2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

感じる事、考えている事

 【23//2008】

最近、バタバタして、なかなかBlogUp出来ません。ホームページ側もメ
ンテナンスしなくてはいけないのですが手を入れる時間が調整出来ない
状態です|||(-_-;)||||||

今回は、雑記的になってしまいますが、ご了承下さい。

さて、先々週の休みには、SONYα350で街を撮りましたが、先週末はCA
SIO EXILIM EZ-1080でスナップです。足を隣りの街に延ばしました。

祭りの神輿を準備していたり、銭湯を見つけたりと発見がありました。

関東も梅雨明けし、本日は暦の上では大暑です。さらに暑い日が続く夏
の幕開けです。なのに私は今日と明日は関東より暑い大阪出張です。

気になるのは水槽の水温上昇です。一日で水位が1cm下がります。昨晩
、給水しておきましたが戻ったら、どうなっているのやら。水質劣化も
気になります。ファンを増設させる必要がありそうです。現在の小型フ
ァンでは限界が来ているようです。しかし、設置場所が問題になってき
ます。(>_<)

一つ考えがあります。現在未使用で棚の上に放置してある小型水槽を今
の60cm水槽とジョイントして、水量を増やすことにより水質の安定化と
ファンを移動をさせる事です。

これを実現させるには、60cm水槽の飼育水を汲上げるポンプと小型水槽
のオワバーフロー化が必要です。小型水槽は底が樹脂製ですから加工を
しようと思えばできそうですが、用途が限られてしまいます。

そのことから、サイド・オーバーフロー方式を検討しています。引っ掛
け式の濾過装置を改造して使おうと思っていますがポンプはパワーがあ
るものにしなくてはなりません。仕組みが複雑にならないように頭を捻
っていますが複雑になってしまいそうです。考え方として、小型水槽が
一つの外部濾過として機能させる事が目標です。
濾過装置が水槽より低い位置にあれば飼育水は落下しやすくなりますが
、強制的に下にある60cm水槽の飼育水を吸上げて小型水槽に送込み、そ
の同量の飼育水をまた60cm水槽に戻す必要があります。流量を注意しな
くてはなりません。電気が落ちた時、飼育水の循環を完全にロックさせ
る事も考える必要があります。負圧で小型水槽の飼育水が60cm水槽に送
込まれて床が水浸し、では大変なことになります。

今年の夏中にできるのでしょうか…(-_-;)

関連記事

Category: 未分類

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

大阪出張ですか!
ご苦労様です
OF水槽は父もちょっと惹かれてます
濾過の面でも、温度対策の面でもメリットは有るんですよね
でも、いろいろ問題も・・・
設置場所の確保と、研磨王さんの言うようにポンプが止まったときの対策
気が付いたら床中水浸しにってのは怖すぎます(汗
参考にしたいので、頑張ってください
父のところで可能ならパクリますので(爆

Posted at 12:32:21 2008/07/23 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

サイド・オーバーフロー水槽は4年程前から考えていましたが、必要性もない
ことから手を出していませんでした。

どうなることやら…(^.^)

Posted at 19:22:42 2008/07/23 by 研磨王

Comments

また凄い事考えてる
サイド式オーバーフローって・・・
これは見たいですね
水量の関係はおととも最初の頃悩んだ
で、出した結論はサブフィルターの追加
これでも2Lくらいしか増えてないだろうけどね

Posted at 23:26:22 2008/07/23 by おとと

Comments

>おととさん、

これができると、水槽の連結が可能となり、水量の増大から安定した水質を維
持しやすくなります。

また余分な加工を水槽にしませんから水槽の使い回しが可能です。

現在、水槽を並行に設置した場合ですと、意外と簡単に造れることは解りまし
たが、上下設置の場合、排出側の加工を上手くしなくては、大変なことになり
そうで悩んでいます。

Posted at 08:01:51 2008/07/24 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks