2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

Libretto L3 復活

 【23//2009】

なぜか、ばたばたしていて、更新ができていないこの数ヶ月です。出張が隔週にある
のは痛いです。

さて、Libretto L3を復活させました。問題なのは、Linuxをいれて、デュアル・ブートに
するかどうかです。今使っているLibrettoはWine2000が規準です。私が思うとおりに、
きどうして、軽く動くとなると結構調整が大変です。

Officeは2003を入れて、ブラウザーはSeaMonkyを入れます。SeaMonkyhaMozira系の
ブラウザで、かなり軽量に造られています。PuppyLinuxなどでは標準のブラウザとなり
ます。このSeaMonkyはメーラーも同梱していますから、メーラーを別途入れる必要は
ありません。

次は、メンテナンス・ツールです。CClenaer、EasyClea、EusingFree,RegistryCleaner、
FreeWindowRegistryRepairをかけた後、NTREGOPTをかけて、レジストリを最適化しま
す。この跡に、AustlogicsDiskDefragを使い、デフラグをかけます。標準のデフラグは中
途半端になってしまいます。

この後に、Winアクセラレーターを使い、余分な起動を押さえた上で、窓の手を使い、カー
ネルをメモリに移します。さて、この後は、禁断の手を入れます。WinXPのファイルを移植
します。これはかなり危険ですので、あまりお勧めはしません。

WinXPのNTLDRとNTDETECT.COMをコピーしてシステムドライブにコピーします。最近
緊急修復ディスク(ERD)で造っていますので、そこからコピーをします。気持ち危険を
感じていますが、勢いで入れます。

再起動をかけると、Win2000特有のウラックアウトしたタ中で、”Windowsをきどうしていま
す。”がなくなり、起動画面に変わります。まだ、時間が短縮されません。さて、どこかを
いじると、かなり高速化したはずですが思い出せません。少しずついじりますか。

安定させることはできました。後は高速化です。ガンバロウ!!
関連記事

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks