2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

魚の発色と背景色

 【20//2007】

熱帯魚飼育をしていると魚の発色と言うものも気になってきます。体調
不良ですと発色が悪くなりますから、ある意味健康状態を知るバロメー
ターみたいなものです。

以前、記載しましたように、水温を弱冠下げることにより良くなります
が、その他、餌や背景色によっても変わってきます。

今回は背景色をとりあげます。魚は身を守る為、環境に合わせて体のを
色を変化させます。60cm水槽の時に底砂は赤茶のセラミック砂で背景に
スクリーンを貼らないでいたことがあります。

通常、私は魚や水草が栄えることから黒色のスクリーンを貼るのですが
、貼らない場合も良いかも、とめくってしまったのです。

時間の経過によって、カージナルテトラの発色が悪くなってきました。

白っぽくなってくるのです。環境が悪くなってきたのかと、色々チェッ
クしましたが問題ありませんでした。

しばらくして家具の関係から水槽の設置場所を変更したらスクリーンを
貼らないとケーブル等が見えてしまう事からスクリーンを貼り直しまし
た。そうすると発色が戻り出してきました。

また、この時、上部濾過と底面濾過のハイブリット濾過をしていた為、
メンテナンスを考えて大磯に変更すると、黒色系の砂に色の付いた魚の
事から浮き上がって見えるのですが、確かに以前の砂より発色が良くな
っていました。こちらは、落ち着くから安心して発色が良くなっている
のかも知れませんが…。

黒っぽい砂ですと魚も落ち着く様で、動きも安定しました。スクリーン
を青色にしたり、ベアタンクでカラフルな魚を飼育したことかない為、
その場合の効果は不明です。

しかし、黒っぽい背景色の方が魚は落ち着き、体色が良くなる事から、
これ以降、黒色のスクリーンと底砂は大磯以外、使用していません。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

最初はバックスクリーンなしではじめましたが貼ることによって私も魚の発色が良くなりました
水槽内の明るくなった気がしたのでで貼った方が見栄えはいいかもしれませんね
魚は色を認識しているのかなとやはり

Posted at 07:46:54 2007/03/03 by まりも

Comments

おもしろいですよね

そうですね。動物は周りの環境に合わせ、保護色
として変化するようですね。

Posted at 12:20:42 2007/03/03 by 研磨王

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks