FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

亀戸天神社 梅まつり と 純レバ丼

 【19//2018】

2018/02/17(土)、先週に引き続き、今度は亀戸天神社梅まつりです。

前日、大阪出張のとんぼ返りで疲れていましたが、今回は2つ目的があります。まず、亀戸天神社
に関しては藤まつりは来ていますが、梅を撮りに来たことがなく、中でも珍しい「蝋梅」を撮りたいと
思ったこと。もう1つは、通常、私は写真撮りの後に、各所で呑みます。亀戸の場合は、「亀戸餃子」
が定番でしたが、新たに食べたい物があり、今回はそれ目的です。 

DSC05237.jpg DSC05238.jpg DSC05239.jpg DSC05240.jpg

いつもながら、賑わっています。鳥居脇の梅も咲いていました。

DSC05254.jpg DSC05255.jpg DSC05257.jpg DSC05258.jpg

満開とはいきませんが、いい感じに咲いています。梅の香りもほんのり漂っています。

DSC05259.jpg

偶然にも、鶯が梅に留まっていました。


DSC05261.jpg

神様に挨拶をして、

DSC05275.jpg DSC05276.jpg DSC05277.jpg DSC05278.jpg

DSC05279.jpg DSC05280.jpg DSC05281.jpg DSC05284.jpg

DSC05296.jpg DSC05303.jpg DSC05305.jpg DSC05337.jpg

DSC05338.jpg

本命の、蝋梅です。3~4本あるうち、枝ぶりが一番良い物です。

DSC05299.jpg DSC05300.jpg DSC05301.jpg DSC05302.jpg

この花びらの形状でも、梅なのですね。珍しいです。


DSC05332.jpg

この写真を撮って、時計を見ると12;30です。しまった、店は一杯かな・・・

亀戸天神社をでて、右に折れて蔵前通り沿いを歩きます。しばらく歩くと、黄色い看板に「菜苑」の
文字。



見た目は普通の中華料理屋さん。中に入ると案の定、一杯で、辛うじて、入口キャッシャー横のカ
ウンターで座れました。

まずは、餃子(350円)とビール(650円)を。「餃子とビールは一緒が良いですか?」と、言われまし
た。喉が渇いていたこともあり。ビールを先に頂きました。



キリンラガービールの中瓶がすぐに来ました。グラスでゆっくり2杯目を飲んだところで、餃子の到着。



餃子のタレは、お酢を入れてから胡椒を思いっきり入れて、辣油を数滴。これが、意外と美味いので
す。亀戸餃子とは違う、プリッとした皮の餃子。

ふと、壁を見ると




これです。今回のターゲットは「孤独のグルメ」にもこの店は紹介されており、「純レバ丼」です。

餃子2個を口にした後に、純レバ丼(1100円)をオーダー。餃子が残2個になった時に着丼!
早い!



葱が山のように乗っています。量も凄いです。これを全体に混ぜ合わせ、



ここからが、本当のスタートです。食べれるかな・・・

蓮華を口に運ぶと、まずは口にはレバーの味と甘さが広がります。甜面醤でしょうか。食べ進めると
、今度は辛さが口の中に広がります。豆板醤でしょうか。生姜や大蒜も使っていると思いますが、大
蒜は使用しても少なそうです。

この辛さは、辛い物好きな私が軽く来ていますので、辛い物が苦手な方はきついかもしれません。
でも、美味しいです! 最近で食べたもの中ではTOPのおいしさです。

通常、酒量の方が多い私も、ビールの中瓶で丁度ですし、食べれるかと思った純レバ丼も完食。
純レバ丼の1100円は高いと思うかもしれませんが、レバーもてんこ盛りで量も多いから妥当な金
額と思います。

この店は、他様々メニューがありますので、次回、4月の藤まつりで亀戸天神社に来る時も、ここで
昼食にします。

御馳走様でした!




関連記事

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 亀戸天神社 梅まつり 純レバ丼 一眼レフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks