2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

醗酵式CO2添加の補助システム

 【02//2008】

20080702081216
気温の高低差により醗酵式CO2添加が旨く稼働していないようです。そ
こで、過去に使用していましたテトラ社のプッシュ式CO2を水槽に導入
しました。

まず、拡散塔を醗酵式CO2添加用のイブキ・エアストーン上に設置して
プッシュ式ボンベから拡散塔内をCO2で満たします。醗酵式CO2添加が
旨く稼働すれば拡散塔内は醗酵式CO2で満たされて、自然に飼育水と完
全に溶け込みます。

醗酵CO2を拡散塔に直付けしていないのは爆発的に醗酵した場合、一気
に下部よりCO2が噴出してしまうことから、エアストーンで小出しにし
ています。

このテトラ社のシステムは5年程前に購入したものです。拡散塔が欲し
くて購入しています。

タイマー調整等は拡散塔内にCO2が満たされると下から吹き出てしまい
ますから無理です。

照明の点灯は夕方から22:00ですので、私がそれまでに帰宅していれば
ですが、CO2の添加量がすくないと感じた時はプッシュ式ボンベからC
O2を追加することになります。

何とも大雑把なCO2添加ですが、実証テストやこのような補助的に使う
方が現実的のようです。
今回は携帯からの記載の為、写真は1部となりますが、追って経過を記
載します。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 醗酵式CO2

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

父もこのシステムの拡散筒には興味が有るんですが・・・
いい値段しませんか?
出来れば10cmキューブで使いたいな~とも思ってるんですが

Posted at 08:27:36 2008/07/02 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

価格としてはそんなにしなかったと思いましたが、筒の口径と吸盤の張り出し
から考えると、10cmキューブですと、容量の1/4を占めてしまうサイズとなっ
てしまいます。

筒は別途自作の方が良いかもしれません。

Posted at 19:58:39 2008/07/02 by 研磨王

Comments

こ、これは!?
おとともかなり昔に気なってはいた
筒の上部に膜が貼ってあるんだっけ?
構造は単純だけど、けっこう溶け込んでくれるらしいですね
なるほど、これだったのか

Posted at 22:57:43 2008/07/02 by おとと

Comments

>おととさん、

そうです。おととさんのBlogで意味深く書いたのはこれです。もともと、醗酵
式をする時に使用するつもりでいたものです。

ゆっくりと完全にCO2を溶解させます。ボンベですと空気を含んでいることが
あり、筒内に残ることがありますが、醗酵式はCO2の純度が高く完全に溶解し
ます。難点は筒が場所を取ってしまうことです。

Posted at 08:08:27 2008/07/03 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks