2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

Puppy Linuxの修正

 【20//2008】

Puppy LinuxをHDDにフルインストールして使いだしていますが
、ブラウザのSeaMonkeyに幾つかのプラグインを入れて、メール
を起動させるなどすると、フリーズしてしまいます。

再起動かけてみると、X Windowのちぇっくをする前で、”#”が出
て止まります。menue.stl内の内容が幾つかコメント・アウトさ
れているのでしょうか?

CD-Rを使いシステムのみブート・オプションをつけて修正を使
用かと思いましたが上手く出来ません。しょうがなく、再度、
CD-Rでフルインストします。

内部データはすべて削除されて入れ直しです。Windows系と違い
10分弱で終わりますが面倒です。システムの修正コマンドを探
しておく必要があります。念のため、ブートメ・ニュウが書か
れているmenue.stlはURBフラッシュメモりに保存しました。

しばらく重要なデータはHDD内に保管しないほうが良さそうです。
関連記事

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks