2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

水草水景造りの考え方

 【25//2007】

水草水槽をされる場合、ショップや病院、または企業の入口などで水草
の緑色に映える魚を見て、その美しさから「つくろう!」と思い立った
方も多いと思います。

これが、苦労の始まりになりますが、水草もさることながら水槽をきち
んと立ち上げなくてはなりません。

ただベアタンクに比べますと管理は幾らか楽になります。水草は水質浄
化の機能があるからです。と、言っても魚が排出する糞等のアンモニア
からバクテリアが亜硝酸、硝酸塩の順に変え水草が肥料とするからです
。その硝酸塩を消費する量は限られていますので水草の量が多いほど消
化がよくなります。

水槽の管理をするには、化学的知識、生物、食物連鎖の知識をある程度
持っていたほうが問題は少なくなります。

植物の光合成は小学生の時に習ったと思います。光と二酸化炭素から酸
素を生成する自然の工場です。ですが、植物は光が当たらない時は酸素
を生成せずに、逆に酸素を吸収している事を知らない方が意外に多いこ
とに驚かされます。

水槽で照明が当たらない時に、エアレーションするのはこの為です。そ
うしないと、水槽内は酸欠状態になってしまいます。

水草に多くの酸素を生成してもらうには、光を照射していない時は多く
の酸素を与える必要があります。

水草の選択ですが、同居する魚が対応するPh値と合わせる必要がありま
す。

という事は、極力、生息地が同じ方が問題が起こらないし、生息地の雰
囲気を出せます。

派手なレイアウトは有茎型の水草を密生させたダッヂアクアリウムにな
ります。私も当初、目指しましたが、今は逆に派手さはありませんが、
成長速度が遅いものや、光やCO2を極端に必要とならないものに変えて
います。、と言いながら、赤系の水草はある程度、肥料、光、CO2が必
要ですが…

それぞれの生活のリズムに合わせてメンテナンスが出来なければアクア
リウムは長続きしません。

派手に美しさを追及すると言う事で、毎日でも手を入れると言うならば
、様々なレイアウトを検討出来ます。

「しょっちゅう水草の手入れは…」とか「CO2ボンベや電磁弁の費用が
すぐに出せない」と言う方は陰性の成長速度が遅いものや、CO2をあま
り必要としないものを選ぶとか、醗酵式CO2に挑戦するなどレイアウト
や環境を構築すれば良い訳です。

費用を出来るだけかけずに水景を作る事は可能です。よく「熱帯魚?お
金がかかりそう…」という声を聴きますし、私も、当初、そのように思
っていました。

実際、私は皆さんが思われているように、お金はかけていません。

なぜ、そのようになってしまったのか?なぜ、そうのようにしなければ
ならないのか?私は考えて、理屈を調べる事によりコスト面も解決して
きました。自作した方がコスト・ダウンできるのか検討することもよく
あります。

考え方は人それぞれですし、どれが良いとは言い切れません。あくまで
も趣味ですから、自分のペースで、自分の生活に合わせて楽しみましょ
う!


関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 熱帯魚

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

Re: 水草水景造りの考え方

こんにちは。水草も熱帯魚も育てるのは難しいと水槽を持つまでは思っていました。簡単ではないですが自分なりにペースを崩さず
お世話していけば楽しんで出来るものんんだなと実感したのはここ1年くらいかもしれません。
最初は悪戦苦闘でした...毎日よく観察して状態を知ることもまた容易ではないのですが楽しんでやっていくというのが
私は環境を整える一番の方法かな...と思って頑張っています。といいながらも...水草を枯らせてしまうことも多々あるのですが(笑)

Posted at 13:34:55 2007/01/25 by すぴ嫁。

Comments

Re: 水草水景造りの考え方

すぴ嫁さん、こんばんわ。

そうですね。ある程度わかってくるのには経験が要りますから、一定時期までは奮闘
しなければいけませんもね。

でも、11基もも水槽を管理されているのですから羨ましいし、素敵です。
頑張ってくださいね。

Posted at 22:38:08 2007/01/25 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks