2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

Firefox Qantumの復帰と課題

 【16//2017】

Firefox Quantum


Firefox Qantumは高速起動が売りですが、まだまだ、プラグインが対応するものも少ないです。

一番痛いのは、タブの多段化で以前使用していたプラグインが対応していないことです。このこと
から、CSSで対応をしました。プラグインは楽ですが、増えれば、ブラウザを重くします。また、以
前使用していた、プラグインは多機能すぎてその機能を生かしきっていませんでした。

タブの多段化をトライされていた方が、CSSを公開されていましたので、コピーさせて頂きました。
検索されるとすぐに見つかると思います。

Fierfox.jpg


永遠と右にタブが繋がるのは辛いですよね。この設定で、問題なく多段化は可能です。これで、
楽に閲覧することができます。

細かい設定はさておき、以前と比べ、面倒くさくなる位、スパムや、マルウェアが増殖しています。
以前よりたちが悪く、Microsoftや楽天あるいは、宅急便を偽装した、サイトが有ります。

目的はフィッシングでですが、ふざけています。

ルーターの設定も変えましたが、危険度がギリギリ高いサイトを見る事もあるのですが、ブロックさ
れてしまうことが、悩みどころです。

さて、Chromもセキュリティは弱い印象ですが、Firefoxも微妙です。ハッカーに狙われているようで
す。使用度が高いアプリやOSを狙うのは常道です。

本来はブラウザである程度ブロックしていただきたいのですが、プラグインで機能追加をすると、ブラ
ウジングが重くなります。が、プラグインでABPを入れて、セキュリティが厳しいフィルターを追加する
ことによりフィッシングを回避しています。

ファイヤーウォールの強化と軽量化は相反し、アプリでブロックするより、ルーターのようなハード側で
のブロックする方がPCや端末の負担が少なくなります。

ルーターの設定見直しは正解でした。大抵、怪しいサイトはブロックできます。ルーター側にノートン
の一部機能が入っており、常時監視してくれています。

困るのが、Microsoftの偽装サイトです。「マルウェアに観戦しているのでサポートに電話をしてくださ
い」との旨の音声で言ってくるという新種です。何をトリガーにポップアップするのでしょうか。

どうやら、フリーウェアの更新時に、入れられていたようです。MediaCoderというアプリです。中華製で
すが優秀なアプリでしたがこの様なことになると、削除するしかありません。

会社の場合は、莫大なお金をセキュリティにかけていますので、Firefoxを使用していても問題は発生
しません。ルーター側で排除しています。

今後、悪質化するスパイウェアや、マルウェアを考えると、プロキシ設定やネットワークサーバーを別
途、構築する事も考えた方が良さそうです。
関連記事

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : Firefox Quantum

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks