2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

醗酵式CO2添加の延期と魚の追加

 【12//2008】

20080512231557
先週末は醗酵式CO2を開始する予定でしたが急速な気温低下で1週間先
送りすることにしました。買い物や他にやることもあり、手が回らなか
ったこともあります。

エアストーンは、漂白剤につけて詰まりもしっかり取除き、塩素抜きを
しっかりしてありますので今週末気温低下がなければ培養地を作成しま
す。

さて、先週の土曜日午前中は換水とメンテナンスもしましたので、魚の
寿命による減少から日曜日に魚を見にショップへ行きました。丁度、小
型のラスボラ・へテルモルファがでていましたので10匹購入しました。

いつものように水合わせをした上で投入です。容器内に入れて水合わせ
をしていきますが、今回のラスボラはかなり元気です。飼育水を捨てる
時、すごい勢いで一緒に出て行こうとします。

しょうがないので、掬い網で押さえながら飼育水を流すと、網の近くに
近付くとUターンします。壁と思っているか、網で掬われた記憶からで
しょうか、問題無く水合わせを完了させました。いよいよ投入です。日
曜の16:20です。水槽内が大騒ぎになりました。新たに追加した魚は水
槽内を泳ぎ回り、広さを確認します。餌を探すような動きもしていますから問題ないでしょう。

今朝見ると、安定して泳いでいます。折り合いが付いたようです。金曜
日の朝に給餌したのみでしたので、いつも通りコリドラス用のタブレッ
トタイプの餌を1つと、小型カラシン用の顆粒タイプの餌を少量与えま
す。問題無く群がります。

底砂を見ていて気付いた事があります。底砂内に気泡が幾つも確認出来
ます。適度な底砂の厚みとリシアストーンに押さえられている事、ミナ
ミヌマエビの糞等から底砂内の嫌気化が進んでいるのかかもしれません
。そうなら、醗酵式CO2に変更する事により、発生するアルコールがさ
らに促進してくれるはずです。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 カスタマイズ 水草

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

最近なんだか、めっきり寒いですからね
もっとも、おととは寒い方が快適なので
今が一番元気だったりします
夏になると・・・溶けてます・・・
そう言えば、おととのメイン水槽も底砂から時折
ポコポコと気泡が上がってますね
嫌気状態が出来ているようです
時々、コリがモフモフして気泡が出ている事も
慌てて逃げていくけどね

Posted at 23:32:40 2008/05/12 by おとと

Comments

>おととさん、

なんか気温が一気に落ちてしまいましたね。私も気温が低い方が動きが良くな
ります。

一時、脱窒素濾過等も検討したこともありましたが、水草水槽ではリシアやウ
ィローモスの密生により、近い効果があることが分かりましたので、今は脱窒
素濾過は対応は考えていません。

Posted at 07:54:01 2008/05/13 by 研磨王

Comments

この急激な気温低下はなんなんでしょうね
冷却ファンの設置を延期しちゃいました^^;
ウチの水槽でも気泡が出ますよ
ソイルが固まっちゃうので、時々ピンセットを差し込むとポコポコって
やらないほうがいいのかな~?

Posted at 08:35:24 2008/05/13 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

嫌気化は、水流が悪かったたり、酸素が届いていない箇所で発生します。

水草水槽では水草の密生化により脱窒素濾過同様の効果があります。

低砂内が固まりすぎないように手を入れられる方が水草の根張りが良くなりま
すので、続けられた方が良いと思います。

Posted at 08:12:06 2008/05/14 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks