2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

品川駅港南口に向かってポタリング

 【08//2012】

今日は快晴。これなら終始雨を心配する必要なし。

朝食はいつも通り、コーヒー、トースト、バナナ。トーストにはメイプルジャムをつけて済ましました。

職場がある品川に向かってポタリングをします。服装は、上は半袖で背中に3つのポケットがあるサイクルジャージ。したはGパンにasicsのトレッキング・シューズ。少し肌寒く感じましたが、自転車だとこの程度でちょうどです。

輪行袋を持って行こうか悩みましたが、荷物が増えるし川越より近いので、持ちませんでした。水分はクエン酸水に氷を入れた保温水筒500mlと水、760ml。行田のさきたま古墳を目指した時に、水の重要さを実感して持参しました。

8:45 自宅を出発。戸田橋を渡って、板橋に入りそのまま国道17号を走ります。そのまま巣鴨駅に。



とりあえず、案内図の前に自転車を置いて少し自転車を入れて1枚。

千石駅前交差点から白山通りに向かう為、左へ。

そのまま水道橋へ。ビッグエッグが見えてきました。しかし、路駐が多い。


水道橋を通過。本当はビッグエッグ側から撮りたかったのですが、急いで交差点を通過しなくてはならなかったので、通過後の画像です。


そのまま、神保町、一橋を越えて、皇居の平川門を左折。


ランナーが皇居沿いを多く走っています。


皇居前は何かイベントか。体育の日だからかな。



東京駅南口を遠く左に見て、公園はのどか。緑が気持ちが良い~っ。



祝田橋を右に折れて、桜田門から霞が関、虎ノ門へ。



神谷町を越えて一気に赤羽橋へ。しかし、工事が多いです。



ここまで来ると仕事で歩き慣れており、変な気分。

いきなり後方で嫌な鈍い音が成りました。ガソリンスタンドの出口で車が後方確認をせずにバックをしてロードバイクに激突。値段を聞いて驚くだろうな。ピナレロのカーボンみたいだったから、30万円近いだろうな。御愁傷様。

一気に走って品川のSONYビルが見えてきた。



品川駅港南口に11:15到着。自宅から2時間30分。ここまで、26.78km。川越より弱冠距離がないが、サイクリングロードが一切ないから辛かった(-。-;


たまに、昼に食べに行く蕎麦屋は流石に祝日だから休みだった。


とりあえず、カロリーメイト2本とクエン酸水を飲んでハンガーノックを防止。余り休むとしんどくなるので帰路に。

赤羽橋手前で小諸そばに入り、かき揚げ蕎麦を食べました。


自転車走行時、汁物を食べるのが好きです。

さて、家に向かって走り出しましたが、より路駐が多くなり工事も継続しておりで走りにくくなっています。また、イベントで皇居沿い、水道橋駅、ビッグエッグ前は人だかり。

巣鴨の刺抜き地蔵で、イベントが行われている様で気になりましたが、今回は諦めて、ファイト餃子を食べに行く時にまたゆっくり見ようと、ペダルを強く踏み込みました。

寄り道は辞めて、素直に帰宅。


品川駅港南口ポタリング走行データ。走行時間:3時間12分52秒、走行距離:53.08km、平均速度:16.4km、最高速度:35.0km、消費カロリー:649.0kcal

思った以上に起伏や工事が有りスピードは出なかったが、20インチの小径自転車でアベレージ速度が16.4km出ていれば問題ないでしょう。再起を脚力もついてきていますが、27インチなどのロードバイクにしたら、行動範囲もかなり広がるでしょう。

自転車を数台持つ方が多いのがわかります。

さて、今回の品川駅港南口までの自転車走行でわかった事は、マナーが悪い自転車乗りが多い事。路駐車も都内は多すぎです。

私は元々、車と合わせてオートバイを学生時代から長く乗っていましたので、分かっていますが、タクシーも危険です。客を見つけると、オートバイクや自転車が走っているのを確認していて、被せる様に停めます。

自転車も軽車両ですから、車道の路側を走る事が基本です。歩道に自転車用の走行エリアがあっても、やはり歩行者優先ですから危険です。

歩道はインターロッキングなどを敷き詰めたり、段差が多く走りにくいのも事実です。

小径自転車だと瞬発力が出ない軽自動車と同じですので、ソロソロ、ギヤを14T~28Tを11T~28Tに変えた方が良さそうです。高速側を重くしても、今の脚力でしたら耐えれそうですし、楽に速度も出ます。

今回は爽快な気分を味わいながら、色々考えさせられるポタリングでした。
関連記事

Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks