2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

濾過装置の検討

 【24//2007】

濾過装置は様々な物が使われておりますが、業務用をの除き、海外では
外部濾過が主流のようです。上部濾過は日本ぐらいのようです。

濾過能力が高いのはオーバーフロー水槽ですが、かなり場所や水量、費
用がかかり、土台も堅牢な物でなくてはならないので戸建てにお住まい
で場所が取れなくては難しくなります。

しかし、小型水槽でサイドオーバーフローという方法で濾過能力を高め
ている水槽もあります。
オーバーフロー水槽は濾過能力は高いのですが、基本的に飼育水を上か
ら下に落下させますので旨く調製しないと爆気させていることになりCO
2を添加する水草水槽には向きにくくなります。大型ボンベで多量にCO
2を送り込めるなら別ですが…

ここで大雑把に濾過装置の種類と長所、短所のおさらいです。

【底面濾過】
底砂が必要となりますが、底砂を濾材として使用します。エアーポンプ
もしくは水中ポンプを使用し水を循環させます。底面全体が濾過装置と
なり濾過能力が高いことが特徴です。

底砂の中で水が循環しますので根腐れが起こりにくくなります。但し、
ゴミを全て底砂の中に吸い込みますので一定期間で底砂をプロフォース
等で清掃するか、場合によっては底砂の大掃除が必要となります。

また、水草の埋め込みタイプの肥料は流れてしまいますから意味が無く
なってしまいます。

【上部濾過】
濾過器が水槽の上部に乗せるタイプです。濾材を収納する容器も十分な
容量を持ち、濾材が空気に接する面が多いことからバクテリアの繁殖が
良く、水槽の立上がりが外部濾過等に比べ早くできます。また、メンテ
ナンスも楽にできます。
難点は、水槽上部に設置する為、照明器具の設置場所が限られてくるこ
とです。また濾過した飼育水が水面上部に放出する設定になりますので
水草水槽の場合CO2が放出しやすくなりますが吐水口を水没させれば使
うことができます。

【外掛けフィルター】
簡単にセットできることと、上部をあまり塞ぐこともありませんし、水
槽の背面に器具を持って行ける為、設置スペースの妨げにもなりません
。難点は、濾材あまり収納出来ないことです。

【投込み式】
水槽内にポンプと濾材が一体になった物、もしくはエアーポンプにより
稼働させます。底砂の上に置いたり、水槽内背面やコーナーに取付けま
す。手軽さはあるのですが、水槽内の場所をとってしまいます。

底面濾過の場合もそうですが水中ポンプの場合、音が静かな反面、発熱
があるので、夏場の温度管理は気にする必要があります。

【オーバーフロー】
基本は水槽の下にもう一つ水槽を置き濾過層として使う方法です。サー
モを濾過層内に設置することができる事と、かなり多くの濾材と水量か
ら濾過も余裕があります。

サイドオーバーフローや背面オーバーフロー等と言う変形タイプもあり
ます。高濾過能力を必要とする海水水槽に向きます。

【ハイブリット濾過】
上部濾過と底面濾過、外部濾過と底面濾過といった複合濾過です。この
場合、底面濾過がプレフィルターとなってしまい清掃は大変ですが濾過
能力が倍増します。

では、水草水槽の場合、どのような濾過装置が向いているのでしょうか
?出来るだけ照明を全面に照射できる物が向きますし、CO2を逃がしに
くい仕組みの方が助かります。

そこから考えますと外部濾過になってきます。水槽が大きいのであれば
、例えば私も使う、エーハイムの2213を並列で数個セットした方がコス
トパフォーマンスに優れて能力も高いという事で使われている方もみえ
ますから、組合わせは検討が必要です。

どの濾過装置でも様々な考えから作られています。弱いところを補って
やれば良い環境は作れると思います。手間はありますが、外部濾過と底
面濾過、上部濾過と底面濾過は結構良い組合わせで、濾過能力もかなり
あります。

水草を成長速度が遅いもの、陰性のもの、活着性のもの、などにすると
、光量、CO2添加、水草メンテナンス等の事で悩む事が少なくなります


あとは、吸水口からプレフィルタータンクを経由してから外部濾過に接
続をする方法もあります。この場合、外部濾過のモーターを回さずにプ
レフィルターにされている方もみえます。

私は今、このタイプを検討していますが、出来れば自作しようと思って
います。

吸水口側は、負圧で水が吸い出される為、ジョイント部の水漏れがしに
くくなります。

かなり密閉度が高く、簡単にメンテナンス出来るようにしなくてはなり
ません。但し外部濾過を購入した方が安くなるようならば自作はあきら
めるしかありません。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

Re: 濾過装置の検討

今まで上部フィルターのみでしたが
半リセットを機に投げ込み式のフィルターも導入しました
投げ込み式のフィルターでエアレーションも兼ねればいいとケチったうえですが・・・v-398

ではこれにてv-222

Posted at 23:46:26 2007/01/25 by まりも

Comments

Re: 濾過装置の検討

こんばんわ。まりもさん。

コストパフォーマンスが高いのは底面濾過ですよ。
手間はかかりますが小型水槽では圧倒的に濾過能力が高くて良いですよ。

その代わり低砂はできるだけ厚めにするほうがろ過能力がUPします。
こちらも検討をしたほうが良いですよ。

上部濾過とジョイントしてハイブリット化させると、その濾過能力は
絶大です。

Posted at 19:28:49 2007/01/28 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks