2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

古墳とゼリーフライ

 【18//2011】

昨日は、行田市のゼリーフライなるB級グルメを食すことと埼玉古墳を見るために
自転車で走りました。片道想定距離45km。私が過去走った距離で一番の走行距
離となります。

地図帳は持っていますが、車でも行ったことがないところですので走り方に悩んで
いました。今回は、いくらか前に走った大宮までの裏道と旧中山道を走行をするこ
ととしました。

朝、7:06に家を出ました。浦和の競馬場横を走ってから藤右衛門川通を経由して
天王川遊歩道、天王川コミュニティー緑道、天王川遊歩道と車も走れない道を使い
、与野駅脇の旧中山道に出ます。そこからは鴻巣市で弱冠17号を走るまでは、継
続して旧中山道の走行です。

上尾に入るときにゲリラ豪雨に見舞われてコンビニの駐車場にある木立に避難しま
したが、他は特にトラブルがありませんでしたが、パトカーの祖父校が多いことが
気になりました。

ホワイト餃子鴻巣店を右手に見てしばらくすると神明町交差点から17号に合流しま
す。しばらく走ってから赤見台公園を右に見て「さきたま緑道」を走ります。

さきたま緑道1 さきたま緑道2 埼玉緑道3



歩道と自転車道がらせん状に交差しながら「さきたま古墳公園」に向かっていきます。
きちんと自転車で走り出してから、緑道をよく使いますが、緑が多く気持ちよいエリア
です。 さて、「さきたま緑道」を走って4キkm程で「さきたま子運公園」に到着です。はじめ
てきました。

さきたま古墳公園入口 さきたま古墳公園1

この写真には写っていませんが左手にビニールハウスがあります。まー、住んでい
る方には関係ないのでしょうが昔の墓地の横ですけど・・・。

埼玉古墳公園2 さきたま古墳公園3 さきたま古墳公園5 さきたま古墳公園6
瓦塚古墳

一般道を渡って
さきたま古墳公園7 さきたま古墳公園8 さきたま古墳公園9 さきたま古墳公園10
二子山古墳

かつて「武蔵国」といわれたこので最大級の古墳です。前方後円墳。周りに堀があるとこ
ろはお驚きです。周りには畑だけで、風が強い日でしたので、より悠久の時を感じる時間
でした。

この辺、いったい体古墳群で、ゆっくり見ていたら1日地が終わってしまいますので、また
来ようと思いゼリーフライを食べの走り出します。

ゼリーフライは、Wikipediaには

「主におからと茹でたジャガイモを混ぜ合せ、つなぎに鶏卵を加えてコロッケのようにまとめ
て素揚げして作る[1]。いわゆる「おからコロッケ」の一種で、軽食としてソースをつけて食
べられることが多い。ご当地グルメとして、行田市内各所においてスタンドやカウンター形式
で販売されている。価格は平均して1個100円程である[2]。また、近隣の道の駅はにゅう
では50円で売られている。なお、行田以外の地域には普及しなかった。

ちなみに、市内で単に「フライ」というと、全く別の食べ物「行田フライ」を指すことが多い。」

「ゼリーフライの由来は、行田市持田にあった「一福茶屋」(現在は閉店)の主人が、日露戦
争で中国東北地方に従軍した際、現地で食べられていた野菜まんじゅうを基にアレンジした
ものと言われ[1]、店売りされた詳細な年代は不明なものの、明治後期には既に確認され
ている。

名称の「ゼリー」はゼラチンで固めた菓子の「ゼリー」ではなく、形状や大きさが小判に近いこ
とから「銭富来(ぜにふらい)」と呼ばれていたものが訛り、「ゼリーフライ」に変化したと伝え
られている[1]。」

行田のあちこちにゼリーフライはありますが水城公園脇の駒形屋さんで購入しました。
駒形屋 ゼリーフライ
想像していたのは五平餅サイズでしたが、1個6cm位の物でしたので4個購入しました。
1個60円。

脇の水城公園で頂きます。素揚げしたものに少し甘い醤油たれがかかります。おからベース
といってもジャガイモが多く、駒形屋さんのゼリーフライは、野菜はすりつぶしたような状態で
あまり野菜を確かめることはできませんでした。

水城公園1 水城公園2 水城公園3 水城公園4

遠くに駒形屋さんがみえます。きれいな公園です。釣りをしてはいけないようですが、無視したか
なりの人数のおじさんが糸を垂らしていました。「こぜにちゃん」「フラべぇ」などのキャラクターま
で作られたようですが、県外の広がることがなかった幻のB級グルメです。店によって色々スタイ
ルもあるようですので、食べ歩くのも面白いかしれません。

走行距離データ
 走行距離;95.59km
 平均速度:14.5km
 最高速度:36.1km
 走行時間:6時間33分57秒

域は会長でしたが帰りは左足のハムストリングスがつり出して最後は帆頓悟右足でペダルを回し
ていました。まだ、1日95km走行がやっとのようです。筋力をつけていくしかありません。脚は激痛
が走り、今日もまだ治りませんが、面白い1日でした。






関連記事

Category: 自転車

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks