2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

拡散塔システムの効果3

 【06//2008】

飼育水の水温が30度を突破している日が合ったようです。昨日の可能性が高いです。
水温計

これはいくらなんでもまずいでしょうと、小型水槽用のですがとりあえずファインを回しました。

小型ファン

奥の儀にるのものがファンです。現状28.5℃を維持されています。

網蓋水槽

日中で乱反射していますので見ずらいですが、リシアは順調に育っています。拡散塔が効いているよ
うです。今朝のメンテナンス時に醗酵式CO2のボトルを見ましたが、気温の上下が続いたためか、死
にかかっています。

中の水溶液を捨てて、お湯400ccとドライイーストを小さじ2杯分添加しました。この暑さですから醗酵
は順調に進みCO2の噴出が始まりました。

拡散塔があるため、CO2もあまり無駄なく飼育水に溶解してくれるはずです。しばらく様子見です。




関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ 拡散塔 醗酵式CO2

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

この時期の高水温、厳しいですよね
でも、まだ始まったばかり!
あと3ヶ月近くもこれが続くかと思うと(--;)
父もいろいろ試してるんだけど・・・
難しい(悩

Posted at 08:42:35 2008/07/07 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

気温の上下がありビックリです。この時期に30度越えは勘弁してほしいもので
すね。

Posted at 11:55:22 2008/07/07 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks