2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

水槽の水温について

 【16//2007】

水槽内の水温設定は以外と重要です。

濾過環境や魚の健康状態に影響を与えます。水温が魚が必要とする水温
を下回る場合、風邪を引いた様な状態になり動きが悪くなります。

動きが変だなと思いのであれば水温を1℃上げる事により回復すること
があります。水温を上げることにより免疫力があがるのです。

26~27℃であれば28℃を上限とした方が良いでしょう。ショップでも同
様の水温にしている水槽を良く見ることがあります。

今のラスボラ水槽は26℃に設定していますが当初は27℃にしていました
。魚の発色をよくすることもあり1℃下げています。

通常、私はカラシン系のカージナルテトラ等では動きが良くなることか
ら27℃にしていました。
水温はバクテリアの動きにも影響を与えます。30℃を超えますと活動が
悪くなってきます。

その為、夏場はファンの風を水面に当てて気化熱により水温調整をする
などする必要があります。

水槽用のクーラーは高価ですし、ペルチェ素子を使い冷却させることも
検討しましたが、コストと効率を考えますと気化熱により水温低下をさ
せることが一番良いと思います。

私は夏に近づくと水温を1℃上げます。水温上昇に魚と水草を慣らす為
です。

ファンで冷却しても2~4℃の低下にとどまります。水槽の飼育水はかな
り減りますので水をこまめに足す必要があります。

この時でも、冷却しすぎとにった時の事をかんかえて。サーモは付けっ
放しにしています。逆センサーを使い、一定水温になるとファンを止ま
る様にすることも可能ですが、機器類が増えることから私は使っていま
せん。

なかなか手が回らない場合は、ポリタンクかペットボトルとエアレーシ
ョン時にポンプと接続しているパイプ2本を使い、パスカルのサイフォ
ンの原理を応用すれば給水できます。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

夏場の温度対策は大変ですよね
機器が故障しない限り、冬の方が管理は楽ですよね
ウチでも今のうちから、夏の対策を考えなければと思ってます

Posted at 23:53:28 2007/02/16 by TNの父

Comments

まだ夏は迎えたことがないので非常に心配です
初心者は冬からとやると良いと聞き、やってはいますが未だにペースがつかめていません
冷却ファンを買わなくてはいけないのは温度差が2~4℃高いときですよね
それ以上になったら水を冷やすクーラーを買わなくてはいけないでしょうか?
でも高いですよね

Posted at 00:36:01 2007/02/17 by まりも

Comments

夏の対策

おはようございます。

⇒TNの父さん、
 確かに冬のほうが管理が楽ですよね。でも、慣れるとそんなに考えなくても大丈夫ですよ。v-410


⇒まりもさん、
 まず、照明のリフトアップをしてください。飛び跳ねやすい魚がいるときはネットを忘れないようにしてください。

ファンは別に1000円ショップなどで売っている扇風機でもかまいません。気化熱を利用して水温を抑えますが多少あがっても魚は死にませんよ。高価なクーラーを購入する必要はありません。

研磨王倶楽部に熱対策を記載していますので参考にしてください。



Posted at 07:30:08 2007/02/17 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks