2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ヘッド周りの締め込み

 【01//2013】

自転車で走っていると、ヘッド周りから時々。カツン、カツンと音がしていたので、トップキャップボルトを締め込んで見ましたが、本日走ると音が大きくなっていました。

しょうがなく、きちんとヘッドパーツを締める事にしました。

まず、ステムボルトを緩めます。



次に、トップキャップボルトを緩めますが、



念の為、スペーサーが足りているのか確認。スペーサーとインナーパイプとの間に3mm以上有れば良い様です。

その後、ハンドルとフロントフォークもしくはホォイールを掴んで、ヘッドパーツにしっかりフロントフォークを押し込みます。

次に、トップキャップボルトを緩めますが、締めすぎるとハンドルの動きが悪くなりますから、確認しながら締め込みます。

その後は、ステムボルトを締めてハンドルとタイヤのズレを確認しながらしっかり締め込みます。

これで完了。明日、再度、走りながら確認です。

さて、ライトをフロントバックの関係から、フロントフォーク左に付けました。



が、折り畳むとライトが、チェーンリングに当たる事が分かり、また、ハンドルに戻しました。



但し、当初、取り付けていたのは右手側でしたが、今回は左手側のサイクルコンピューターの横に取り付けました。ギリギリ、フロントバックのベルト内に収まりました。

しばらく、この状態で走ってみます。
関連記事

Category: 自転車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks