2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

換水について

 【22//2007】

水槽で熱帯魚を飼育すると言うことは、極力その魚の生まれ育つ環境に
近ずけることが、ベストです。自然界から切り出して部屋の中にある状
態です。

しかし、なかなか難しくネイチャーアクアリウムを提唱されているADA
の天野氏のようには美しくできません。

魚を飼う場合、限られた水量では濾過装置を使わなくては、生息してい
た水に入れ替える等しなくてはならなくなります。バクテリアの力を借
りて環境を造るのがアクアリウムの基本ですが限界があります。

水量は多ければ多いほど環境は安定します。バクテリアの量も多くする
ことができます。その為、小さい水槽であればある程、安定させること
が困難となります。

初心者の方は、水量もほどほどあり、市場でも多くパーツが出回る60cm
水槽から始められる事をお勧めします。

設置するスペースの関係から、今の私の様な小型水槽にしなくてはなら
ない場合は、濾過装置や環境構築に工夫が必要です。

濾過装置についてはまた別途記載しますが、「○○cm水槽に対応」とい
う、ご自身の水槽サイズにあった濾過装置でも、ご自信の水槽サイズの
2~3倍サイズに対応可能なものにしてください。過剰濾過にする事によ
り環境を安定させるのです。

さて、本題に戻ります。換水は「1週間に1回水槽の1/3位して下さい。
」と言う事をよく聞きます。ある意味あっていますが、中途半端なアド
バイスです。

亜硝酸値が限界になったり、Ph値がその魚の限界値になり換水をするこ
とになるのです。ベアタンクの場合、亜硝酸を吸収してくれるものもな
く、餌や糞により亜硝酸値の上昇とPh値が急降下し酸性値が高くなる事
から換水をします。

一時、マハゼの稚魚を海から持ち帰った時に少しの間、汽水でベアタン
ク状態で飼いましたが、Phが降下し過ぎる為、珊瑚砂を入れて押さえた
事もありました。

換水量は1/3とは限りません。状況によっては1/2の量を換水し環境改
善をすることもあります。

環境改善の為、極端な換水をする場合、量の判断は経験を要しますので
、研磨王倶楽部の熱帯魚のページで「水合わせ」について記載している
ところを参考にしていただき、水槽全体を水合わせ同様に徐々にするか
、しばらく毎日試薬でチェックをして、1/4ないし1/5を換水し再度試
薬でチェックをしていく事の方がが安全です。

前者は経験が必要な点もありますから、初心者の方は後者がお勧めです
。急激に多量の換水は、バクテリアも一緒に多く捨ててしまうことにな
ります。エアレーションにより好気バクテリアの増殖を促す事も必要で
す。

では簡単な換水時期の判断はどのようにしたら良いでしょうか?私は「
水槽内に何か変化があれば換水」とうことにしています。

スポット苔が出だしたりシャワーパイプの水量低下、魚の動き、他、様
々な事を観察して換水や掃除をします。

環境の状態を判断するのにはエビの動きを見ることが良いかも知れませ
ん。エビは水質の変化に敏感です。エビが住めないところは魚も住めま
せん。魚と一緒にヌマエビ等を飼われているならばエビを一つのバロメ
ーターとして下さい。

環境が安定していれば2~3週間換水しないこともあります。無理にバ
クテリアを捨てる必要がないからです。

各試薬で1ヶ月ほど計測し、グラフ化すると解りますが、例えば緩やか
に1週間で限界値になるのではなく、換水を一定期間でしていてもスポ
ット苔が発生することがあります。

換水をしていても徐々に「蓄積」がおこります。糞や残った餌が完全無
害化にはならないのです。その為、状況を見ながら換水量を増やしたり
期間を縮めたり、底砂、濾過器の清掃をして環境の改善をします。

水槽の状況によりかなり対応の仕方が変わります。これをすれば確実に
環境改善できると言い切れるものはありません。
通常は環境が極端に変化しないように、濾過装置を稼働させながら換水
をします。

しかし、あまりにも水槽内が汚れているとか、底砂がかなり汚れている
等の場合、濾過装置の前にプレフィルターがないようであれば、濾過装
置の稼働を止めた上で清掃された方が無難です。
結局、経験から判断しなくてはならない事が多くあります。急激に環境
を変化させることは、水草にも、魚にもストレスが出ます。

徐々に様子を見ながら換水量を調整していきそれぞれの水槽に合った換
水をして下さい。

魚の種類にもよるかも知れませんがCO2の添加、エアレーションとPh値
の上下が激しい水槽内で慣れた魚は以外とタフになっています。

よほど極端な換水出なければ、魚が死ぬ事もありません。

基本的には添加材等に頼る事はよくないと思いますが、量を多く換水し
た場合、私はジークラを添加しています。飼育水が早く安定します。

基本的なことは、研磨王倶楽部に記載しておりますのでご参考にして下さい。
関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚

Comments (6) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Comments

Re: 換水について

こんばんは。

確かに水槽を立ち上げて間もない私にとって水換えを頻繁に行うと言うのは魚にストレスを与えないかという不安がありました

水換えの際は魚を別容器に退避させたほうが良いのかとか未だに迷いはあります
最初は餌を入れた際に水面を魚が突付きながら餌を食べてくれましたが最近では中々突付いてくれません
というか怯えているような気もします

といってもここ数日立て続けにミナミが死んでいるので水換えをする予定です

とりあえずは水質が安定するまではまめに水換えをしていきます

ではこれにてv-222

Posted at 03:24:33 2007/01/23 by まりも

Comments

Re: 換水について

度々ですいません

もしよろしかったらで良いですが
以前教えていただいた薬浴用の塩水水槽の事で教えていただきたいことがあります

塩水水槽は新しく飼ってきた生体のトリートメント用に使えますか?

塩水水槽にはフィルターを使っても問題ないのでしょうか?

病気が治るまでは生体は入れっぱなしでよいということでよろしいのでしょうか?

初心者の質問で申し訳ありません

気が向いたときでも結構なのでよろしかったら教えてください

ではこれにてv-222

Posted at 03:40:05 2007/01/23 by まりも

Comments

Re: 換水について

塩水水槽はトリートメント水槽としても使えます。

塩濃度が低い海水水槽を立ち上げることと同じに考えていただければ良
いと思います。

ですから、もちろんフィルターを使い環境を構築することとなります。
その為、淡水水槽に比べ立ち上がりに時間がかかります。

お伝えしたように濃度が低ければ継続して飼育ができます。ショップでも
グッピーなどは同様のケアをしてから販売しています。

ですが、ご自身でどこかの川などから確保してきたならば、トリートメン
トの必要はあるかと思いますが、ショップで購入された場合は先ずショッ
プ側でトリートメントしてから販売しますので別に新たにトリートメント
をする必要はないかと思います。

それより「水あわせ」をしっかりされたほうが良いと思います。「水あわせ」
については、研磨王倶楽部の熱帯魚2に記載しておりますので参考にしてくだ
さい。

Posted at 22:07:04 2007/01/23 by 研磨王

Comments

Re: 換水について

さて、まりもさんの水槽の改善方法ですが、半リセットをしなくては直らない
かも知れませんね。

どのような器具と環境で飼育されているか詳しく伺わなくてはなんともいえま
せんが、現在、飼育水ににおいが発生していませんか?

先ず、魚を別の水槽に退避させてエアレーションとサーモで環境は維持してく
ださい。飼育水は現在のものを移してください。

濾過装置は清掃をされたのですね。では、低砂を全て取り出し、水槽の中の清掃
とバケツの中でていさを何度もよく洗いこんで下さい。但しセラミックか私が使
大磯以外では良いですが、肥料を混入した砂の場合は入れ替えてください。

砂を戻し、飼育水を1/2移し、サーモは余分にありますか?なければお湯をある程
度入れた水とカルキ抜きをして水を混入してください。水温を合わせるためサーモ
を入れて、エアレーションをさせて安定してから魚を水合わせして戻してください。

この後、重要なことは水草を多く入れることです。ココからは水草を使った環境改
善方法の一例です。

できれば有茎方の水草を多く植えてください。亜硝酸を水草が取り込みどんどん大
きくなりますからピンチカットして、がんがん増やして、増えすぎたら捨ててくだ
さい。

水草に悪いところを吸わせて捨てます。その為しばらくはコストがあまりかからない
水草が良いです。しばらくしますと、安定してきますので水草を好きな物に買えたり
調整をしてみてください。

このとき、できたら醗酵式のCO2添加をお薦めします。微量のアルコールが飼育水に
混入され苔は出にくくなります。研磨王倶楽部の研磨工房に作り方は記載していま
すので参考にしてください。ただ、この時期はCO2発生器を暖める方法を考える必要が
あります。




Posted at 22:53:04 2007/01/23 by 研磨王

Comments

Re: 換水について

さっそくのアドバイスありがとうございます

塩水水槽の水の方ですが元の水は飼育水を使った方がいいのでしょうか?それともカルキ抜きした水ならOKなのでしょうか?

水槽の改善ですが
匂いの方は水槽に鼻を近づけて嗅ぐとすこし臭いなという感じです
念の為にアドバイスどおりに半リセットを一度やってみようと思います

お忙しい中お時間をさいて答えてくださりありがとうございます
今後ともよろしくお願いします

ではこれにてv-222

Posted at 03:41:35 2007/01/24 by まりも

Comments

Re: 換水について

まりもさん。こんばんわ。

塩水水槽ですが、バクテリアがまったく違ってきます。その為、
新規に立ち上げますから現在の飼育水は使えません。

また、トラブルが発生している飼育水の場合、その元を包括して
いますのでトリートメント用とするなら、なおさら避けたほうが
良いでしょう。

立ち上げのときはパイロットフィッシュでアカヒレなど、環境変
化に強い魚で対応して下さい。また、塩については海水用ではな
くても「天然天塩」でOKです。

但し、記載しましたように濃度は守ってください。必要であれば
塩濃度を比重で計測できる物もありますので購入されても良いと
思います。

半リセットは挑戦してみてください。極端に匂いを発していなう
ようであれば、この作業で復活すると思います。

水合わせは、あせらず、きちんと次官を守ってしてください。

Posted at 22:29:41 2007/01/24 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

Before After 1
こんばんは。まりもです前々から言っていた水換えがやっとできました(まだ途中ですが・・・)ミズミミズ、コケ、病気、相次ぐミナミの死を引き起こしたと考えられる水質を正常に戻せればと半リセットに挑戦し

2007.01.25 (Thu) | 研磨王倶楽部談話室