器

Genre: 趣味・実用

Tags : プリンター HP Photosmart 5520 series インク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

iOSの更新 Ver.10.2

 【19//2016】

IPhone6のOSを更新しました。結構、データ量も多くなっておりダウンロードも時間がかかります。
今回は2.34GBの容量の更新です。

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s.jpg


いつも同様、PCでバックアップ後の更新です。今回は、iTunesも更新されていましたので、iTunes
を更新後、iPhoneのバックアップ、更新の順に進めています。

今回の更新内容は、

・iOS 10.2配信開始
 ・スクリーンショットのシャッター音を調整可能に、カメラ音も小さめに調整
 ・iPhone 7/7 PlusでApple Payを利用可能に

 ・機種に関わらず、iOS10.1 以降で突然バッテリー残量が0になってシャットダウンする不具合

 ・iPhone 7シリーズ、高負荷時に本体からノイズ発生の報告

の様です。


ただし、中には、「アップデート出来ない」「起動できなくなった」などのトラブルも10.1同様にあるようで
す。これらは、アプリの競合や、操作ミスのような気もします。私は、iPhone単体での更新はしんようし
ておりません。

日本製のフィーチャーフォンの様な徹底的にテストをして出荷しているならば、信頼を置けますが、製造
している工場から情報漏洩が頻発もする事も信頼が置けない要因の1つです。

ではなぜ使うのか? マニュアルを見なくても扱える、直感的な操作ができる操作性です。Androidスマホ
はソフト開発では多種多様なツールも準備されており、開発者寄りでユーザーライクになっているかは微妙
です。

要は観点です。製品のコンセプトが違います。iPhoneは、ジョブズが使いたい製品前提で計画くされました
。ただし、ユーザーに中を触らせない仕様です。

一方、Androidはなんでもありで開かれた開発環境です。操作性で差が出ている要因の1つに、iPhoneは
Objective-cでAndroidはJavaでソースを記載されています。これによりiPhoneの方が起動速度が上がって
おります。

Androidは全てフリーで開発できますが、iPhoneは環境を揃えるとかなり費用はかかりますし、AppStore
はかなりチェックが厳しいので、ソフトの作り手は大変といえば大変です。

WindowsもOSのサイズはどんどん小さくしていますが、iOSは膨らんできています。さて今後はどの用意改善
されていくのでしょうか。

Category: iPhone

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : iPhone iOSバージョンアップ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スマホ・ポーチのリメイク

 【18//2016】

iPhone6を入れているポーチですが、かなりくたびれてきました。ケースに厚みがあることから、マジッ
クテープも付きにくくなってきました。

その為、プラスチックのワンタッチ・ジョイントを使い加工をすることにしました。

使用するのは、手荷物をまとめる100均のベルトです。自転車フロント・バックを作るときににも使用し
ました。結構使い勝手が良いアイテムです。自転車の振り分けバックの、ワンタッチ脱着化を加工し
ようと思いながら全然できておらず、こちらが先行してしまいました。



これを、このポーチに分断して取り付けます。



ベルトはポリプロピレンですので、分断した切り口はバーナーで焼いて溶着させほつれが出ないように
します。



これを。表と裏に縫い付けます。裏側は内側に網雄ケースがある事から、縫い付けが難しく、ベル通しの
帯ににつけました。



これで、iPhoneを押させこみますので落下もありませんし、中に何か入れて膨らんでもベルトを調整すれ
ば抑え込みが可能です。気になっていましたが何とかできました。

Category: iPhone

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : iPhone ポーチ リメイク ベルト止め 自作

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メスティンの補助パーツ

 【06//2016】

先週に、Torangia Mesutin TR-210の購入をして、洗浄とばりとりのうえ、昨日炊飯をして、その性能
に驚いています。

さて、そのメスティンを使用するにあたり、補助パーツは必要です。まず、どの様な機材でも運搬時を
考えて、薄くても良いので、カバーが必要です。メスティンの場合は、保温性があった方が蒸らしの場
合、有利です。

あと、中に使用パーツが収納できますので、中子に位置する巾着袋などがあると便利です。カバーに
関しては取り敢えず、ダイソーでお弁当用のケースを購入しました。サイズがぴったりではありません
が、内部にアルミ蒸着シートもあり、ある程度保温も可能です。中子用に、お弁当の巾着袋を同様にダ
イソーで購入しました。

   

中子用に袋があると、一気に内部の物が出せますので効率が良いです。これで、Torangia メスティン、
ステンレス製ツーリングキット、ドイツ国連邦飯盒、キャンティーンカップのステンレス製で蓋つきと、アル
ミ蒸着シート製と大体揃ってきました。

次はファイヤーボックスですね。

Category: アウトドア装備

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : トランギア Trangia メスティン カバー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メスティンの使用開始

 【03//2016】

2016/12/03 Torangia メスティン TR-210の使用開始です。

先週、容器と蓋のエッジは耐水ペーパーでバリ取りをしましたので、まずコメのとぎ汁を煮ます。これを
することにより、皮膜ができて焦げにくくなるようです。ステンレスでも同様です。



まず、お米をアルミのキャンティーンカップで洗って、メスティンに研ぎ汁を写します。

  

これを20分煮込みます。次に炊飯です。メスティンでお米のとぎ汁を煮込む間、アルミのキャンティー
ンカップでお米に吸水させます。30分間です。

さて炊飯に入ります。

お米 1合(180cc)に対してお水200ccですが、アルミのキャンティーンカップに入れていたものを移すと
、きちんとメイスティンの内部のリベット下部に水位がいています。ネットの情報は間違いないというこ
とのようです。

さて、炊飯です。



今回は、五徳に関しては、Torangiaのトライアングルグリッド2型TR-302を使用します。アルコールは
20ccを投入して、予備に10ccを用意しておきます。

ファイヤースチールで着火させてメスティンをトライアングルグリッドにのせます。


持ち手を蓋の上に倒しておくと、蓋が開きにくくなります。その前に、蓋がスカスカの場合、肉厚が薄い
ので、軽く指で内側に絞ってやるのも手です。

 
5分で沸騰が始まり、吹きこぼれ始めました。15分経過した時に、グツグツから、チリチリと音が変わ
りました。メイスティンを日から外し、消火の上、メイスティンを逆さにして蒸らします。本来は保護ケー
スなどに入れた方が良いですが、無いし屋内ですので布巾の上で15分蒸らします。



結果!

 

焦げ付きなしです。実食すると、ステンレス キャンティーンカップで炊飯をした時と違い旨いです。焦げ付
きを気にして10分しか火を当てなかった事から、パサついたステンレス キャンティーンカップですが、弱冠
、焦げ付き覚悟で15分が良いかもしれません。

さて、アルコール燃料の消費量ですが、最初、20ccを入れましたが足らず、10ccほぼ全て消費しました。
その事から、トライアングルグリッドを使用した場合炊飯では30cc消費することがわかりました。

やはり、フアイヤーボックスを購入検討していますが、燃料消費を考えると早めの購入が吉の様です。
この後、振り掛けで完食しました。

Category: アウトドア装備

Theme: キャンプ・アウトドア用品

Genre: 趣味・実用

Tags : アルコールストーブ Troangia メスティン 炊飯 トライアングルグリッド2型

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る