FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

谷中 散策

 【05//2017】

2017/11/03 久しぶりに谷中の散策です。今回は会社の同僚が行きたいということで日暮里駅
西口で待ち合わせて、歩きました。

日暮里駅西口を出て、右手にある諏訪神社は工事中でした。天気も良く人は相変わらず多く歩い
ています。外国籍の方も多数、カメラを持って、あるいはスマホを片手に歩いています。亀戸天神は
アジア人が多かったのですが、こちらはヨーロッパやアメリカの方が多いようです。

夕焼けだんだん」はお約束通りの混み具合。

DSC04821.jpg

しかし、行くといつも混んでいるのは、街が活性化している証拠でしょうね。

DSC04825ch.jpg DSC04827ch.jpg DSC04829ch.jpg DSC04830ch.jpg

外国の方も興味津々で色々見ています。

DSC04831.jpg DSC04832.jpg

「肉のスズキ」であまりにもメンチカツとスコチエッグがあまりにも美味しそうですので、其々1個づつ
購入で計270円。

DSC04833.jpg DSC04835_20171104212628797.jpg

2個を食べ終わり振り返ると、「夕焼けだんだん」は大変なことになっています。

そのまま、商店街を直進して、突き当りを左折します。お豆腐屋さんが在ったり、今までなかったよ
うな店もできています。お饅頭屋には外国人が興味津々で買おうかどうしようか見ています。

またしばらく行くとT字路になって左折をすると少し坂道になりながらお寺さんが並ぶ道を歩きます。
少しすると、右に「祝 谷中小学校創立115周年」の横断幕が見えてきました。

DSC04836.jpg

歴史があるのですね。

さて、小学校を通過してしばらく歩くと緩やかに上がる坂道が右にカーブしながら、緩やかに下ります。

DSC04839.jpg DSC04841.jpg

谷中霊園の壁脇にトイレがありますが、モニュメントが愉快です。ここを通過して少し下ると左手には、

DSC04842.jpg

「あたり」という黒い看板が。「あたり」とはなんと大雑把な名前かと思いましたが、「上野桜木あたり
」というのが、正式名称みたいです。

DSC04843.jpg DSC04844ch.jpg DSC04846ch.jpg

右側が、「谷中ビアホール」です。古民家を改装して、ビアホール、パン屋などあります。ビアホール
は、過去、期待していきましたが、私とは相性が良くないので同僚に飲ませました。Sで600円、L
だと1200円。

人それぞれなので、良いですがネットで見ても私同様に「合わない」という方が多いです。若い方は
雰囲気は良い事と、そこまで酒の味が分からないことから、このようなものかと思ってしまっている場
合が多いようです。

旨味を感じないのです。一口飲むと、苦さより渋さがきた後に変な甘さが来るのです。作り手は、これ
谷中ビールというでしょうが、ならば私は飲みません。酒飲みが好む味ではありません。

営業妨害をする気hあありませんが、つまみも高いですね。600円、1200円が基本みたいですが、どれ
もそれほど美味くもありません。これは、ちゃんとした料理人を入れないと、どこかでこけるでしょうね。

DSC04847ch.jpg DSC04848.jpg DSC04850.jpg DSC04851.jpg

雰囲気は良いです。同僚が飲んだビールを少し、口に含みましたが変わってはいません。

DSC04854.jpg DSC04855.jpg

まー、単に私がいこじなのかと思い、同僚にも飲ませましたが、間違いないようです。若い奴らが多
いのは雰囲気に負けているだけなのですね。

さて、ここを離れて出て左に折れてすぐに、「旧吉田屋酒店」を分解して組み立てなおした文化遺産が
あります。

DSC04856ch.jpg DSC04857.jpg DSC04859ch.jpg DSC04860.jpg

DSC04861.jpg DSC04862.jpg DSC04864.jpg DSC04866.jpg

1斗瓶なんて、昔はとんでもない物を作っていたのですね。ここは結構好きな場所です。

この後、恒例で、鶯谷駅前の「信濃路」で燃料を入れて解散としました。
関連記事

Category: 下町散策

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 谷中 夕焼けだんだん デジタル一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks