2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

水温の経過と冷却について

 【10//2008】

水槽の先週から水温経過を見ますと、26.0~26.8℃で安定しています。

デジタル水温計の良いところは、最低・最高水温を記録することです。
現在は毎週末の換水時期にメモリをリセットして経過観察をしています
。大体3日で1.5Lの給水をしています。

この時期は、水温の上昇にともない水質の劣化が急速に進みますので、
換水時期前に給水したから換水をしない、と言うことは辞めた方が良い
でしょう。特に注意する点は水温です。30℃を超えるとバクテリアの活
動が急速に低下し、水質劣化を促進させてしまいます。

私の水槽では小型水槽用のファンで事足りていますが、旨く水温低下さ
せれない場合は、ファンのサイズを上げたり数を増やす等の対応が必要
でしょう。

5年ほど前、ペルチェ素子を使いクーラーを作る事も考えましたが、当
時はペルチェ素子も高額で、金額の割に効果が低い事から現在のファン
により気化熱に依る水温低下に行き着いています。

ファンの設置で注意する点が何点かあります。ファンの風を飼育水の水
面に当てることになりますので、さざ波が発生することになります。こ
れはエアレーションをしている事と同じとなります。エアポンプによる
エアレーションはエアストーンから出る泡を使い、飼育水内と水面に波
を発生させる事により酸素を飼育水内に補給します。

この事から、水草水槽で照明点灯時のCO2添加は通常よりも多めに添加
する必要があります。また、角度をつけるなどして、ファンの風が当た
る面を増やすなどされている場合は、水槽内の水流に沿って風が流れる
用にされた方が、水槽内の水流の乱れが発生しにくくなるでしょう。
関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ペルチェ素子は父も考えちゃ事がありますけど・・・
値段の関係(高い!)と、高温側の処理をどうするかってことで挫折(--)
結局、冷却ファンが手っ取り早いかと ^^;
冷却ファンによる水面の波は父も気になっていました
近い内に、水面に当たる角度とか調整してみます

Posted at 12:28:52 2008/07/10 by TNの父

Comments

ん!?ペルチェ!これおととも考えた
てか、皆同じ子と考えているのに笑った(笑
ペルチェを使っての冷却は、効率がえらく悪いらしいですよ
どこだっけなぁ~、どっかで作って実験していたんだけど・・・
なんでも、そこのサイトによると
冷却側の能力を上げるには、発熱側の冷却効率を上げなくてならない
この発熱側の冷却を苦労して作り上げたらしいのですが
それでも水温は大した変わりが無く
しかも!そのペルチェに使った冷却方法(ファンによる空冷だったような
これで直接冷やした方が、水温が下がったとか(笑
水槽ほどの水量を冷却するには、かなりの大きさのペルチェが必要で
ペルチェ自信の冷却も、それなりの設備が必要
って結論だったような、それ読んでおととは諦めたんだけどね

Posted at 19:12:16 2008/07/10 by おとと

Comments

>TNの父さん、おととさん、

泣きます。 ペルチェ素子は様々な先達の方々がチャレンジされていますが、
良い実績は出ていないようです。

キャンプのクーラーでは採用されて実績ありますが、水槽では良い効果を聞
いていません。

残念です。

Posted at 23:34:42 2008/07/10 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks