2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

サイド・オーバーフロー・システムの検討1

 【27//2008】

熱対策のためのファンの拡大設置と、水質劣化を抑制することから、サイド・オーバーフロー・システム
について本格的に検討しだしました。実質は飼育水槽がもう1つ増えることになります。

まず、システムの概要です。

サイドオーバーフローシステム
このシステムの考え方ということで見てください。メイン水槽(異型60cm水槽)は外部濾過を使い濾過
をしていますが、それら機材の表示は割愛しています。

引っかけ式のワンタッチフィルターを改造したサイフォンBOXに、塩ビパイプでU字型にしたパイプでサ
ブ水槽(36cm水槽)とを結びます。サイフォンBOXには事前に呼び水を入れておきます。メイン水槽の
飼育水をポンプでサブ水槽に吸い上げます。メイン水槽の飼育水はサブ水槽内のシャワーパイプを通
じて排出されます。水位が上昇するとサイフォンBOXよりメイン水槽の方が水位が上昇し、サイフォン
の原理によりサブ水槽内の飼育水は、サイフォンBOX内に吸い込まれます。BOX内の仕切りを越える
と、飼育水は、メイン水槽に落下します。

U字パイプの頂点からサブ水槽内のシャワーパイプをエアフォースを使い結びます。察しの良い方はご
理解されているかと思いますが、このシステムではU字パイプ内にエアが入ってしまうと吸い上がらな
くなります。そのため、ポンプの水流を使いエアを流すためにこのような接続をしています。

問題になるのは、電気が止まった時のことです。サイフォンの原理で吸い続けられてしまうと、メイン
水槽内に水が多く流れ込み最悪、大洪水です。それを防ぐ為に、U字パイプのサブ水槽側の下に、穴
をあけておきます。一定水位を下回った場合、この穴からエアがパイプ内に入り込み、サイフォンの原
理は停止します。

但し、ポンプの動作が停止した時には、ポンプ側のパイプ内の飼育水がメイン水槽に逆流することも
考えられます。逆流防止弁も考える必要もありそうです。また、ポンプの流量にU字パイプ径が追従で
きる太さがなくてはサブ水槽がオーバーフローする事もありますので、U字パイプは塩ビパイプを使用
することになってきます。ポンプの流量はこのシステムでは最重要になってきますので、よく検討する
必要があります。


さて、まず、サイフォンBOXとなる物の検討と確認です。当初より考えていました引っかけ式のワンタ
ッチフィルターを使います。
ワンタッチフィルタ1
テトラのワンタッチフィルターです。家に2基ありますので1基をばらしました。バラスとこんな感じで
す。


ワンタッチフィルタ2 ワンタッチフィルタ3
モーターを外した穴は35mm位です。ホームセンターにモーターを持って行き、塩ビパイプの口径で合
うものを探しますと、内径20φの物がぴったり合いました。U字パイプになるものは、この20φの塩ビ
パイプのエルボを接続すれば作れそうです。

ポンプは陸用でも使えるタイプが水槽内に影響がなくて良いと思っていますが、ショップでポンプを見
ましたが結構な価格です。過去の記憶から考えるとレーシーのポンプが価格の割に能力が高いとは
思っています。流量が調整できるポンプの方が扱いやすそうです。場合によっては外部濾過を使う手
もあるのかな、とは思っていますが、色々探す必要もありそうです。

通常のオーバーフロー水槽より微調整をしなくてはならないに事もありますのでできるだけ多くの情報
が必要です。これが完成すれば、サブ水槽をカージナルテトラ水槽にしても良いかなと思っています。



関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Tags : 熱帯魚 水草 カスタマイズ サイド・オーバーフロー

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

大掛かりな改造になりますね
ポイントは、サブ水槽への流量と、サイフォンBOXからの流量のバランスでしょうね
普通のOF水槽との違いは、上の水槽をサブとしてるって事でしょうね
でもこのセッティングは面白い!
完成システムを早く見てみたいです^^

Posted at 17:40:40 2008/07/27 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

ここまで考えるのに結構苦労しています。ポンプのパワーが鍵です。あまりパ
ワーがありすぎても困りますから、ポンプの選択は慎重になります。

これができると、水槽の多段化が可能となりますから水槽マンションも出来そ
うです。

Posted at 08:05:19 2008/07/28 by 研磨王

Comments

水温対策でOFって・・・大胆だ
おとともOFのシステムは気になっているけど
やはりネックは水漏れ
万が一に備えての対策、がんばって

Posted at 16:31:11 2008/07/28 by おとと

Comments

>おととさん、

水漏れになったら大変です。まだ課題はいくつかありますので、慎重に進めま
す。

Posted at 08:03:30 2008/07/29 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks