2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ホームページの天気予報ツールの変更

 【24//2017】

以前使用していました、天気予報ツール(右下)のサービスが終わりましたので変更しました。

全国及び、各地域別に確認ができます。ご活用ください。

Category: 未分類

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : ホームページ 天気予報 ツール 変更

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Amazon Prime の便利さ

 【05//2017】

2年前の夏から、 Amazon Prime に入会していますが、今更ながら、その便利さを感じています。

なぜ入会したかというと、年間通して、Amazonでの商品購入は多く、送料を考えると圧倒的に安く
なるからです。

また、私は映画が好きですが、見過ごした映画が結構、無料で観れ、端末にも機種に最適化してダウ
ンロードできるのも魅力です。

今回は、音楽に関して、今更ながら確認したところ便利さを感じました。

AmazonPrimeMusic.jpg


それは、通常、 PC を使いながら、シュチュエーションに応じ、セレクトされているリミックスをなが
していましたが、これ、スマホにもキャッシュとしてダウンロードできるのですね。iTunes 経由して
iPhone内に保管している音楽は必要なのかと思うぐらいです。

これは、凄く便利に感じます。よく聞くリミックスを無料でどこでも聴けるのです。通信が高速化さ
れた事とCloudが進化した利点ですね。過去、 IBM がMatrixCompyutaを提唱して、世界中から総
スカンを’喰らった後、Googleが上手くCloudに切り替える点は評価できると思います。 この辺は、
マニアックな方か、業界の方しか分からない話ですが。

Wi-Fi もここまで急速に、高速化されてくると思いませんでした。

私は基本、音楽は何でも聴きますが、JAZZ系が圧倒的に聴く事が多いです。しかも、スタンダードが
多いですが。私がよく聞く音楽の傾向から、おすすめのアルバムや曲も選定してくれます。

気に入った曲やアルバムがあれば、そのアルバムは購入すれば良いのですから、使用者も便利ですし
、Amazonも上手い商売をします。

電子書籍から、その圧倒的な、管理技術とビッグデータを活用した商売は他社を凌駕しています。

さて、音楽はデータでの購入も良いですが、弱冠高くても CDの方が好きです。嵩張りますが。音楽マ
ニアは、通常聞くCD、予備、保管と最低3枚。最近ですと、レコードが見直されて、合わせてレコー
ドでも出される場合は、合わせ購入するようです。私の子供も、この部類です。

AWSも安定していますので、データとして購入しておけば、Cloudにアクセスすれば済むことで

が、アナログな所が少しある方が、私は気持ちが落ち着きます。

兎も角、便利な時代となりました。

Category: デジタル通信端末

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : Amazone Prime

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

三社祭

 【03//2017】

2017年5月21日(日) 三社祭は5月19日(金)より開催されましたが、最終日にカメラを担いで、浅
草に向かいました。写真枚数が470枚を超えましたので、落ち着いて整理できるまで時間がかかっ
てしまいました。

さて、当日は、田原町にam9:30には到着したいと思い、上野駅から東京メトロ銀座線に乗り変えて
田原町駅まで向かいます。上野駅には既に、’担ぎ屋さん’達もちらほら見受けられます。ここ近年の
祭りでは神輿の担ぎ手がいなく、プロなのか、セミプロなのかわかりませんが、’担ぎ屋さん’に結構
な出費があるようです。

その為、最近の祭りの掛け声が、ほぼ同じになってしまっているのは、いかがなものかと思いますが・・・

まずは、西浅草の神輿前に入ります。中には入れ墨の入った方たちも多くみえます。

そもそも。「三社祭」とは何を祀っているかですが、調べてみました。

三社祭のはじまり

時は推古天皇の時代の、漁師の桧前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)の兄弟と郷土の文化人
であった土師真中知(はじのなかとも)(後に僧となる)が祀り、三社権現と称しました。「三社さま」として
親しまれている浅草神社は、この三社権現社が始まりとされています。「三社祭」の「三社」の由来はここ
からのようです。

桧前浜成・竹成が隅田川で漁に出ていると、網には人型の像しかとれず、その像を、川に投げ戻しても
同じ像しか取れず、土師真中知に見せると、「これは、尊い聖観世音菩薩像で、自分も帰依する所の深
い仏像である」と兄弟に告げ、その功徳について、くわしく説明したそうです。

兄弟は、拾った観音が現世利益仏(信仰することによって、現世で得られる利福)であることを初めて知り
、信心が揺り起こされ。2人は、深く観音を念じて名号を唱え、「私たちは漁師です。魚がとれなくては、そ
の日の生活にも困ります。なので、どうぞ明日は大漁であるようにお願い申しあげます。」と祈りました。

翌日の朝。兄弟は、また網を隅田川に打ちました。すると、観音像に願ったように、大漁を得ることができた
とのことです。時に、推古天皇の36年3月19日(西暦628年4月16日)とのことです。

土師真中知は剃髪して僧となり、自宅に堂舎を構えて寺とし、観音像を安置し奉りました。そして供養護持
のかたわら、郷民の教化に生涯を捧げたそうです。土師真中知の亡くなった後、跡継ぎの子が、観世音の
夢のお告げを受け、桧前兄弟と土師真中知の3人を神として祀り、三社権現と称したようです。


DSC04362.jpg DSC04365.jpg DSC04367.jpg DSC04369.jpg DSC04370.jpg

◆  続きを読む  ◆

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 祭り 三社祭 浅草 デジタルカメラ 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る