2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

拡散塔システムの効果1

 【04//2008】

数日前から導入しています、拡散塔システムは醗酵式CO2添加の補助シ
ステムとして効果が出ている様です。

リシアの成長の速度が上がり出しました。分かりやすい浮き草です。私
の水槽ではミナミヌマエビとリシアの状態が水質調整のバロメーターと
なります。

エビは水質汚染に敏感です。昔からエビが住めない水質には魚は住めな
いと言われます。しかし、水温の上下には強く、ミナミヌマエビは給餌
や状態により固体色も変化します。リシアは豊富な光とCO2、バクテリ
アが魚の糞等を分解した亜硝酸など水草にとっての餌により繁殖します


醗酵式CO2を拡散塔でキャッチして溶解率を上げて、夜、帰宅してから
点灯内に溶解できるプッシュ式ボンベからCO2を拡散塔内に添加をして
います。

帰宅が照明器具の点灯時間内より遅くなる場合は、もちろん添加しませ
ん。その為、添加にはムラがあります。

今朝は早くの出勤で写真を撮れていません。明日も出勤となりますので
、日曜日に経過を掲載します。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 拡散塔 リシア

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

早速効果が出始めたんですね(^^)b
う~ん、これは参考にしないと
バレングラスやストーンだと、どうしても水面で気泡がはじけてる気が・・・
さて、どうしようかな

Posted at 08:27:32 2008/07/04 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

いかに飼育水の中にCO2を停滞させるかになりますので、拡散塔は古い考え方
ですが効果的です。

まだ未完成のスパイラル撹拌器も、いかに飼育水の中にCO2を停滞させながら
、素早く溶解させるか、ですから、基本的には同じです。

ただ拡散塔は見栄えは大きくて、あまり良くないのが難点です。

Posted at 18:47:23 2008/07/04 by 研磨王

Comments

やっぱり、溜めて置くのは効果でますね
おととも攪拌筒付けた時に感じましたよ
てか、あのリシアの生長速度が上がったって・・・
あれ以上に爆殖 (((( ;゚д゚)))アワワワワ

Posted at 20:54:12 2008/07/04 by おとと

Comments

>おととさん、

リシアは網蓋への変更による光量の減少と醗酵式CO2への変更による不規則な
CO2添加量により成長速度が弱冠落ちていました。

今回のシステム変更でリシアの成長速度は元に戻ってきました。

網蓋がガラス蓋に戻るとリシアの成長速度は更に上がるかもしれません。

Posted at 11:26:02 2008/07/05 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks