2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

WindowsXPの代替OSは何か? Vol.1

 【14//2014】

WindowsXPのサポートがないなか、と言いながらも悪意があるアプリの削除パッチなども継続して送られて来ますが、個人使用と言いながらも不安なのは事実です。

ルーターとアンチウィルスソフト、ファイヤーウォールは強固にしていますが、常時、個人監視は難しいと思っています。

私はシステムデータはCドライブ、データはDドライブ、アプリケーションはEドライブと切り分けていますので、最近不安定なことからCドライブをリカバリし、エラーチェックと不要なレジストリをあぶり出したら、何事も無かった様に動いているPCをみてかわいそうになっている今日この頃です。

ハードスペックとしてはcぷがPentiam4ですからかなり昔の世代ですが、無事の様ですね。メモリは2G迄搭載できますが、1.5G迄搭載しております。

私の場合、写真データや動画を扱うのが主ですので、CPUとメモリはハイスペックである方が扱いやすくなります。

PCは買い替えは検討しておりますが、貧乏性なのか使える物は使いたいという考えが有り、代替OSの本命を探しています。

最近、ChromeBookの日本語版もでて話題をよんでいますが、ベースとなるChromiumOSという物が出ていますが、できはイマイチの様です。であれば、軽量なPapyLinuxを使うのが良さそうです。

PappyLinuxは以前よりよく使用していることから、馴染みも有りますし癖も分かっています。

PappyLinuxの中で、Ver.5.7.1に注目しました。Librettoなどは、Ver4系が向いていますが、VAIOに関しては最新スペックはなくても、このバージョンでは走りそうです。

まず、通常通りCDにイメージを焼いてCDブートさせます。問題なさそうです。
重要になるのはメディアの録・再生です。ISOデータもストレスなく再生します。

PappyLinuxの利点はRAMディスクにデーターを読み込みますので高速起動する点は良いです。様々に手を入れられているものの、サイトの動画が認識しないことも有ります。

まずは、CDブートで検証してから問題なければ、デュアルブートをし確認の上
フルインストできるのか検証をします。

さて、他のLinuxで見ると、UBUNTU14.04LBは安定バージョンのようですので最新の14.10でなければうごきそうです。UUNTUもどんどんハードの要求スペックをあげてきています。

本来、Linuxはロースペックのハードでも動く点が魅力だったのですが・・・

この他、UBUNTU派生のLinuxBeanと言うものも軽いと言う噂です。幸い其々LiveCDでテスト起動もできますので検証の上、代替OSを確定します。


関連記事

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks