2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

Puppy Linuxの無線LAN接続

 【11//2008】

Puppy Linuxはサクサク動いて良いのですが、まだ、無線LAN
設定ができていません。

色々調べましたところ、WEPキーなど暗号設定が有効にならな
い個とが原因の様です。というのも、無線LANカードは認識さ
れているからです。無線LANカードはBUFFALO WLI-PCM-L11G
です。ノートPCはThinkPAD i1800と言うWindowsME時代の代
物で、物理メモリはMAXで256MBです。

この無線LANカードは、KnoppixやFedoraでは接続されており、
Linuxドライバにも問題ありません。

接続1

デスクトップの接続アイコンから、懲りもせず、再度、GUIで挑み
ます。本当はshを使い、Profileを書き換える手がありますが、で
きそうな気がしましたので、試します。

eth0は内蔵のイーサネットボードで、eth01が無線LANカードで
す。orinoco_csというドライバと言うことがわかります。

さて、丁寧に記載されている手順にあわせ、ブリッジ/ルーターを
指定した後に、スキャンしてIDを拾います。その上で、WEPをか
けていますので、WEPキーをいれるのですが、頭に”s:”をいれた後
にキーを入力し進みます。

見事認識しました。”s:”がない為に認識しなかったようです。あと
はDHCP設定をして接続完了です。

これで問題がありませんので、しばらく使って、Fedoraと入れ換
えをします。個の記事もPuppy Linux搭載のMozilla系ブラウザの
SeaMonkeyを使って記載しています。

ストレスはまったくありません。

関連記事

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Comments

自分もWEPで苦労しました。

Puppy 4.2.0で、
WLI-UC-GNでWEB(128bits)したが、めちゃくちゃはまりました。

自分は、keyを16進数で26桁に設定していたんですが、その場合は、そのまま、ダブルクォーテーションも、s:もなしで、打ち込みます。
ESSIDの名称は、””で囲みます。

しかし、本当に苦労したのは、
コマンドラインからiwconfigで設定しようが、一向につながりません。TImeoutエラーです。

GUI設定ツールだと、成功しましたと言われるんですが、IPは取れても、DNSサーバが見つけられていないんです。ping www.google.comとかエラーになります。

それで、コマンドだろうが、GUIだろうがDNSサーバが見つけられない状態になるんです。

/etc/profileに書き込んでもだめです。すでに、dhcpcdが起動しているというエラーが出ます。


結局のところ、解決させました。
原因は、GUIのネットワーク接続ツールが3つ入っているのですが、

1.ネットワークウィザード
2.ネットワークウィザー(旧)
3.無線スキャナ

1と3でプロファイルを作ったり、消したりしていたんですが、1と3から完全にプロファイルを消しているつもりでも、なんか設定が残っている感じなんですね。。よくわからないですが、
それで、2のGUIで設定して、OS再起動すると、見事、接続成功。

無事、googleホームページが見れました。

誰かの参考になればと、思います。

長文すみません。

Posted at 02:45:04 2009/12/24 by nor

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 20:19:01 2010/07/02 by

Comments

大変参考になりました!

こんばんわ!
PUPYの初心者です。
ここの記事を拝見し、無線LAN接続ができました。””で囲むことや、ネットワークウィザー(旧)を使うこと、WEPのことなどを、忠実に実施した結果です。
機材はWLI2-CB-G54LとFMVMC3/45(オークションで落とした10年前発売のジャンクPCです。)メモリーは最大で192ですが
ストレスは感じません。単独ではきっと永久に接続できなかったと思います。本当に感謝!感謝!です。

Posted at 21:42:03 2010/08/31 by wahaha

Comments

Re: このページのお陰で繋がりました

> WEPをか
> けていますので、WEPキーをいれるのですが、頭に”s:”をいれた後
> にキーを入力し進みます。
>
> の記載を試したところ見事に繋がりました。
> 数日間苦しんでいたので本当に感謝しています。有難うございました。

大変遅いレスで申し訳ございません。接続できて良かったですね。
Linuxは益々一般化されてくると思われます。昔と違いGUIも良く
なりました。通信系は安定していますので、今後主流のOSになる
とおもわれます。私がよく使うOSはLinuxになってしまっています。

Posted at 00:30:37 2010/12/15 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

PuppyLinuxをCF-M1にインストール。
古いLet'sNote(CF-M1)にWindows2000を入れ、今までだまし...

2009.09.13 (Sun) | D'sDinner@Blog