2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

WindowsXPの代替OSは? Vol.3

 【23//2014】

WindowsXPが入ったVGC-RA50はOSよりもハードにガタがきているのですがとりあえず
デュアルブートでPuppyLinux Precis5.7.1をいれることにしました。

ただ、使ううちに分かったのですが、PuppyLinuxはsfsフィルにアプリ含めて保存して、RAMにデータを置くことから起動が速くなります。ただし、別データを入れすぎると起動が遅くなることは当たり前のことです。

結局、WindowsXPの代替とするなら、UBUNTUクラスのOSを入れなくては厳しそうです。選択肢としてPuppyLinuxをフルインストールにするかLinuxBeanという手が有ります。

PuppyLinuxは5.7.1のことからUBUNTUを受け継ぐところが多いです。このことから、フルインストールをすることにより、扱いが良くなる可能性が有ります。

LiuxBeanはもともとUUNTU派生ですので、難しい設定は少ないはずです。

現時点では、PuppyLinux5.7.1をGrab4dosを使用してディュアル・ブートしています。これを、LinuxBeaを含めたマルチブートで検証の上、対象Linuxの確定をします。


関連記事

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks