FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

SONY α350 撮影方法を意識した試写

 【26//2019】

このところ、中古で程度の良いSONY DT 18-200mm F3.5-6.3をを購入し浮足立っています。

三社祭も終わり、昨日は、フィルムカメラの時にレンジファインダーの試写でよく行った荒川の河川
敷に向かいました。

天気は上々。夏の様に熱いです。三社祭の時は手間をかけすぎると撮れなくなるころから、ISOは
オートにしていましたが、本来、私はISOを100~400でお査定エイましたので、極力、ISO100の設
定を優先させます。その分、シャッター速度や絞りで調整することとなります。

まずは、荒川の看板でテスト。左がISO100、その右がISO200T、下がISO400で撮っています。
太陽光が当たっていませんので、ISO400が一番見やすくなりますが、自然さはISO200です。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC

今回の試写は、α350の液晶カバーを復活させてこともあり、その使い心地の再認識をしています。

SONY DSC SONY DSC

荒川の河川脇の道を走る自転車を流し撮りもしてテスト。

SONY DSC SONY DSC

さて、昼食用の総菜パンと飲み物も途中購入して、以前よく言った東屋を目指そうと思いましたが
その時は自転車ですし、結構距離がありますので、意外と足を運んでいない戸田公園へ移動しま
した。

SONY DSC

なぜか、軽自動車を止めて、木陰に座りスマホを熱心に触る方をしり目に公園に入ります。ベンチ
も点在しておりさっそく、2時間近く遅い昼食をします。荒川より内地にありますが、それなりの幅
の川が戸田公園の緑地を挟んでありますが、どうやら明治大学がボートのレースを’しているよう
です。ボートといっても協定ではなく、手漕ぎの方です。

SONY DSC

関係者で盛り上がっておりますが、ほどなくテスト撮りをします。今回はミノルタのレンズも持参しま
したが使わずじまいです。SONYのレンズで事足りました。今回の被写体が、レンズ交換ができな
いレンジファインダーに向く被写体ですが広角の単眼レンズは持っていた方がよい事を再認識しま
した。

結構、高価ですがもちろん中古での購入を検討です。フィルムカメラのロッコールレンズに拘り、金属
ボディーのものを探すのか、SONYブランドで程度の良いもの物を探すかは金額次第かなと思ってい
ます。50mm F1.4ぐらいは欲しいですが金額によってF1.8になるかもしれません。

あと、単眼レンズですと135mmも欲しいですね。ま~、良い気がします。「レンズ沼」にはまらないよう
にしなくてはいけません。際限がありませんので。
関連記事

Category: デジタル通信端末

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 荒川 河川敷

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks