2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

赤羽の酒場

 【02//2009】

札幌出張が多く、札幌の大衆酒場の開拓に力を入れていましたが、これではまず
いだろうと、新たに都内で開拓開始をしています。

今回は、3月15日(日)。場所は呑べいの聖地有る赤羽です。赤羽の東口は朝7時
から始まる店が昔からあります。うなぎ・鯉の”まるます家”。立ち飲みの”いこい”。
本当は昼近くでしたので、13時に終わってしまう”いこい”を目指しましたが一杯!!

他に気になっていた店に移動します。

喜多屋
喜多屋です。JR赤羽駅東口を出て立ち呑み屋の”いこい”の前を通過して東京方面
に戻り二筋くらい行き、右を見ると現れます。

この店は基本は立ちのみですが、2回には22席座席もあります。また、売りとしては炭
火焼の焼き鳥を目の前でやりながら、基本は110円商品中心です。腰が痛いからと言
うお父さんも結局太刀のみスタイルに帰ってきます。店内も白くて明るいので、大衆食堂
みたいな色合いです。

味も良いと思います。煮物も豊富で手作りですから、あるときとないときがあります。こ
れは重要ポイントです。酒呑みの聖地はまだまだ廃れることはありません。お酒があま
り飲めない方も、一度雰囲気を味わってください。

大正末期、昭和初頭の店とは趣は違いますが、お店の方々は気さくで良い雰囲気です。


関連記事

Category: お酒

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 立ち飲み 安価 赤羽

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

お!都内居酒屋情報ですね^^
赤羽方面へはなかなか行く機会がないけど、今度無理矢理・・・(笑
昔に比べ、こういった店が少なくなってません?
それとも父のリサーチ不足?(汗

Posted at 17:13:19 2009/04/02 by TNの父

Comments

>TNの父さん、

都内には、大正末期、あるいは昭和初頭から
続く正統大衆酒場が結構あります。若い方
倦厭されがちですが、酎ハイ発祥の店など、発
祥の店が多くあります。チェーン店の居酒屋に
毒されず、読み物を見抜く目を若い方も持って
欲しいものです。

Posted at 22:48:24 2009/04/02 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks