2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

NikonPhotomicFTN 露出計の通電

 【16//2009】

父から譲り受けたNikonPhotomicFTNです汎用品ですがが、ラバーレンズフードを
購入して気分も上場です。

NikonPhotomicFTN

ただ、FTNファインダーの露出計が動かなくなっていたこともあり再度チャレンジ
しました。まず電極関係をよく清掃して、各部の動作を再チェックです。

電池は、水銀電池の代替品であるドイツ製のアルカリ電池を使います。1.5Vにな
ります。

Volta
一部では水銀電池を海外から手に入れる方法もあるようですが環境を考えますと
良くないですよね。これを2個使います。プラス側を上にしてホルダーに入れます。
FTNファインダー

FTNファインダー1
残念なことは父が電池蓋を紛失していることです。再度探してもらっていますがとり
あえず、OlympusTrip35のモルトプレンの代替品として使った、床の傷防止のフェル
ト生地を使います。裏にはテープが張られています。

フェルト1 フェルト2

これを電池蓋の代わりに3枚重ねで張ります。

FTNファインダー
とりあえずですが、これを本体に組み込むと、フェルトの厚さで電池を押さえ
込むことになります。



さて、何度か調整した上露出計は動きました。ただし蓋は何とかしなくては
いけません。

今回使用している電池は1.5V2個ですので3.0Vとなりますが、本来水銀電池
は1.3Vで2個ですので2.6V。その差、0.4Vです。これは必然的に露出判定の
誤差が発生してしまいます。

一部の方は電流のロスがあるからそんなこと気にしなくても良いと言われる方
も見えますが、やはり気になります。そこで、よく紹介されているように、フイル
ム感度ASA(ISO)を落とします。ISO400のフィルムであればASA200に。ISO
100のフィルムならばASA50と言うようにです。

現在27枚撮りのフイルムで、デジカメの露出を参考に、20枚撮っていますので
、残りをこの内臓露出を使ったスタイルで撮ってみます。さてどのように撮れる
かです。

電池蓋については中古カメラ修理店にも問い合わせは続けていますが、早く
何とかしたいものです。



関連記事

Category: アナログ一眼レフ

Theme: カメラ

Genre: 趣味・実用

Tags : カスタマイズ 一眼レフ カメラ 修理 水銀電池

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

電池の蓋がなくなっちゃってましたか
これで使えないとなると、電池の蓋一個の価値は本体と同等に思えて(汗
中古品が見つかるといいですね!(^^

Posted at 08:41:54 2009/02/17 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

電池蓋は自作することも考えているのですよ。
大変だけれど。

Posted at 21:26:47 2009/02/18 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks