2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

サイド・オーバーフロー・システムの検討2

 【29//2008】

サイド・オーバーフロー・システムについて、まだ以下の検討課題があ
ります。

1.停電になった場合、サブ水槽からフローBOXに流れる飼育水はサブ水
槽側のU字パイプの穴を下回るとU字パイプにエアが入ることによりフ
ローBOXへの排出を停止します。

しかし、夏場の暑さによる飼育水の気化で水位が低下してもエアを吸込
み、U字パイプの排水は止まります。こうなると最悪です。メイン水槽
からの飼育水の吸上げは継続しますから、サブ水槽からは飼育水が溢れ
てしまいます。フロート・スイッチにより、ポンプの電源を切る等の対
策が必要です。構造をどうするかです。

2.U字パイプにエアが入ることにより排出を停止した後、ポンプの電源
が入った後スムーズに必ずオーバーフローし出すのかは不明です。ポン
プの吸上げ能力とU字パイプの口径のバランスになりそうです。ポンプ
にパワーがありすぎても良くない様です。選定に悩みそうです。

3.ポンプが停止した場合、極力逆流してサブ水槽の飼育水がメイン水槽
に戻らない様にする為、シャワーパイプは水槽下部に設置する事は避け
た方が良さそうです。サブ水槽の水位が下がると水面にシャワーパイプ
が出る様にするか逆流防止弁を検討した方が良さそうです。逆流防止弁
は自作する事は難しいかも知れません。

このサイド・オーバーフロー・システムは通常のオーバーフロー水槽の
システムと比べ微妙な調整が必要そうです。
関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

( ̄へ ̄|||)ウーム
水槽の水が自由落下じゃない分、難しいですね~
給排水を同じ能力のポンプを同期させて行えばいけそうだけど、ポンプ二つ使ったんじゃ意味無いし・・・
考え出したら、眠れなくなりそう(汗

Posted at 22:51:58 2008/07/29 by TNの父

Comments

む、難しい・・・
U字パイプの制御って、かなり難しいみたいね
う~ん、どこだったかなぁ~、どっかで見たんだが
なんかいい制御方法だったような・・・
色々見ていると何処が何処だったか
全然使えないおととで申し訳ない
|l|i|ll_| ̄|○|l|i|l

Posted at 23:23:29 2008/07/29 by おとと

Comments

>TNの父さん、

通常のオーバーフローと違う点が味噌ですが、オーバーフローの二重パイプ構
造、三重パイプ構造のような複雑な構造ではないぶん、調整が微妙になりそう
です。

>おととさん、

メイン水槽からサブ水槽に吸い上げる能力がギリギリのポンプであればU字パイプはおそらく20Φパイプ
で問題ないと思われます。
ただし、サイフォンの原理に頼ることから、負圧をいかにコントロールできる
かが重要となってきます。同様の事をされている方もみえますので、WEBでヒ
ントがないか探してみます。

Posted at 07:46:22 2008/07/30 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks