2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

OLYMPUS PEN Sのレンズキャップとフード

 【30//2008】

出張でゆっくりとカメラを触り時間ができました。最近、手に
いれたOLYMPUS PEN Sはハーフサイズカメラでコンパクト・
カメラとしては30mm、F2.8と明るく過去から評価が高いカメ
ラです。

フル・マニュアルのカメラですから、露出とシャッター速度の
勉強になります。露出計を購入することは検討していますが、
中学生のころから社会人に入ってしばらくまで、マニュアルで
カメラ撮影をしていました。

それから、何年も達忘れている事が多くあります。大体、晴れ
た日には、露出はF8でシャッター速度は1/250で対応できます。
フイルムはISO100前提です。顔の経験は薄れていますので、今
は亡き、セノガイドCと言う株式会社関研究所の露出計計算尺
を復活させてみえる方がみえます。

しかも携帯電話で使えるようにしていただいています。すかさず
落として、ISO、天気、季節、時間帯から露出を算出できるすぐ
れものです。判断似困る時、特に助かります。


さて、OLYMPUS PEN Sのレンズキャップ何ありません。
また、フードもありません。代替品はないかとWebで探し
ていると、ガッチリと対応されている方がみえました。

設計者の米谷氏はLeicaマニアで、その思いをPENに注入している様です。

pen1 pen2
ストラップはビックカメラ札幌店で購入しました。皮か樹脂
の物が欲しかったのですが、繊維の物しかありませんでした。

さて、Leicaとの接点ですが、まず、バルカナイトと言われて
いるカメラ本体に貼られている皮ですが、Leica IIIc等のシャ
ークスキンと殆ど同一といって良い程、酷似しているようです


また、ピントリングの内側には34mmの螺きりをしているの
ですが、34mmのフィルターからガラスを外した状態でセット
すると、ライツ社製のA36/E34のフードキャップ等が使える
ようになる様です。

でも、Leicaパーとは高価なのですよね。一般の量販店では
扱っていません。34mmんフィルター自体まず簡単に入りま
せんから、中古で”カメラのきむら”あたりで探すしかありま
せん。

レンズキャップと、フードをLeica仕様にするのは米谷氏の意
図でもあるようですから、探してみますか。かっこ良いですし。




関連記事

Category: コンパクト・フィルムカメラ

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : クラシック カメラ OLYMPUS PEN S フード キャップ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

出張先でもお盛んですな~(笑
一人になる時間が多いから余計に集中できるのかな?
PENのLeica化ですか!
ヤッパリその道に詳しい方はいるものですね~
お金はかかりそうですが、出来を楽しみにしてます(^^;

Posted at 08:31:22 2008/12/01 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

時間がとりやすい文考えますが、
金額はかかりそうですので、エセ
Leicaにするかもしれませんねv-389

Posted at 20:43:42 2008/12/01 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks