2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

金魚で一杯

 【30//2008】

金魚を肴にしてお酒を呑むのでは無く、『金魚』というお酒の呑み方の
ご紹介です。

お酒を好きな方の中にはすでにご存じな方も多いかと思います。

以前、ホットワインをご紹介させて頂きましたので、変わり酒の第二弾
となります。

お酒のベースは焼酎になります。器は耐熱性の透明なガラスが良いです
ね。色はないほうが良いです。理由は読んで頂くと分ります。

【材料】
焼酎
・オオバ(アオジソ)
・乾燥唐辛子

器:耐熱性のグラス

まず、焼酎ですがそんなに高価な物は必要ありません。ペットボトルの
2Lや4Lで売っているような物でも大丈夫です。

アルコール度数も20度でも25度でも結構です。

では焼酎を温めます。お湯割りでも結構ですが、後々を考えますと先に
お水で割った焼酎を温めた方が良いと思います。
さて、温めた焼酎を耐熱性のグラスに入れます。
次に乾燥唐辛子の片方の先を折って、中の種を捨ててから温めた焼酎に
入れます。このようにした方が辛味が早く出ます。まずは2つばかり入
れて下さい。

次にアオジソを2枚位。葉が大きいようでしたら1枚で。私は女性に人
気があるシソ焼酎が苦手なこともあり、アオジソは少なめにします。

唐辛子を金魚に、アオジソを水草に見立てた飲み方です。透明なガラス
に入れた方が雰囲気が出ます。シソの香りと唐辛子の辛味が絶妙な呑み
方です。寒い夜はアルコールとカプサイシンの効果でポカポカ。

帝国ホテルでも出され
ているようです。呑みに行った事はありません
が。

私が初めて呑んだのは、新橋のニュー新橋ビル内の居酒屋です。扱って
いる店があります。

呑み方で注意点としては、初めはあまり辛味がありませんが、唐辛子
は時間の経過によってアルコールによりカプサイシンが抽出され辛さが
増します。辛味がないと、最初から幾つも唐辛子を入れると、後から辛
くなり過ぎて呑めなくなります。

最初から辛くするには焼酎に唐辛子を入れた状態で温めると早く辛味が
出ます。

温める方法は、日本酒をお燗にするのと同じようにするか、電子レンジ
を使う方法があります。
正当派はきちんと焼酎だけ温めた上でグラスに注ぐようですが、私はグ
ラスに唐辛子と焼酎を入れて、電子レンジで40℃に設定して温め、その
後にアオジソを入れます。

アオジソは電子レンジで温める場合は一緒に入れないようにした方が良
いと思います。最悪、シソが焦げてしまいます
。焼酎を継足して温める時も、アオジソは取出します。

お湯割りにした場合は唐辛子の辛味の抽出に弱冠時間がかかってしまい
ます。

継ぎ酒は、唐辛子・アオジソを入れたままグラスに継足して呑みますが
、状況に合わせて唐辛子やアオジソを入れ替えたり足したりしてくださ
い。

私は、唐辛子だけを追加していきます。唇がだをだんヒリヒリし出して
きますが、何故かおいしい(^O^)/C□☆

ご自身の水槽を観ながら金魚で一杯。いかがでしょうかd(^-^)

写真は週末、呑む時に写してBlogUpします。

関連記事

Category: お酒

Theme: お酒全般

Genre: グルメ

Tags : 焼酎 お酒

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

コレいいな~
父も今度の週末に試して見ます
焼酎はある
乾燥不唐辛子も確かあったな
アオジソはたぶん無いだろうな~
奥さんに頼んでおこう(^^

Posted at 08:26:39 2008/01/30 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

きっと、はまりますよ。ゆっくりと呑んでください。(^o^)

Posted at 18:07:07 2008/01/30 by 研磨王

Comments

ほぉ、こんな呑み方があるとは
名前も『金魚』う~ん、粋!
ほんと珍しい呑み方
呑めないおととも、楽しめます♪

Posted at 23:36:21 2008/01/30 by おとと

Comments

>おととさん、

焼酎をお湯割りにするなどアルコール度数を下げてお楽しみ下さいね。

Posted at 07:50:26 2008/01/31 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks