FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

Adbe Photoshop Lightroom 5.7.1とAdobe Brige CS6

 【21//2017】

カメラが、フィルムカメラからデジタルカメラに移行して、フィルムを製造するメーカーも、残り少なくな
ってきました。富士フィルムは在庫がなくなり次第フィルム販売はやめるような話をしていたと思いま
すが、まだ販売していますね。良いことですが。

写真のデジタル化による恩恵は、自分でプリントできること、画像処理がしやすい事、保管に関して、
フイルムのように湿気など物理的な配慮はまずしなくてよい事。半面、Jpegデータですと、コピーによ
る劣化が発生しますので、RAW型式で保管する必要はあります。また、RAW型式で保管すれば、良
いアプリができると、素晴らしく現像できるという利点があります。

そもそも、写真とはプリントアウトして写真ですので、気に入ったものはプリントアウトしています。デ
ータは単なる画像ですね。

画像加工というと、AdobeのPhotosop、Illasutraitorなどが有名です。現在はCreaitive Cloud、通称
CCになっていますが、私はクライアントPC側で保管するCreaitive SuitsのCS6Adbeアプリを軒並
み使用しています。CCにすると月額4800円(税別)がかかります。別にプロとして使っているわけで
はありませんので、毎月の支払いは痛いです。

RAW現像ができるLightroomはCS5.7.1となります。6になるとCCになってしまいます。それら一連の
アプリはかなりの数になりますが、Lightroomだけ高くて手に入れていませんでした。その為、RAW現
像の時は、SONYのPlay Memories Homeで対応をしていましたが、細かい調整が難しかったです。

Lightroom.jpg Lightroom_201710202320162c1.jpg

今回は、意を決してAdbe Photoshop Lightroom 5.7.1を手に入れました。プロからも評価が高い
のも分かります。これを入れることにより、SONY Play Memories Homeは起動しなくなり、削除す
るしかなくなりました。まー、同類アプリですし、Adbe Photoshop Lightroom 5.7.1の方が高機能
ですので良いですが、しょうがないですね。競合により使えなくなったと思います。

Adobeの一連のアプリを使用するにあたり、Adobe Brige CS6というアプリがあります。まさに、各
アプリの橋渡しをするアプリで、CCでももちろん存在します。

実は問題発生をしました。Adobe CS6 Master Collectionの入れた後に、Lightroomを入れていま
すが、Bridge CS6Bridge CCが、被ってしまいました。

何かの操作途中に、自動的に出てきたアプリを触り入れてしまったようです。この為、Bridge CS6
起動しなくなり、Bridge CCが起動しますが、エラーが出て開きません。

あれこれ調べますと、私はアプリはDドライブに入れますが、Cドライブに「Adobe Bridge」の表示があ
ります。拡張機能でしょうが、Bridge CS6出ないのが気になり変に起動しそうなフォルダを削除しまし
たが、やはりBridge CCが起動します。

最後の手段で、レジストリを触ります。これは、一般の方にはお勧めできません。ミスすると、PC自体
が起動しなくなることもあります。

レジストリ エディターを起動させて、

[HKEY_CURRENT_USER]-[Sofoware]-[Adobe]- と辿ると、[Bridge CS6]の上に[Bridge]がありま
した。これが、競合元です。これを削除したうえで。Cドライブ上のBrdgeフォルダもすべて削除して
PCを再起動しました。

Bridge CS6

無事、Bridge CS6が起動しました。ここまで調べて修正で2日の消費です。
関連記事

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : Adbe PhotoShop Lightroom 5.7.1 Bridge CS6

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks