2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

エアポンプの寿命

 【04//2011】

朝、水槽を除くとエアレーションしていません。水槽裏のエアポンプを触ると振動はしていますので
電機は通っています。ということはポンプ内が目詰まりを起こしている可能性があります。

とりあえず、エアポンプを小型水槽用で使っていたものを引っ張り出して交換します。昨晩、CO2が
添加されている時に、CO2の泡が水中に解けずに水面に広がっていきました。水質が劣化している
証拠です。おかしいと思っていましたが、このエアポンプの故障からです。水質を見た限りでは2日
ほどまともにエアレーションできてなさそうです。

とりあえず、昨日雨でしたので今日は自転車で彩湖周りを走ろうと思っていましたので、エアレーシ
ョンを強めにして走りに行きました。帰宅後、換水をして落ち着いてから、動きがおかしいエアポンプ
をばらします。

水心2
水作(すいさく)というメーカーの水心(すいしん)SSPP-2という機種です。音も静かで気に入っている
商品です。

水心1 水心3 水心4
さて分解です。裏面の四隅にある鍋ねじをプラスドライバで緩めます。ばらしはしたものの、ユニットになっ
ているためユニット交換するしかありません。3枚目の一番右側にあるの野の交換が必要です。

洗面所で電源を入れて再度確認しましたが、微弱にエアーは出ていますが、ダイヤルを思いっきりあげて
も必要量は出ていません。左下にある白くて丸いものはエアフィルターですが、これはさほど汚れてもい
ません。ネットで調べるとユニットとエアフィルタのセットで1680円。本体が2250円ですからほとんどユニ
ット代ということとなります。考えてみれば10年以上使っていますからもとは取れています。

来週、ショップに問い合わせてみましょう。因みに現在稼働させているエアポンプは水心のSSPPP-7S
という45sm水槽向けの物です。SSPP-2は60~120cm水槽むけですから、現在の水槽が横幅は60cmです
が奥行45cmというデザイン水槽で、通常の60cm水槽の水量の半分以下です。これで問題があるわけでは
ありませんが、パーツは手に入れておいた方が良いかもしれません。
関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks